<   2017年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

中間テストがある6月を迎える

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今日で5月も終わり、明日から中間テストがある6月を迎えます。


もうすでにテストを終えた方は、期末テスト1週間前を迎える6月となります。


嫌味のように感じられるかもしれませんが、こうして追い立てるように書いても、
のほほんとされる方が多いです。


学校生活、クラス内での『慣れ』なのかもしれませんが、
あまりにテスト前の自覚、そしてそのテストで成績が決まり、
進級・進学が関わって来るという意識が薄い方の中から、
順番に進級・進学できないことが決まっていきます。


深く考えれば、強く願えば、長く思っていれば、進級・進学が叶うと
思われているかもしれませんが、現実は『記録』された『結果』でのみ、
進級・進学の合否が決まります。


そのことに、いつまでも気づかずに、ズルズルと“今まで通り”の生活を
続けている限り、進級・進学の道は遠ざかっていくことになります。


これは別に、“たかだか”学校の勉強、進級・進学“ごとき”のことだけでなく、
自分の夢や将来・未来のことにおいても、いえむしろ、そちらのほうこそ、
より厳しく断罪されるかのようになっていくことになります。


現実的に、物理的に、具体的に、勉強するという“行動”を起こさない限りは、
いつまでも願いが叶うことはないでしょう。


こう書くと、“どう勉強すればいいかわからない”と、『駄々をこねて』、
言い訳する方が多いです。


受験勉強と異なり、学校の勉強、定期テストの対策などは、特別な勉強は必要ありません。


学校の先生の授業をよく聞き、ノートをしっかりとって、宿題・課題をきちんとやって、
わからないところは学校の先生に聞いてと、これだけで少なくとも
平均点以上は取れるようになっています。


それを『面倒』だから、やらない=勉強ができないと言われるのであれば、
“たかだか”学校の勉強“ごとき”のことだけでなく、もう、何もできないことになります。


記録される結果、つまりテストの点数、成績によって、進級・進学が決まっていく
私立校・中高一貫校において、これをこじらせて、結果を『積み重ねて』いくということは、
自ら真綿で首を絞めるように、なっていきます。


そして、結果が積み重なっていく度に、より厳しい状況・状態へと、
追い込まれていくことになります。


失礼ながら、最近は、こういったことへの危機感がないのは、
親御さん、ご家庭のほうが多いように思えます。


別に学校の勉強、進級・進学だけが、人生の全てではないというお考えなのでしょう。


上手くいっている間はそれでも問題ありませんが、うまくいかなかった時、
大抵の方は、やっぱり通っている私立校・中高一貫校で進級・進学“だけ”は
してもらいたいと、手のひら返しのように、都合の良いことを言い始めます。


しかも、それまでの反省も一切なく、ちょっと頑張る程度でなんとかなると
たかをくくって、あわよくば効率良くと考えられるのが、
典型的な進級・進学できない方のご家庭の考えとなっております。


お子さんは見事にそれを体現するかのような言動、態度、姿勢を示されますので、
おそらく学校でも、先生が手をこまねいていることでしょう。


学校・先生からすれば、いまさら何を言っているのか、
そして、それが一つも、言動、態度、姿勢に(進級・進学を目指すものに)
示されていないのではないかと、呆れていることでしょう。


昨今、私立校・中高一貫校でいわゆる『落ちこぼれた』方の多くは、
このような状況・状態になっていることが多く、こうなると、
学校・先生側の協力もなく、ただ、結果=進級・進学できないことが、
『決定』するまで、居てもらっているということが多いです。


早ければ二年次において、早々に出てってもらうように追い込んできます。


追い込むと書くと学校・先生が悪の手先かのように思われるかもしれませんが、
実際はそういった生徒、ご家庭が、勝手に自ら『追い込まれて』いくだけです。


散々の忠告、通知があったにも関わらず、改善の余地無しと思われるだけのことを
してきたわけですから、私立校・中高一貫校における『自己責任』
=進級・進学できないということになっても致し方ないことになります。


うるさい説教となってしまいましたが、このことを早め早めに気づき、
通っている私立校・中高一貫校で、本当に進級・進学していきたいと思うのであれば、
そして、最後の最後、見苦しく上記のようなことになりたくないのであれば、
テストの結果、成績の結果を真摯に受け止め、今後をどうするか真剣に考えられることを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-05-31 12:14 | その他 | Trackback | Comments(0)

5月最終週=6月第一週

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

昨日も書きましたが、5月最終週である今週は、6月第一週でもあります。


中間テストは『6月だから』と思い込んでいた、願っていた方は、
その『6月』がやってきたことになります。


今週まさにテスト中、テスト直前の方にとっては、関係ない話だと思いますが、
来週、6月の第二週にテストが控える方は、もうテスト前である自覚をしないと、
来週になってから慌てることになります。


そして、そのテストが終わると同時に、期末テスト一カ月前を切るということを
自覚していないと、期末テストも慌てることになります。


一学期は中間テストから期末テストまでの間隔が物理的にも短いです。


また、ここにきて『連休が無い』ことが、精神的にも追い詰められていくことになります。


本当に、部活動等で忙しいかもしれませんが、その道を選んだのは自分なのですから、
判断・決断をするのも自分です。


そして、今回の“結果”から、親御さん、ご家庭もまた、判断・決断しないと、
私立校・中高一貫校において、悲劇に向かうことになります。


今年度、来年度から、多くの学校が、大学受験の改変に向けて、動き出しています。


受験なく進級・進学できる私立校・中高一貫校といえど、
全く無関係というわけではありません。


むしろ、その逆、外部の学校、他校受験ができるよう“にも”、
対応できるようにしてくることが予想されます。


そうなると、今年度、来年度からは今までとは異なる難しさ、厳しさを秘めてくる
可能性が高いです。


3年間、あるいは6年間かけて、その『大学受験の改変』にも対応できるように、
授業内容、テストの難易度などを上げてくると思われます。


そのことは保護者会やお知らせで、通知されていると思いますが、
親御さんの意識が、自覚があまりにも低いと、私立校・中高一貫校の場合、
『なってみてわかった』では、全て遅かったとなります。


毎回の定期テスト、成績の結果が出てからもうるさく書いておりますが、
今年度、来年度に関しては、『結果が出る』前から事前に対応しておかないと、
どんどん余裕が無くなってくると思います。


大学側の対応、そして通っている学校の対応、さらには文部省の対応と、
様々に交錯している中で、しっかりと先を見据えて、事前事前の対応ができないと、
今後数年は、その各側の対応・思惑に翻弄されて、犠牲者となってしまいます。


よくよく考えての行動ができるようにしておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-05-30 12:10 | その他 | Trackback | Comments(0)

テストまで、時間が“まだ”ある?“もう”ない?

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

5月最終週、6月第一週を迎える今週は、時間に関しての阿鼻叫喚となると思います。


余裕で間に合う、大丈夫だと思っていたけど、時間がない。


学生時代、ほとんどの方が、経験することではありますが、
その後の『悪あがきの仕方』が、昨今変わってきています。


そこまで追い込まれてもなお、余裕を持って、焦ることなく、
傍目から見ると、諦めたかのような感じで、ゆったりされる方が多いです。


さも、『もうここまで来たのだから、ジタバタしても仕方ない、後はリラックスして、
“普段の実力”を“発揮”できればいい』という感じですが、それは受験勉強などで
長い期間をかけて実力をつけ、今から『全ての範囲の確認』などをすることが
“物理的に”時間が足りないからという、開き直りであり、『狭い範囲』で、
しかも学校の先生が懇切丁寧に『答え』あるいは『ヒント』を教えてくれていることを、
審査する『学校の定期テスト』においてやるべきことではありません。


学校の定期テストでこういった傾向にある方は、受験勉強において苦しむことになるでしょう。


たかだか、範囲の狭い、それも答えやヒントを学校の先生が教えてくれる、
つまり、テスト前の『カンニングペーパー』のようなもの(ノート・プリント)などが
あるにも関わらず、それらの確認を、網羅をしないというのはいかがでしょうか。


これから先の人生においても、『やればやっただけ』成果が出る、結果が出るのは、
『学校の定期テスト』だけです。


そのテストですら、手を抜く、やる気になれない、やり切れないのであれば、
『どれだけやっても』成果が出るかどうかわからない、結果がでるかわからない、
自分の夢や将来・未来のことなど、出来なくなります。


大げさに聞こえるかもしれませんが、このことは後々になって、
嫌でも気づかされるものとなります。


すでに2・3年生ならわかることでしょう。


今、振り返れば、中学1年、高校1年、それも一学期中間テストまでにやっていた内容なんて、
テストなんて、やり切っていれば、100点は無理でも高得点を取れていたと思えると思います。


大抵の人は、それを“今”にあてはめず、ズルズルとあーやっておけばという気持ちを
引きずって、後悔することになります。


この時間の“ズレ”は大人になればなるほど広がっていく、長くなっていくことになります。


最近は、それをごまかすように、“勉強”だけが人生じゃない、
他の何かをやっておけば青春時代は無駄じゃなかったと考える方が多いですが、
失礼ながら、『勉強』すらもそういう態度を、姿勢を取っていたのであれば、
他の何をやっていたとしても、同じ結果になったことでしょう。


上記したように、『やればやっただけ』成果が出る、結果が出る『学校の定期テスト』ですら、
やり切れないのに、他の何をやって、やり切って、成果を出せた、結果を出せたと思えますか。


そして、もし成果を、結果を出せたというのであれば、それはどのような方法で、どうやって、
どこまでやって、いつまでに、何をやってなどということをきちんと考えられていますか。


『考えられて』いないのであれば、『他の何か』をやらなかった『失敗』から、
“何も学んでいない”ことになります。


過去に関することでもそれを考えられない、思い描くことができない方は、
これから先の未来に関することでも考えられず、思い描くことができず、
だからやらない、できないになっていくことでしょう。


与えられたことを、ただ愚直にやることは簡単なことではありますが、
『やり切って』、きちんと成果、結果を出すことは簡単なことではありません。


しかし、“与えられない”“与えてもらえない”ことを、自分で考え、
自分で試行錯誤しながらでも、『やり切って』、きちんと成果、結果を出すよりは、
数倍も簡単なことです。


それがわかれば、『最後の最後まで』悪あがきしてでも、例え1点2点だろうとも、
点数を取りにいこうと、いけると、思いますがいかがでしょうか。


その『悪あがき』は、スポーツや芸術などでも、美談のように書かれているのですから、
ぜひ勉強でも、最後の最後まで諦めないで、やり切ってみて下さい。


“もう”時間がないかもしれませんが、あるいは“まだ”時間があるのであれば、
人生に一度くらいつもりでも構いませんので、やってやり切ってみてはいかがでしょうか。


その集中力を一度でも経験し、身につけて、実際に成果、結果を得られる、
最も簡単なのが、『学校の』勉強、テストです。


『受験』や『入試』などでは、その時々の体調や内容によって、
成果や結果が“ブレ”ることでしょうが、『学校の』勉強、テストは、
絶対評価で1点2点単位で“評価”してもらえます。


このような評価を受けることができるのは、学生時代だけですので、
ぜひ、この評価システムを使って、自分の『経験』の幅を広げておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-05-29 13:29 | その他 | Trackback | Comments(0)

いよいよテスト前を迎える

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

学校、学年によってはもうすでに今週で中間テストを終えた方もいるかもしれませんが、
多くの学校で、来週から、再来週にかけて、中間テストを迎えると思います。


今学年になっての初めてのテストですので、若干の緊張と不安と期待と、
入り混じった状態かと思われます。


しかし、後々に後悔することのないように、全力で向かっていって下さい。


一学期中間テストは今学年になって、最も簡単で、点数が取りやすい、
取るべきテストとなっております。


決して手を抜くことのないように、油断することのないように、
万全の体制で挑んでください。


また、この時期、テスト前で休みであるにも関わらず、部活動に自主参加している方は、
気を付けて下さい。


昨今、私立校・中高一貫校に限らず、どの学校も文武両道を謳っておりますが、
『文』つまり学業をおろそかにして良いと言っているわけではありません。


当然ですが、学業をおろそかにしたと思われる結果を出すこと、
つまりこの時期ですとテストの点数になりますが、
その結果を“示して”しまった場合、学校は、顧問の先生以外の先生は、
厳しい目で見てくることを覚悟して下さい。


特に、顧問の先生以外の先生にとって、
部活動で頑張る=自分が教えている教科をサボる、手を抜くという図式になりますので、
かなり心証が悪く、平常点にも影響し、成績が悪くなることがあります。


加えて、追試や追加の課題などもかなり厳しいものとなる可能性がありますので、
よく考えておくことをオススメします。


自主的にではなく、半強制的に参加させられているという方も同じ扱いになりますので、
本当に、そんなことをしてまで、その部活動に身を捧げるのか、よく考えて下さい。


数人の仲間を集めて、同好会のようなものを立ち上げて、
趣味程度の活動に留めておくことだってできるのですから、
そうしなかった方が“悪”と言われかねません。


部活動にあまり強迫観念を持つことのないようにしてみて下さい。


様々な状況・状態の方がいるとは思いますが、泣いても笑ってもこの2週間内で、
一学期中間テストを迎えることになります。


その結果が、『後悔の始まり』とならないように、また『貯金・余裕』となるように、
全力で頑張ることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-05-28 11:37 | その他 | Trackback | Comments(0)

効果的勉強法を更新

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

効果的勉強法を更新いたしましたことを
お知らせ致します。


塾のHPに掲載させて頂いております(ブログの過去の記事を一部編集したものです)




掲載させていただいている勉強法は立教生に限らず、
中高一貫校生、公立・私立校生問わず、役立つと思います。
(受験生・進学校生は、成績を上げるための参考程度に役立ちます)


多くの勉強法を提案させて頂いておりますので、
ぜひご活用頂き、少しでも勉強のお役に立てれば、幸いです。


これからも、宜しくお願い致します。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-05-27 15:25 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

5月も終わり

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

5月最後の週末を迎えた今日は、もうほとんど5月の終わりのようなものだと思います。


来週週中には、6月を迎えることを考えると、来週はもう『中間テストがある6月』として、
動かれるほうが良いでしょう。


来週にテストがある方は、もう今週からそのつもりで動いているかもしれませんが、
この週末でテスト勉強を行うという方は、もうテスト前に週末を
迎えることはないという自覚を持って、テスト勉強をして下さい。


『テストがあるのは6月!』とまだまだ5月を満喫される方は、そろそろ目を覚まして下さい。


そのテストもあと“何日”で迎えられるのか、そしてそれは具体的に、
何時間なのか、その限られた時間の中で、一体どれくらいの時間を勉強に費やせるのか。


よく確認して、考え直してみて下さい。


この5月はあっという間に過ごされることが多いので、『まだ』5月と勘違いされやすいです。


実質、もう今週で5月は終わり、来週は『6月』を迎えることになります。


何度もうるさいかもしれませんが、『中間テストがある6月』、そして、
『期末テスト1週間前を迎える6月』です。


その『6月』がやってくるということに危機感を持って下さい。


また、これもうるさいくらい書いておりますが、6月もまた、『連休』はありません。


部活動、学校行事で忙しいからといって、宿題や課題、ノートまとめなど溜め込んでいると、
休みの日に休めなくなります。


そもそも部活動で、休みがないのであれば、もう、時間の奪い合いに負けていることになります。


先週から忠告させて頂いておりますが、『そこまで』して行う部活動によって、
自分の進級・進学を、進路を、その権利を、奪われることのないようにして下さい。


昨日書いたように、一回一回の定期テストの点数、各学期の成績の結果の『記録』で、
進級・進学が決まっていく私立校・中高一貫校生は、他のどんなことを、
頑張ろうとも、テストの点数、成績で、『進路』が決まることになります。


極端に言えば、私立校・中高一貫校において、
『進級・進学』していきたいのであれば、『学校の勉強だけが“全て”です』。


他の何も、理由にも、言い訳にも出来ずに、ただただその『記録』だけが、
見られることになります。


よく考えて、行動するようにして下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-05-27 11:13 | その他 | Trackback | Comments(0)

まだまだ続く『連休無し』

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

そろそろ連休が無いことに疲れを感じ始めたと思いますが、いかがでしょうか。


GWの連休を終えてから約3週経ちますが、どうでしょう。


大人でもこの時期から、『まだ』あと一カ月以上、つまり6月丸々+7月半ばまで、
『連休』が無いのか、と嘆かれるところだと思います。


実際に、残り、7週間、約50日間、休みは日曜だけの週が続きます。


その間、中間テストや期末テストなどはもちろん、学校行事や部活動の大会など、
『やらなければならない』ことはたくさんあります。


それらは、問答無用に襲い掛かってくるように、刻々と迫ってくることになります。


限られた時間の中で、効率良くそれらをスマートに“こなして”、
『出来る人』を演じてみたいかもしれませんが、
ここで確実に『実力』があらわにされることになります。


残念な予言となりますが、こういったルーティンの日常の中で、
『やらなければならない』ことを、確実にこなすことが、
出来る人はごくごく一握りの方だけです。


これは大人でもです。


ですから、多くの方は、その対応として、事前事前に余裕を作っておくか、
スケジュールを調整して、詰めれるところを詰めて、余裕を取っておくべき時は
余裕を取るなどの、対応をします。


そうして、何とか形にして、“乗り切る”のです。


まだ若い皆さんは、理想に燃えて、
スマートに『出来る人』を演じてみるのもいいかもしれませんが、
一つだけ忠告として、学生としての『優先順位』を忘れてはいけません。


特に、一回一回の定期テストの点数、各学期の成績の結果の『記録』で、
進級・進学が決まっていく私立校・中高一貫校生は、他のどんなことを、
頑張ろうとも、テストの点数、成績で、『進路』が決まることになります。


そのことだけを踏まえて、極端な言い方をさせて頂きますが、
私立校・中高一貫校において、『進級・進学』していきたいのであれば、
『学校の勉強だけが“全て”です』。


他のどんなに立派な思想、考え方、教育方針、人生の生き方などあろうが、です。


というよりも、“それら”も含めて、私立校・中高一貫校において、
『うまくやろう』というのは贅沢です。


まず、第一に、確保すべき優先順位は、『学校の勉強』です、
通っている私立校・中高一貫校で『進級・進学』したいのであれば。


そうでないなら、それは無視してもらっても構いません。


しかし、散々無視してきておいて、つまりテストの点数、成績の『記録』を残してきて、
それが『進級・進学』できない『結果』になってきて、やっぱり『進級・進学』も
したいというのは、虫が良すぎます。


しっかりと、三年間かけて、やってきた(無視してきた)ことに対する
責任(進級・進学の不合格)を取って下さい。


と厳しい書き方をしますが、実際は、無理やりにでも『責任を取らされる』ことになるでしょう。


今は、それほどまでに『記録』に対する評価が厳しくなってきています。


特に、各校・各先生で、過去の相当数のデータが集まってきているので、
ある程度の『傾向』も分かってきたところだと思います。


今後、そのデータを元に、より厳しい条件や基準を設けてきた場合、
進級・進学の合否の判断がより早くに行われていくことになると思います。


よく書いておりますが、進級・進学を決めるための『機会』、
つまり、学校の定期テスト、成績は、有限数しかありません。


私立校・中高一貫校の場合、名目上、3年次の二学期までの合計で判断されることになります。


ですから、定期テストは約14回、成績は8回しかありません。


折り返しとなるのは2年次の一学期になりますので、今後早くなれば、
この時点で、挽回の、改善の余地なしと判断されるようになる可能性があります。


挽回の、改善の余地なしというのは、あくまでも通っている学校での話で、
そこから別の学校に行ってからの可能性までは否定しません。


しかし、昨今は、私立校・中高一貫校において、言い方が悪いですが、
『落ちこぼれた』方の返り咲き、つまり、そこから這い上がって、
より上位校へと進学していったという話は、ほとんど聞きません。


そういう意味では、私立校・中高一貫校での進級・進学問題は、
その後の人生までも決めてしまうものとなります。


今後の教育の改革を考えると、より厳しい現状になっていくのではと、懸念があります。


そういったことまで見据えての行動が行えるようにしておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-05-26 14:09 | その他 | Trackback | Comments(0)

わからないところがわからない?

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

これは数年前から、もしかしたら、もっと昔から潜在的にいたのかもしれませんが、
昨今は『(自分の)わからないところがわからない』という方が増えてきております。


こうなると、指導、勉強というより、禅問答のようなものになりますが、
自分が何をわかっていないのか、わからないから教えてくれと、いわれても、
わからない箇所がどこかわからないのに、教えようがないとなります。


そうして、じゃあ、そのわからない箇所はどこか、何をわかっていないかを、
検証するためにも、初めからやっていってみようかというと、
『それは嫌だ』『効率が悪い』『面倒くさい』と言われる方が典型的な、
勉強できない方=私立校・中高一貫校においては落ちこぼれていく方となります。


学校の先生ももちろん、塾の講師や家庭教師、さらに親御さんだって、
『わからないところがわからない』と言っている方の『わからないところ・箇所』が
“わかりません”。


どこが、どういう風に、わからないのか、わかっていないのか、
どこをもう一度説明してもらいたいのか。


最近はこれをきちんと伝えられなくなっているように思えます。


そうして、“効率良く”『答え』だけを求めて、はい終了とするから、
さらに、修学が遅れていき、点数、成績は落ちていくことになります。


こういったこと、つまり、『わからないところがわからない』、
これは学校の勉強やテストの点数、成績以上に、“問題”になってくると思います。


しかも、社会に出れば、それを相手にきちんと伝えられなければ、
もう誰も教えてくれることなどありません。


むしろ、『わからないところが(自分自身で)わからない』方は、
他人が教えてくれるくれないどころか、相手にされなくなってくることでしょう。


失礼ながら、社会に出れば、“そんな方”に構っていられるほど暇ではありませんし、
時間を割くこともないでしょう。


すでに、そういった態度、姿勢で接してきている方がいると思います。


それは学校の先生です。


『わからないところがわからない』方に合わせて、何がどうわからないのか、
懇切丁寧に授業を行っていたら、授業時間が足りませんし、
他の方の勉強の進行が止まってしまいます。


ですから、『わからないところがわからない』のは、その方自身の問題であり、
学校・先生が解決するべきことではないとされます。


さらに言うと、『わからないところがわからない』という方のほとんどが、
その前の段階、つまり基礎や前の学年で習ったことを忘れているというよりも、
『抜け落ちている』ことが多く、その部分の復習をしよう、
その個所を見直そうということもしないことが多いです。


ですから、極端な話、そのままでいれば、一生『わからないところがわからない』ままとなります。


そして、上記したように、『わからないところがわからない』と嘆く方の多くは、
『一度やったこと』や『過去にやったこと』をもう一度復習する、
やり直すということに対して、『それは嫌だ』『効率が悪い』『面倒くさい』と言い張り、
やりません。


こうなると、どんどん、『わからないところがわからない』ところ・箇所が増えていくだけとなります。


これは特に数学や英語に見られる傾向にありますが、全ての学問において、
一定の『体系』だった系統があり、『これ』を知らなければ、『あれ』はわからない、
『あれ』をわからなければ、『それ』を理解することはできないと、なっております。


究極で言えば、言語、特に母国語の言葉・文字を知らなければ、
街中にある全てのこと、他人の言っていること、全てが“わからない”から、
社会の仕組みや生活の仕方など『理解』できないでしょう。


それを学校の勉強において、さも真理をついたように言われるのであれば、
もう、学校生活、勉強は破綻することになります。


そうした結果、学校の勉強なんて意味がないという結論に達すると、
本当に学校に行く意味など無いでしょう。


これを続けていく限り、辛いことの連続で、
なぜか他人から馬鹿にされたように常に感じることになります。


勉強の本質として、この『これ』を知らなければ、『あれ』はわからない、
『あれ』をわからなければ、『それ』を理解することはできない“もの”が、
あるということを『知り』、じゃあ、どうすればいいかを考えることができないと、
“たかだか”学校の勉強“ごとき”のことでもできないということになります。


本来は、その先、“たかだか”学校の勉強“ごとき”『以外』のことで、
このことを“応用”して、自分の将来・未来に役立つ・必要な『もの』を
学ぶ、勉強していくべきなのですが、それを拒否する言動、態度、姿勢を
示す限りは、“たかだか”学校の勉強“ごとき”ですら、できないで
社会に出ることになります。


何もそんなに難しいことを考えないでも、生きていけるだろうと思われるかもしれませんが、
確かに『生きて』はいけることでしょうが、その生き方、生活が、
『思い描いて』いたものかどうかは、定かではありません。


少なくとも、先進国となり、情報化が進み、複雑な考えが蔓延るこの日本において、
その考えで生きていこうとなりますと、かなり窮屈な、それこそ差別されるかのような
生活を強いられることになると思います。


『わからないところがわからない』ことが悪いとは言いませんが、
そこから、どうすれば、『知れる』のか、『わかる』のか、『理解できる』のかを、
試行錯誤してでも、学ぶ、勉強する言動、態度、姿勢を示せないと、
『わからないところがわからない』は“悪”として、扱われることになるでしょう。


毎回、書いておりますが、学生時代、学校の勉強だけは“全て”ではありませんが、
その勉強を通して、学ぶべきこと、勉強すべきことを、学ばない、勉強しないと、
そのことが一生自分を苦しめることになります。


この『わからないところがわからない』を放置する言動、態度、姿勢は、その一つです。


よく考えて、対応することをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-05-25 13:42 | その他 | Trackback | Comments(0)

5月も残り一週間を切る

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

GW連休でゆっくりして、部活動、学校行事などで忙しかったと思ったら、
あっという間に、5月も残り一週間となりました。


学校・学年によっては中間テストが始まっている、一週間前になっている、
二週間前になっているというところでしょう。


テストが始まっている方は、今週が山場でしょうから、頑張ってください。


連日『記録』されるということの意味を怖さを書いてきたので、
もうお分かりでしょう。


『こんなものでいいか』ではなく、『1・2点でも稼ぐ』という気持ちで、
『1・2点でも多く取りにいく』姿勢でテストを受ける、テスト勉強をされていると思います。


そういった感覚、意識が無い方は、一学期の中間テストから、
何をそんなに必死になっているの? と、のほほんとされていることでしょう。


おそらく、三学期、その立場は逆転することになるので、
今、どんなに茶化されても、気にしないようにして下さい。


『記録』される“怖さ”を知った人なら、それが『積み重なって』できる“力・権利”の
強大さを知ることができると思います。


その『積み重なって』できた“力・権利”を持った時、慌てふためいている方を
同情してあげることが最大の復讐になるでしょう。


今はまだ、そんなことまではわからないと思いますが、これは時間が経つほどに
良くも悪くもわかってくる、わかってしまうことなので、後々に楽するために、
あるいは苦労しないためにも、今から、早め早めに切り替えることをオススメします。


この5月にしてもそうだと思います。


少なくともGW明けからの二週間きちんとやってきた方なら、
テスト前になって慌て始めている、恐れ始めている友人知人を横目に、
余裕を持てていることでしょう。


宿題などは終わっており、ノートまとめも終わり、テスト勉強として、
もう一度テスト範囲の全部を確認して、わからない・忘れていたところを重点的に
勉強しなおしてとできていると思います。


一学期はさらにそこから、テスト形式で50分で大体50~60問、50~60単語を、
解き切る、書き切るということをしてみて下さい。


それを何度もやり、テストの予行練習をしておくと、万全の体制でテストに臨めます。


百点満点をとる方は、さらにノートの一言一句、宿題に出された問題全てを、
『完璧に』覚えて、書き出せるようにして、教科書の隅に書いてあるようなことでも
チェックしておくぐらいしておきましょう。


先日も書きましたが、このように、『やりすぎたかな』と思うくらいやって、
時間をかけて、そこから学校・先生に合わせて、傾向を読み、
“無駄”を省いて、『効率良く』勉強するのが、『効率的』です。


後々、受験勉強などをやれば、わかると思いますが、学校の定期テストは、
狭い範囲の中で、先生が詳細に“答え”あるいは“ヒント”を事前に教えてくれて、
それをそのまま、あるいは、少しひねった程度の問題ばかりで、
受験に比べれば、高得点はもちろん、百点だって取れただろうと思うことでしょう。


しかし、多くの方は、それを『後になって』わかることになります。


受験経験のある兄弟の方がいれば、聞いてみれば良いと思います。


おそらく全員と言っても過言ではないでしょう。


学校の定期テスト“ごとき”、模試以下、受験勉強、入試に比べれば、
月とすっぽんと言われると思います。


それくらい、“きちんと”勉強すれば、“きちんと”評価してもらえるのが、
学校の定期テストです。


そのことを早め早めに知り、気づき、一回一回の定期テストに全力を出せるように、
しておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-05-24 13:29 | その他 | Trackback | Comments(0)

一か月間のツケ

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

4月始まったばかりの授業から一カ月経ったわけですが、おそらく当時、
なんだこの程度か、簡単簡単、余裕余裕と思っていたと思います。


いかがでしょうか、一カ月経って。


テスト前を迎えて、その簡単が、その余裕が、どうなっていますか。


まだまだ、よく読めば“わかる”、あるいは“理解できないことはない”“わからないことはない”、
ヒントを言ってもらえれば“解けないことはない”でしょうか。


それで、大丈夫、テスト前、ちょっと『確認すればいい』程度で、
この中間テストを“やり過ごす”つもりであれば、その認識は甘いです。


おそらく、その代償としての点数、成績を渡されることになるでしょう。


先日もうるさく書きましたが、一回一回の定期テスト、成績が『記録』され、
その『積み重ね』で、進級・進学が決まる私立校・中高一貫校において、
そういった危機感の無さは『断罪』されることになります。


絶対評価の単位認定制ですので、どんな理由や言い訳があろうが、
一度つけられた評価は、単位は、変わることがありません。


そのツケは、たかだか一か月分の授業や習う内容以上に、
大きなツケとなって、進級・進学に関わってくることになります。


少なくとも、この中間テストでも、そのツケの重さを感じられると思いますが、
それを続けていけばいくほど、『不利』になるということに気づけなければ、
もう私立校・中高一貫校ではやっていくことが難しいと思います。


後々になって気づいたとしても、それまでに『記録』を『積み重ねて』しまっており、
そのツケを、挽回できるほどの『機会』があるかどうかとなります。


最悪、最終的に、他校転校、他校受験、留学などを視野に入れての覚悟があるのであれば、
そんなことを気にする必要はありませんが、ほとんどの方が、『記録』をつけてしまってから、
追い込まれてしまってから、泣きつくように、『どうにかしなければ』『どうにかしてほしい』と
嘆かれることになります。


学校・先生はもちろん、有名な塾や講師の方でも、
この『私立校・中高一貫校での進級・進学』に関しましては、
『記録』されてしまっている以上、お手上げとなります。


なんでそうなる前に対応しなかったんですか、わからなかったのですかと
慰めるしかありません。


そうなると、今後の対策はもう通っている私立校・中高一貫校での進級・進学ではなく、
それを諦めた上で、その先をどうするかの問題になってきます。


新学年が始まって、たかだか一カ月ちょっとではありますが、その傾向が見られる方は、
生活を全て見直すくらいの気持ちでいないと、今学年の『記録』は散々なものとなるでしょう。


前学年からその生活を見直さずに、さらに今学年も『同じ生活』を続けている方は、
今学年で、『決まって』しまうことでしょう。


最近は、本当に、学業面、学力面での進級・進学ができない方が目立ってきています。


勉強だけが青春じゃない、学校で学ぶことではないとは言いますが、
何度も書きますように、一回一回の定期テストの点数、各学期の成績の『記録』で、
進級・進学、進路が決まる私立校・中高一貫校において、『そんな詭弁や理想論』ではなく、
『記録』された『結果』=証拠で、進級・進学の合否が決定します。


ですから、一回一回の定期テストの点数、各学期の成績の『記録』は
かなりシビアに受け止めないと、その記録に、その結果に、圧し潰されることになります。


うるさく脅しているように思われますが、『普通』に授業を聞いて、『普通』に勉強して、
『普通』に宿題をやって、『普通』にテストで平均点近くを取って、あるいは赤点を取らないで、
『普通』に成績を取れているのであれば、進級・進学要綱に引っかかるようなことはありません。


その『普通』ができなくなっているにも関わらず、『普通』をやれないにも関わらず、
『皆と同じような点数・成績を取れない、取っていない』にも関わらず、
『皆と同じように青春を謳歌させろ、進級・進学させろ』と権利主張しても、
その主張は通らないということです。


ごくごく一部の方の話のように感じられるかもしれませんが、
その考え、志向性、傾向に関しては、多くの方がその言動、態度、姿勢で
示されていることが多いです。


もちろん、通っている私立校・中高一貫校の進級・進学だけが人生の『選択肢』ではありませんので、
『勉強だけが全てではない』と思われる方が、別の選択肢を選ばれるのも『間違い』ではありません。


しかしながら、先ほども書きました通り“私立校・中高一貫校”における
『進級・進学』においては、その合否の決定は『全て』、
学校でのテストの点数、成績=勉強の結果で決まるものだということは忘れないで下さい。


厳しい説教のように感じられるかもしれませんが、結果が出ていない今なら、
可能性(=時間)がある今なら、まだ、取り戻せる、引き戻せるので、早め早めに気づいておくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-05-23 13:23 | その他 | Trackback | Comments(0)