冬休みの宿題をもらっていない?

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

 ◆立教生はこちらから  ◆中高一貫校生はこちらから

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

優しい先生だった場合、もうテスト前の段階で、あるいはテストを終えてすぐに、
『冬休みの宿題』を出していると思います。


もしもらっているとしたら、テスト休み中の時間を活かして、
早め早めにやっておくことをオススメします。


特に、今年度は、夏休みの時もそうだったと思いますが、
その量が、数が増えてきていると思います。


冬休みで、短い期間だからと思っているかもしれませんが、
今年度は、夏休みと同等の量、数が出されると思っておかないと、
本当に『間に合わなく』なると思います。


元々、宿題などが大量に出されることが多かった私立校・中高一貫校ですが、
今年度は例年以上に多く、さらにその審査が厳しくなっていると思います。


提出物を出さない方は、もうすでにその制裁を受けていると思いますが、
今後は、本当に、その提出物だけで、成績を落し、進級・進学“させない”という
強固な態度、姿勢を、学校・先生側が取る可能性があります。


忙しくて出せません、言ってもやりませんなどという言い訳を、
今後は決して許さないということになると思います。


その代わり、『普段』は、『普段の生活』に関しては、
一切口出しせず、生徒自身の『自由・自主性』と
扱ってくることになることでしょう。


制裁が厳しくなる分、『普段』は野放し、放任ということになった場合、
『結果』で気づくことができない、改めることができないことが
続けば続くほど、進級・進学は遠のいてくることでしょう。


今年度以降は、『退学』処分も増えていくかもしれません。


そうなってから、『気付き』たいですか。


そういった言動、態度、姿勢を持ち続けていくかぎり、
どの道を取っても、どの学校に行っても、『同じ』ことが
続いていくことでしょう。


今後、私立校・中高一貫校の中退者がどういった道に進まれるかはわかりませんが、
昔のように、返り咲くという方は少ないと思います。


そんなことになる、第一歩が提出物を出さない、さらに早め早めにやらないという
言動、態度、姿勢だと思います。


毎年書いていることではありますが、『今年』出された課題は、
『今年中』に終わらせておくよう、早くに動いていくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
# by eikan-seirios | 2017-12-15 12:25 | その他 | Trackback | Comments(0)

12月も2週間が過ぎる

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

 ◆立教生はこちらから  ◆中高一貫校生はこちらから

【電子書籍出版】 

私立校・中高一貫校生のための冬休みの勉強を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための三学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための受験勉強の仕方を電子書籍で提案!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

12月も2週間が過ぎます。


今月はテスト前から始まったために、
あっという間に過ごしているとは思いますが、
しっかり勉強してきた方は濃密に過ごした2週間だったと思います。


私立校・中高一貫校生は、この2週間で進路を分けたと思いますが、
いかがだったでしょうか。


今年度は本当に厳しくなってきたと思いますが、それを感じ取れずに、
“今まで通り”の生活を続けてきた方から、学校を去っていくことになることでしょう。


連日きつい指摘をさせて頂いておりますが、それが『自己責任』の
成れの果てとなります。


受験なく進級・進学できるはずの私立校・中高一貫校で、
進級・進学“できなかった”ということは、人生否定、人格否定にも
近い扱いを受けたように思われることでしょう。


ですが、それが修学の『義務』を怠り、好き勝手にやった『責任』となります。


そして、これが、進級・進学“ごとき”のことだけで済むのであれば、
まだ良かったという話になります。


授業の進度が速くなった今年度以降は、修学が遅れることは、
基礎学力の『格差』を生むことになると思います。


昔であれば、腐っても私立校・中高一貫校で学んだ、習ったのだから、
修学が遅れているといえど、土台となる学力がしっかりと身についているものでした。


しかし、昨今、私立校・中高一貫校で修学が遅れるということは、
ほとんどの教科において、基礎学力が圧倒的に足りないというよりも、
もう無いと言っても過言ではないと思います。


こうなると他校受験するにしても、転校するにしても、悲劇が続いていくことになるでしょう。


そこまでの学力低下を招いているにも関わらず、今まで通りの生活を
頑なに続ける方が多いですが、今年度以降は早め早めに駆逐されていくことに
なると思います。


このことを気づかない方が、今後は増えていくことになると思います。


部活動や習い事などに加えて、遊びや趣味と今の子供たちは、
『忙しすぎる』のに、計画や予定を立てたり、辞める・続けるの判断・決断することが、
できないままに、ただ好き勝手にわがままになっているように思えます。


厳しい言い方になりますが、私立校・中高一貫校で出された『成績』は、
学校・先生側が、今の皆さんを厳しく“審査”した結果だと思わないと、
今後の私立校・中高一貫校で、学生として続けていくことは
難しくなると思います。


危機感をもった判断・決断をしていかないと、私立校・中高一貫校の悲劇、
さらにその先への悲劇の連鎖を止めることができなくなることでしょう。


そうならないためにも、私立校・中高一貫校での『結果』を真摯に受け止めて、
対応していくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
# by eikan-seirios | 2017-12-14 14:25 | その他 | Trackback | Comments(0)

今年度の“自己責任”

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

 ◆立教生はこちらから  ◆中高一貫校生はこちらから

【電子書籍出版】 

私立校・中高一貫校生のための冬休みの勉強を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための三学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための受験勉強の仕方を電子書籍で提案!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

そろそろ、今年度の“自己責任”としての『結果』が出てきたと思います。


自分の無限の可能性、未来・将来を考えのことだったかもしれませんが、
私立校・中高一貫校において、進級・進学『できない』と結果が出た場合、
一度、その考えを改めて、今後をどうするか決めないと、
また同じことを繰り返すことになっていくと思います。


多くの進級・進学できなかった方を見てきたからこそ、きつい言い方になってしまい、
嫌味に聞こえるかもしれませんが私立校・中高一貫校において、
進級・進学できなかった方にはある傾向があります。


それは、誰にどんなに言われようとも、『そうはいっても』、
私立校・中高一貫校なのだから『進級・進学させてもらえるでしょう』という、
言動、態度、姿勢がにじみ出てしまい、やる気になるまで、
“いつまでも”『待ってもらえる』と勘違いされていることです。


数年前まではゆとり教育の後影響もあり、まだ、大げさな宣伝・煽り文句で、
『そうはいっても』何とかなる・なったと、鼻で笑われていたような話でしたが、
今年度以降は、その結果、真っ青な顔をして、お先真っ暗という結末に
なる可能性が高くなります。


そういう意味では、受験戦争時代の教育界、学生時代よりも、
恐ろしい時代になったと思われます。


生徒の皆さんは習うことが増えて、部活動や趣味などやること・やりたいことも増えて、
その上で、『結果』に対する審査は厳しくなる。


それでいて、パワハラ・体罰などの問題から、指導・教育は、
権限や権力を持つ学校・先生などが口出しを一切しない・できないので、
全てが『自己責任』ということになりました。


ただ、この『自己責任』のメリットとして、
ある意味『自由』が与えられたことになり、
『自分の好き勝手』にできるようになりました。


その結果、どうなるかは、まだまだこれから先を見なければ、わかりませんが、
『ゆとり教育』『脱ゆとり教育』時代は、それでもうまくいっていたために、
そこまで『歪み』が明らかになっていなかったように思えます。


しかし、今年度もすでにそうだと思いますが、今年度以降徐々に、
その『歪み』が極端な格差を生みながらも、大きくなっていくと思います。


そうして、その『歪み』が明らかになった時には、それこそ数年前に流行った、
『勝ち組、負け組』というような、『差別』に近い『区別』をされるようになると
思います。


私立校・中高一貫校では、すでにそうなってきているように思えますが、
まだまだ、『“そう”はいっても』なのでしょう。


結果に対して敏感になりすぎるのはどうかと思われるかもしれませんが、
『結果』が全てで『自己責任』を取らされる私立校・中高一貫校では
“鈍感”すぎると、あっという間に転落することになります。


小学校時代と異なり、中学校以降は、一回一回のテスト、成績の審査で、
その間の子供達の成長の成果を“通知”しているものではありません。


『記録』して、進級・進学の『審査対象』として、見ているものとなります。


中学校までの学校教育において、“義務”教育という意識が強く、
その間、どんなことがあっても、“無条件”で進級していくという観念が
根強いものですが、私立校・中高一貫校では、中学“卒業”まではさせてもらえても、
『高校進学』までも“無条件”でさせてもらえることはありません。


生徒の自主性・自由を認める私立校・中高一貫校ではありますが、
イコール、『(学校の)勉強をしない』という自主性・自由、あるいは、
『結果を出さない(テストで点数を取らない、成績を取らない)』ということを、
“認めている”どころか“許す”学校は一校として無いでしょう。


それが、公立校と一線を画す私立校・中高一貫校としての、
存在意義とも言えると思います。


先日も書きましたが、本当に、自由にやりたい、
無限の可能性、未来・将来を挑戦したいと、言うのであれば、
昨今の私立校・中高一貫校ではなく、公立校や海外の学校などを
選ばれるほうがいいと思います。


私立校・中高一貫校からの要求は、かなり厳しいもので、
その要求を、基準を満たさなければ、その無限の可能性、未来・将来を
奪う形で、放り出されることになります。


失礼ながら、今回、進学できないことが決まった方は、
そのことを痛感したことでしょう。


まだ実感がわかないかもしれませんが、おそらく今後において、
その可能性、未来・将来が『無くなった』ということを、
どんどん知ることになる、知らしめされることになるでしょう。


それが中学・高校時代と、自分の好き勝手に『自由』を謳歌したツケ、
自己責任ということを、後々にわかった時に、
救われる・救ってもらえる時代・社会であることを祈ります。


今の時代・社会を生きている方が、今後どのように考え、
生きていくかはわかりませんが、そうやって、学生時代、
好き勝手にやって自由に生きてきた方を、
どう扱うのか、どう接するのか、どう見るのか。


本当にどうなるかはわかりませんが、個人的には、
今以上に厳しくなるのではと思います。


そうなった時、この私立校・中高一貫校で『進級・進学できなかった』ということが
『人生』の汚点やマイナスとならないようにしておくことをオススメします。


在校生は、まず、そんなことにならないように頑張っておくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
# by eikan-seirios | 2017-12-13 12:37 | その他 | Trackback | Comments(0)

進路の分岐、人生の分岐

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

 ◆立教生はこちらから  ◆中高一貫校生はこちらから

【電子書籍出版】 

私立校・中高一貫校生のための冬休みの勉強を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための三学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための受験勉強の仕方を電子書籍で提案!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

この時期は、連日重たい話ばかりになってしまい、
進学できなかった方には失礼かもしれませんが、
後輩の方々への反面教師となって頂きたいと思います。


学校の先生がこのような話をすれば、昨今であれば、
パワハラ、精神的虐待のようになってしまいますが、
進級・進学に対して、何の権限も、権力もない外部者が、
あーだこーだと妄想話をしているとなれば、批判も少ないことでしょう。


実際に『こんなこと』になるのはごくごく一部の方ですから、
『そんなバカなことにはならない』と思われて、一向に構いません。


ただ『なってしまった』時のために、少し頭の片隅にでも入れておかれることを
オススメします。


私立校・中高一貫校で、進学できなかった場合、
もう通っていた私立校・中高一貫校に『受験』で入り直すということも
ほぼ不可能になります。


つまり、内部進学できなかった=通っていた系列の高校・大学への道も
断たれるということになります。


通っている学校の偏差値やレベルにもよると思われるかもしれませんが、
受験テストの点数や内容よりも、内部進学できなかった理由が、
高校・大学へと報告される、あるいは、調査されると思って下さい。


これでまず、通っていた学校の高校・大学へと受験で入り直すという選択肢が
取れなくなります。


次に、他の私立校・中高一貫校への編入・転校となりますが、
これもまたかなり数が少なく、さらに今年度以降は、
受け入れ先の学校も、編入・転校を断る可能性が高いと思います。


2020年度の教育改革等で忙しい中、言い方が悪いですが、
他校の(学力、成績面においての)『問題児』を受け入れる余裕はないと思います。


そうなると、公立校への編入・転校、あるいは受験となりますが、
私立校・中高一貫校の温室で、基礎学力を落してきた方は、
偏差値・レベルを大きく下げた学校でも、受かるかどうか、わかりません。


残り一ヵ月半を、寝る間も惜しんで勉強するというのであれば、
話は別ですが、多くの方は、これすら拒否されますので、
国内での受験は厳しいものとなるでしょう。


そうして最後、海外への留学を視野に入れることになると思いますが、
この選択もまた、今年度以降難しいものになると思われます。


数年後、帰国してからの大学受験となりますと、2020年度以降、
帰国子女枠の大学入試“も”変更される場合があり、その対応も
しなければ、国内の大学へと戻ってくることも難しくなる可能性が
あります。


今年度うるさく書いてきましたが、こういった改革が行われる中の
混乱時に、国内を離れ、情報が断片的になってしまうと、
対応が必然的に遅れがちになります。


留学支援、帰国支援をしている団体や企業なども、今年度以降、
数年は、混乱することが予想されます。


そうなると、どういった選択を取れば良いのか、わからなくなると
思います。


残念ながら、教育業界にいる方々においても、『どれが良い』とは言い切れないと
言われることでしょう。


特に、受験なく進級・進学できると思われていた私立校・中高一貫校において、
『進学できなかった』という状況・状態を想定し、そこからの支援を考えているのは、
私立校・中高一貫校の学校・先生すらも、少ないと思います。


そもそも、学校・先生は『そう』ならないようにと、忠告してきているはずですから、
その忠告を無視してきた方が、その後、どうなろうか、知ったことではないでしょう。


ただ、今年度以降、数年は、『進学できなかった』方を“可哀想”だとは思うだけで、
きつい言い方にはなると思いますが、それでもそれは『自己責任』であり、
生徒自身の『判断』による結果、集大成だと、切って捨てるように、
扱うしかないと思います。


今年度から数年は、こうしたさらなる悲劇へと転げ落ちる可能性が
高くなっていくことになるでしょう。


子供達の無限の可能性を、未来・将来を、否定するなど、
許されない、ありえないことだと、考えているかもしれませんが、
私立校・中高一貫校においては、その可能性、未来・将来を、
『有限』の回数しかない、テスト、成績によって、
『決められる』という現実を、よく考えておかないと、
その、無限の可能性を、未来・将来を、“奪われる”結果を招く可能性があります。


受験なく、進級・進学できる私立校・中高一貫校ならではの問題かもしれませんが、
この見極めを早め早めに行わなければ、今回の教育改革の『犠牲者』になる可能性が
高くなると思います。


何度も書いておりますが、学校のテストの点数、成績で進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校において、無限の可能性を、未来・将来を、
“いつまでも、待ってもらえる”わけではありませんので、注意して下さい。


今年度からの厳しさは来年度、さらには再来年度と、増していくことが
予想されます。


その時に、学校が掲げているような、文武両道が出来て、素晴らしい
モデルケースの学生になっていられるかどうか、よく考えられることをオススメします。


なれなかった時は、上記のような結末にまで落ち込んでいく可能性も、
あることを忘れないようにして下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
# by eikan-seirios | 2017-12-12 12:28 | その他 | Trackback | Comments(0)

テスト後の静寂

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

 ◆立教生はこちらから  ◆中高一貫校生はこちらから

【電子書籍出版】 

私立校・中高一貫校生のための冬休みの勉強を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための三学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための受験勉強の仕方を電子書籍で提案!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

先週テストを終えた方は、今週学校内は不気味な静寂となっていると思います。


多くの私立校・中高一貫校で、基本的にテストが終われば、
テスト休みとなり、ほとんど学校に行くことがなくなると思います。


中学一年生は、授業がなくて、休みが増えてラッキーと思っているかもしれませんが、
二年生以降、この時期は不安や恐怖が入り混じる期間となることでしょう。


それでも部活動などで気を紛らわすことができると思いますが、
呼び出し・面談が決まると、そこからは地獄となるでしょう。


一体、何を言われるのか、何が問題なのか、
実際に面談となる時までわからないことですから、
気が気でないと思います。


呼び出し・面談の“常連”となっている方は、また“同じようなこと”を
言われるだけと思っているかもしれませんが、先日書いたように、
今年度の二学期は、厳しい審査、制裁、断罪が待っている可能性があります。


もう『なってみて、わかること』ですから、
何を言っても無駄なことになると思いますが、一つだけ言わさせてもらいますと、
『なった』以上は、もう通っている学校での『挽回』は、不可能となりますので、
すぐにでも次のことを考えるようにして下さい。


一部、救済措置として、追加課題や追試、再テストなどあるかもしれませんが、
進学の審査の時間は差し迫ったものとなりますので、それをただやった、
ただ受けただけで、許されるものとはなっていないと思います。


それらで救われることを前提とした考えでなく、救われないことも考えての
行動をすることをオススメします。


もう、今後どうなるかわからない、なってみないとわからないで、
過ごすことができません。


先々のことを見据えた行動をしないと、選択肢は一気に無くなりますので、
気を付けて下さい。


まだテスト中の方は、その期間が“短く”なること考えると、
ここから先の、学校・先生の『事務作業』は早くなり、結論・決断も
早く迫られることになると思います。


そんな短い期間で考えられないといっても、考えていなかった、こなかった方が
『悪い』と切り捨てられるかのように扱われると思います。


そんな悲劇になるのだけは避けるようにしておくことをオススメします。


今年、最後の最後でこんな仕打ちはないだろうと思われるかもしれませんが、
一学期の時点で、『忠告』されており、本当にひどい方は、二学期中間テストの
時点でも呼び出し・面談をしてもらっていての『結果』ですので、
厳しいように思われるかもしれませんが、全て『自己責任』として、
片づけられることになります。


せっかく入った私立校・中高一貫校だったかもしれませんが、
その学校での学校生活を、内部進学を続けられないと、
判断された方は、残念ながら、これで通っていた学校での
学生生活はピリオドを迎えます。


ここから先の決断・判断を見誤らないように、
対応していくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
# by eikan-seirios | 2017-12-11 14:35 | その他 | Trackback | Comments(0)