来月の今頃どうなっていたい

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

 ◆立教生はこちらから  ◆中高一貫校生はこちらから

【電子書籍出版】 

私立校・中高一貫校生のための冬休みの勉強を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための三学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための受験勉強の仕方を電子書籍で提案!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

来月の今頃はクリスマスとなりますが、その時の自分がどうなっていたいかを
想像してみて下さい。


進級・進学に何の問題なく、プレゼントやお年玉を楽しみに、
毎日余裕をもって過ごせる。


私立校・中高一貫校生の多くの方は、そうなるべきはずなのですが、
多くの方がその前の週に、学校・先生から、親御さんから、
小言・説教を言われ、気分良くその日を迎えられることは稀でしょう。


進学が決まった3年生は、もう浮かれ気分で面白楽しく過ごせることでしょうが、
進学が決まらなかった方、1・2年生は、悲劇のヒロイン・ヒーローを演じて、
不幸の真っ只中にいるかのようにしているかもしれません。


進学が決まらなかった方は、普通に受験する方よりも、鬱になると思いますが、
それが、今までの全ての因果応報ということで、自己責任として、
そのつらさ、苦しみを背負うことになります。


一緒になって、ふざけ合った、遊んだ、クラスメート、友人知人の皆が、
進学が決まり、嬉しがっている中で、“自分だけが”というのは、
おそらく生きてきた中で最も苦しく、悔しいことでしょう。


しかしながら、それが通っている私立校・中高一貫校における、
最後にして最大の罰ということになります。


厳密にいうと、その後にも、そのことが関わる場合もありますが、
その時はそんなこと考えられもしないでしょう。


『なってみてわかった』の代償としては、もうそれ(進級・進学できないこと)で、
十分払ったように思われると思います。


そんな人生のどん底に落ちたようなクリスマス、年末年始を迎えたいかどうかを
考えれば、多くの方は、“そうはなりたくない”と答えると思います。


しかし、一昨日書いたように、“でも”勉強はしたくないと、こじらせている限り、
そうなる可能性はどんどん高まっていくことになります。


受験なく、(内部)進学できる私立校・中高一貫校においては、
各学期の定期テスト、成績によって、“ソレ”=『進学の合否』が決まるということは
わかっているはずです。


であれば、自分がどうすべきか、自ずとわかると思います。


受験なく、(内部)進学できる私立校・中高一貫校で、
勉強したくない、やりたくないで、本当にしない、やらないでいれば、
進学できないという結果に達することくらいは、小学生でもわかることでしょう。


もう、これ以上は“待ってもらえません”ので、甘ったれないで下さい。


またこれは、進学がまだまだ先のことと思っている1年生2年生も、
この時期の3年生の動向を、言動を、態度・姿勢を見て、
さらにその結果を見て、よく考えておくことをオススメします。


2年後、1年後、自分がその状況・状態になって、同じ目に合う、
いえ、今後は、今年度以降はそれよりも前に、
そこまで追い込まれるかもしれないということまでも考えて、
今後をどうしていくのか検討しておかないと、時代は繰り返されることになります。


来月の今頃、自分はどうなっていたいかを考えるのと同時に、
来年、再来年の自分がどうなっていたいのか、よく考えておくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
# by eikan-seirios | 2017-11-24 13:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

宿題は今週中に終わらせる

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

 ◆立教生はこちらから  ◆中高一貫校生はこちらから

【電子書籍出版】 

私立校・中高一貫校生のための冬休みの勉強を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための三学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための受験勉強の仕方を電子書籍で提案!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

11月も残り一週間となる今日、今週末までには、
宿題やノートまとめにある程度区切りをつけておかないと、
テスト前になって、『作業』に追われることになります。


そんな中、主要科目のテスト勉強はもちろんのこと、
副教科科目も勉強しなければならないことを考えると、
『作業』に時間を取られるわけにはいかないでしょう。


一学期がどうなったかはわかりませんが、特に副教科科目の
『テスト』そして、『成績』の“審査”はいかがだったでしょうか。


もし、厳しい評価を受けている場合、今年度から副教科科目“も”含めて、
厳しくなっていることになります。


そうなると、まさかの伏兵ではありませんが、副教科科目において、
進級・進学できないなんてこともありえますので、注意して下さい。


ここにきて、やることが増えるのはもちろんのこと、
気にしなければならないことが増えるのは、それだけサボってきた証拠となります。


期末テストまでの残り時間に、一つ一つをきちんと片づけれるほうに
して下さい。


来週末には期末テストがある『12月』を迎えることになります。


期末テストの後、笑って楽しく過ごせるように、今苦しんでおくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
# by eikan-seirios | 2017-11-23 12:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

期末テストの範囲を確認する

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

 ◆立教生はこちらから  ◆中高一貫校生はこちらから

【電子書籍出版】 

私立校・中高一貫校生のための冬休みの勉強を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための三学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための受験勉強の仕方を電子書籍で提案!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

期末テスト一週間前にならないと、テスト科目の日程やテスト範囲が決まらない
学校が多いとは思いますが、だからといって、『それまでの間』何もしないで、
ただ指をくわえて待っているというわけにはいきません。


というよりもむしろ、これまでに借金を背負っている方が、そんな悠長なことを
している場合はありません。


今までそうしてきての失敗を重ねてきているにも関わらず、同じことを
繰り返すようであれば、進級・進学できなくなって当然ということになります。


今後は、学校でのテストなどに限らず、皆さんの夢や将来・未来においても、
こうして、ただただ待っているだけで、情報が開示されてから動いているのでは『遅く』、
出遅れるということになるでしょう。


そうして、事前事前に対応する、準備することの出来る方から、
成功していくことを考えますと、学生時代にこのことを学び、
出来る限り、成功を収めるように経験していかないと、
出来る方との格差は広がる一方になります。


もちろん、“たかだか”学校の勉強“ごとき”のこと、(普段からやっているから)
一週間前まで『特別に』何もやらないで“出来る方”もいることでしょう。


それで、点数・成績を取れているのであれば、『学生時代』はうまくいくかもしれません。


しかし、社会に出れば、教科書や先生など無い中、毎日何をやるのかを、自分で決め、
そうしたテストや審査、プレゼンなどに対して、準備を進めなければならないことに
なります。


そうなった時、『与えられていない』『指示されていない』から、
自分では出来ませんというのでは、使い物にならないと評価されてしまうかもしれません。


そうならないためにも、“たかだか”学校の勉強“ごとき”のことでも、そうした対応ができ、
さらには自分の夢や将来・未来に関することでも出来るようにしておくと、
人生の“勉強”になると思います。


学生時代はそうした機会や時間に恵まれているために、それらを“無駄”にしてきた方の多くが、
学生時代を振り返り、もっとあーしておけば良かった、こうしておけば良かったと、
後悔するようになります。


これから何が起こるかわからないことに対して、対応する、考えることができないという方でも、
『確認』と『予想』することはできると思います。


少なくとも学校では、先生が授業でやってきたこと、そして残りの授業数・時間を
考えれば、どこまでが期末テストの範囲となるかは容易に確認・予想できるはずです。


この期末テストで『挽回』が必要な方は、なりふり構わず、学校の先生に、
聞きに行って、確認するくらいでないと、『本気』で『挽回』しようとしたなどとは
思われないことでしょう。


今はこうした危機感を持って、なりふり構わずというのは格好悪いことなのかも
しれませんが、気取っておいて、進級・進学できないことが『当然』のように
決まることのほうが格好悪いと思って下さい。


確認すること、そのこと自体で、頭がよくなるとか点数が上がるといったことに
なるわけではありませんが、『当たり前のこと』を『当たり前』に出来るということは、
後に大きな力となって、知恵となって、活かされることになるでしょう。


期末テスト一週間前になってはいないかもしれませんが、
せめて『確認』だけでもしておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
# by eikan-seirios | 2017-11-22 18:10 | その他 | Trackback | Comments(0)

部活動などとの共倒れ

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

 ◆立教生はこちらから  ◆中高一貫校生はこちらから

【電子書籍出版】 

私立校・中高一貫校生のための冬休みの勉強を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための三学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための受験勉強の仕方を電子書籍で提案!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

大きなお世話かもしれませんが、こういった方々を諸先輩方に多く見てきたので、
老婆心ながら助言します。


せっかく入った私立校・中高一貫校で、多くの希望や期待を持っているかもしれませんが、
根本の、根底の、希望は、期待は、何なのか、よく考えてみて下さい。


普通の学校、公立校に行かなかったのは、なぜですか?


わざわざ受験勉強して苦しんで入った私立校・中高一貫校に
真に望むことは何ですか?


青春時代を充実させ、楽しく過ごすことですか。


それであれば、私立校・中高一貫校である必要はないと思います。


別に普通の学校、公立校でも、それこそ専門学校などでも、
十分楽しく、充実した学生生活を送れますが、どうでしょうか。


なぜ、私立校・中高一貫校にこだわられたのですか。


おそらく、その問いにピッタリくるのは、わざわざ受験勉強を苦しんでまで入ったのは、
“その苦しみ”を、二度も三度も味わいたくないから、将来・未来を安定させたいからではありませんか。
これは親御さん・ご家庭も含めて。


つまり、私立校・中高一貫校に入ったのは、もちろん親御さん・ご家庭の半強制的な決定も
あったかもしれませんが、少なくとも“受験なく進級・進学できる”=(もう受験勉強しなくて良い)
ということに、魅力を感じたからではありませんか。


最近、その考えをこじらせた方が増えたのか、高校・大学へと進学はしたい、
“でも”勉強はしたくないと、言われる方が多いです。


昔であれば、それでも、『勉強しなきゃ』進学できないということに説得はされなくとも、
納得される方が多かったのですが、昨今は少ないように思えます。


まるで、勉強しなくとも、テストで点数を取らなくとも、成績を取らなくとも、
通っている学校で進級・進学できる道があるかのように、思い込んでいるように思えます。


そして、失礼ながら、そういった傾向にある方の親御さん・ご家庭にも共通する考え・教えが
あるように思えます。


通っている私立校・中高一貫校で進級・進学はさせたい、
欲を言えばもっと上のレベル・偏差値の大学へ行かせたい、
そのために勉強させなければいけないのはわかっている、
でも部活動や趣味・習い事、子供が好きでやっていることは辞めさせたくない。


おそらく親御さん・ご家庭の中での根底・根本にも、
社会に出ても役に立たない(と思われる)“たかだか”学校の勉強“ごとき”のことで、
子供達の無限の可能性を、夢を、未来・将来を、邪魔されたくない、潰したくないという
気持ちがどこかにあるのでしょう。


そういったことであれば、ある意味、私立校・中高一貫校は、
大いに邪魔してくる、潰してくる存在と言えます。


学校での勉強、テスト、成績によって、進級・進学が決まる私立校・中高一貫校では、
自由や自主性、文武両道を謳ってはおりますが、学校での勉強をないがしろにし、
好き勝手にやって下さいと言ってるわけではありません。


むしろ、その逆で、進級・進学要綱・基準という縛りのもとに、各定期テスト、各学期の成績で、
学校での勉強ができない(という結果を出した)のであれば、辞めて頂いて結構ですという
スタンスを持っています。


昨今、勘違いされている方が多いのですが、上記のように、本当に、
子供達の無限の可能性を、夢を、未来・将来を、
“たかだか”学校の勉強“ごとき”に邪魔されたくない、潰したくないというのであれば、
私立校・中高一貫校など選ばないほうが賢明です。


今後の私立校・中高一貫校では、学校のレベル・偏差値を保つため、
あるいはより高めるために、より一層、厳しくなって、
この“たかだか”学校の勉強“ごとき”のことにうるさくなっていくことになります。


それは2020年度の教育改革の影響もあるためとも言えますが、
それ以上に、昨今のこういった『勘違い』を払しょくするために、
より厳しくなっていくことでしょう。


それでも私立校・中高一貫校を選ばれたのであれば、
もう一度よく、何が良いのか、何を求めているのかを、はっきりさせて、
決断をされたほうが、悩みが少なくなると思います。


何度もうるさく書いておりますが、受験なく(内部)進級・進学できる
私立校・中高一貫では、その『条件』として、各定期テスト、各学期の成績で、
一定基準の点数、成績を収めることを“義務”付けております。


その“義務”を果たさない限りは、進級・進学の『権利』を与えてもらえません。


これは、入学時の手続きにおいて、『契約』していることであり、
その『契約』を、各個人、各状況・各状態によって、変更してくれるものではありません。


それだけの“縛り”がある私立校・中高一貫校で、“たかだか”学校の勉強“ごとき”のことで、
子供達の無限の可能性を、夢を、未来・将来を、邪魔されたくない、潰したくないというのには、
無理があります。


まず、その“たかだか”学校の勉強“ごとき”が『出来た』上でなければ、
子供達の無限の可能性を、夢を、未来・将来を、などとは言えなくなります。


むしろ、私立校・中高一貫校では、普通の学校、公立校以上に、
“たかだか”学校の勉強“ごとき”が『出来なかった』時、
子供達の無限の可能性を、夢を、未来・将来を『奪う』『潰す』『失う』ことになります。


そして、部活動や趣味・習い事、子供が好きでやっていることと共倒れになっていく
可能性がある方は、このことに気づかず、覚悟を決めず、文中に書いたように、
高校・大学へと進学はしたい、“でも”勉強はしたくないと、こじらせていくことになります。


そうなると、なまじ高校・大学への進学が『与えられる』かのように思われる
私立校・中高一貫校では、いつまでもその思いを抱えたまま、
進学できないと『断罪』されるまで、どんどん修学を遅らせてしまうことになります。


さらに、『断罪』された後も、“たかだか”学校の勉強“ごとき”についていくことができず、
受験勉強などもう全くわけのわからないものとなります。


先日も書かせて頂きましたが、『それでも』続けられますか、
その覚悟があって、やっていますか。


よく考え、検討されることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
# by eikan-seirios | 2017-11-21 14:55 | その他 | Trackback | Comments(0)

テストまでの自由時間はどれくらい?

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

 ◆立教生はこちらから  ◆中高一貫校生はこちらから

【電子書籍出版】 

私立校・中高一貫校生のための冬休みの勉強を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための三学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための受験勉強の仕方を電子書籍で提案!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

テストが近づいてきて、テストまでの日数を聞くと皆さん、
約2週間、約10日と言われると思います。


では、その2週間、10日で、『自由な時間』はどのくらいありますでしょうか。


一日は24時間ですが、実際活動できるのは睡眠時間を差し引いた、
16~18時間、さらには学校にいる時間を差し引くと、8~10時間。
これに部活動などの時間と生活時間(朝食・夕食・風呂など)を差し引くと・・・、
さぁどのくらい残っているでしょうか。


土日はもう少し多くの時間を使えるかもしれませんが、
基本的にもう、この時期には、皆さんの自由時間は100時間を切っていると思います。


仮に、100時間あったとして、主要5科目に何時間、
さらに、副教科目に何時間かけるのか、計算してみて、
それで“今までの負債・借金”を返せるほどの、
『高得点』を取れるのかどうか。


さらに宿題やノートまとめなどの平常点を稼ぐための“作業”もあって、
時間が削られることになります。


諸先輩方もそうでしたが、多くの方が、テスト2週間前、10日前では、
まだ部活動もあり、それでも『時間』がまだまだあると思い込み、
余裕を見せては、テスト前に阿鼻叫喚となります。


授業の進度が速くなり、テスト範囲も広くなった今年度はもうわかったことでしょうが、
“それ”で散々な目、具体的にはテストの素点、成績を落していませんか。


成績を落していなくとも、テストの素点が落ちている場合、それは、
勉強時間が足りないことを指します。


それを続ければ続けるほど、基礎学力を落していき、
学年が上がれば上がるほど、追い込まれていくことになるでしょう。


何度も書いておりますが、今年度以降は、追い込まれた時点で、
もう進級・進学は絶望的になり、今までの生活を180度変えるくらいのつもりで
無ければ、進級・進学できる可能性は低くなると予想されます。


本来、私立校・中高一貫校で最も効率の良い進級・進学の仕方は、
二学期、二年次に備えて、“一学期”、“一学年次”に、
『点数・成績』を稼いでおくことです。


しかし、多くの方が、後々になってから、このことを知り、
あーあの時にやっておけばということになることが多いです。


逆に最も効率が悪いのは、追い込まれてから、『点数・成績』を、
“取らなければならない”状況・状態になることです。


こうなると、もう普段の生活を勉強漬けにするくらいでなければ、
進級・進学はできなくなります。


それでも、2年次、3年次ともなると、部活動は辞めるに辞められず、
習っている内容はどんどん難しいものになっており、
仮に勉強しても、追いつかない。


さらには、その程度の勉強が、イコール受験勉強になるわけなく、
進級・進学できないことが決まった後も苦しむことになります。


私立校・中高一貫校での勉強が受験に対応していないとまでは言いませんが、
特進クラスなどを除けば、あくまでも『内部進学する』にあたり、
問題のないレベル、学力、勉強となっており、それで受験で合格できるものとは
言い難いと思います。


もっとも、『ソレ』すらやってこなかった方が、後になって、
『ソレ』を一生懸命やったからといって、受験に対応できるかということに関しては、
少なくとも、通っている学校のレベル・偏差値を超えることは無いと言えます。


というよりも、通っている学校のレベル・偏差値ですら、届くことはないでしょう。


通っている学校のレベル・偏差値は、『受験時』のテストの難易度を指しており、
その後、入った方のレベル・偏差値を反映させたものではありませんので、
自分のレベル・偏差値の参考になるものではありません。


もっとも、これを、2019年度以降に行われる『高等学校基礎学力テスト(仮称)』で、
調べられるようになった時、自分の本当のレベル・偏差値を知ることができるかもしれません。


話が脱線しましたが、本当に残りの『自由時間』の間に、テスト勉強はもちろんのこと、
宿題やノートまとめなどの作業ができるのか、やり切れるのか、よく考えて、
テスト2週間前、10日前といった時期を過ごして下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
# by eikan-seirios | 2017-11-20 14:48 | その他 | Trackback | Comments(0)