<   2017年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

休み明けテストは、二学期中間テストはいつ?

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

先週末書きましたように、二学期以降の学校・先生の計画や予定を確認し、
自分自身の計画や予定を立てた人にとっては、愚問かもしれませんが、
念のため、それが出来た方も、もう一度、休み明けテストがいつなのか、
そして、二学期中間テストはいつなのか、確認してください。


二学期中間テストに関しましては、各学校、各学年でバラバラなので、
一概には言えませんが、早い方だと来月の今頃からテスト一週間前、
10日前となっていると思います。


10月の始まり1日は日曜ですので、翌日の週からテストが始まる方もいると思います。


そうなった時、休み明けテストを受ける時には、二学期中間テスト一カ月前を
切っている可能性があります。


この期間の短さは、一学期中間テストから期末テスト並みだと思いますが、
それが、二学期始業間もなくのドタバタと、部活動が活発になってくる秋と、
重なることになります。


塾でもこの時期、授業日程の相談をさせて頂きますが、ほとんどの方が、
9月上旬は始業間もなくのため、そして下旬は部活動の大会が近い、
あるいは学校行事などで忙しいとなり、塾に来れなくなることが多いです。


塾に来れなくなること自体は、『わからない』ところがないのであれば、
『授業が進んでいない』のであれば、さほど問題ないことではありますが、
“勉強そのもの”も『お休み』されると、ここから加速的に点数・成績を下げることはもちろん、
『学力』も落すことになるでしょう。


特に今年度は授業の進度が速いですが、この二学期は学校行事などが多いため、
一回一回の授業が一学期を凌駕する勢いで、進むことが予想されます。


そうなると、勉強から『遠ざかって』いた分だけ、反比例的に点数・成績を下げて、
さらには、学力、修学は追い付かなくなり、遅れた分だけ、
こちらは比例的に、未来・将来の苦労を増加させることになるでしょう。


当塾でも、様子見ではありませんが、今年度に限り、
中学3年生と高校2年生の二学期からの新規入塾は、
基本的にお断りするよう考えております。


どちらも、『今更』、部活動などの合間に、片手間で効率良くやってで、
点数・成績が取れる状況・状態ではありません。


今までの成績やテストの点数等を加味しても、専門塾だとしても、
今年度は対応がかなり難しいと判断しております。


気休め程度になるかもしれませんが、それでもカバーできる範囲・時間が
足りないと思われます。


私立校・中高一貫校生を専門にしてきて、言い方が悪いですが、
“塾に来なければならない”=点数・成績に問題がある、進級・進学が危うい、
多くの方を見てきての結論ではありますが、この時期までに学校生活や私生活を
見直して、劇的に変えて、勉強に集中しない限り、
中学3年生と高校2年生が二学期からの挽回、つまり進学・進級するのは、
“物理的”に、“時間的”に、難しいことでしょう。


限られた時間を効率良くやれば出来ると、希望に溢れる宣伝文句を言えれば
良いのですが、それほどまでに、進級・進学の基準が明確な私立校・中高一貫校で
点数・成績を落してしまったこと、そして昨今の学力低下、文武両道による時間の奪い合いは、
深刻化していると思います。


あわよくば、通っている学校で進級・進学できればいい、もうほとんど他校受験を
視野に入れているというのであれば、個人塾や専門塾などではなく、
大手の塾や予備校などを選ばれるほうが宜しいでしょう。


そういった塾では、様々な進路の相談もでき、さらには現状の本当の自分の学力を確認でき、
現実的な将来・未来を考えさせてもらえると思います。


家庭教師の場合、そういった相談ができないと思われますが、
その先のことを見据えて、つまり他校に行く、通っている学校で進学できないことになっても、
勉強を続けていけるようにする、授業、修学に追いつけるようにするためであれば、
この時期から、腰をすえて、じっくり検討するのも良いと思います。


ただし、どちらにしても、もう通っている学校での進級・進学は、
ほぼ諦めることを前提に、あくまでも“あわよくば”の気持ちでなければ、
うまくいかなかった時、恨み節となると思われます。


休み明けのテスト、二学期中間テストまでの『期間』=『物理的な“時間数”』が、
分かれば、このことは大げさに言っているとは思えないと思います。


特に数学・英語などは、今年度一学期だけでも数十時間かけて、授業でやってきたことを、
取り戻した上でなければ、その知識・法則・方式などを使って、さらに発展していく分野・範囲を、
やるわけですから、一学期の復習から、二学期の予習はもちろん、テストにおいて、
『高得点』を取る勉強、演習をすることを考えると、100時間あっても、間に合うかどうかです。


時間は刻々と過ぎていますが、残り時間の内、それだけの時間を、
勉強にかけれる環境・状況を作れているか、よく考えて、見直されることを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-08-22 12:19 | その他 | Trackback | Comments(0)

今週で宿題を終わらせる

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

あくまでも宿題が終わって“いない”方向けの最終宣告のようなものですが、
来週ともなるとただただ嫌味にしかならないことでしょう。


今週を終え、来週ともなると、週末には9月を迎えることになります。


そして、早い学校だと、もう始業となり、早速休み明けのテストを
受けることになるでしょう。


そうなると、来週はそのテストに向けての勉強を始めていないと、
間に合わなくなります。


一学期に、点数・成績に何の問題もなかったのであれば、
そこまで恐れる必要はありませんが、一学期で点数・成績を落している方は、
今年度は本当に、この休み明けのテストの結果次第で、進学できないことが
決まる可能性があります。


というよりも、そういう方は、すでに一学期の時点で、“他校”の受験進学を
視野に入れるように言われていると思います。


普段の言動、態度、姿勢、そして、学力の結果をよく知っている人、
つまり担任の先生から、“そう”言われているのであれば、
それはほぼ最終宣告のようなものとなります。


仮にその言葉を無視して、通っている学校でギリギリ進学できたとしても、
抜け落とした知識のままで、高校・大学へと進学しても、
おそらく長くは続かないでしょう。


今までは学校・先生側とすれば、“そう”いった生徒を『飼い殺し』することにも
メリットがあったので、最後まで頑張れと応援できたと思いますが、
今後は、2020年前に施行される、『高校基礎学力テスト』のことを考慮すると、
著しく学校の偏差値、レベルを下げかねない方を、進学させていいものかと、
話し合われた結果、各学校・先生で様々な方針と取られると予想できます。


まだまだ方針を決めかねている学校・先生もいるとは思いますが、
この『高校基礎学力テスト』を軽んじて考えている教育関係者はいないでしょう。


点数・成績によっては、より高いレベルの大学への進路の道が開けたり、
受験でも有利にすることができることが予想できますので、
これをないがしろにするような学校・先生、教育関係者はいないと思います。


しかしながら、私立校・中高一貫校においても、こういったテストはおろか、
普段の学校の定期テストですら、軽んじ、ないがしろにする方が、残念ながら、
親御さん、ご家庭にも多いです。


テストが増える分、(進級・進学の基準値を上げる)機会が増えて、
良いじゃないかと思われているのかもしれませんが、
テストが増えるということは『審査』が増えることであり、
機会が増えるということは、一回一回の点数の評価が『平均的に見ると』下がることになります。


つまり、今まで5回のテストがあったとしたら、1回百点を取ると、
その百点は成績点(平均点)を、5分割で割り振られて、年間を通しての、
学年平均の成績点が20点分取れたとなりますが、6回7回とテストが増えると、
その百点は、6分割、7分割されることになりますので、成績点は、16点17点、
さらには14点15点となることになります。


そうすると、毎回赤点近くをいったりきたりをしている方は、
テストを重ねるごとに、進級・進学の条件が厳しくなり、
最後には百点近くの点数を取らないと進級・進学できない計算になります。


そして、一回二回の失敗が大きく影響してきて、三回目四回目のテストにおいて、
その挽回ができないと、その時点で、進級・進学の基準を満たすことが、
残りのテストで毎回百点を取っても、物理的に、数値的に、不可能ということが
増えてくることになります。


実際には“より”複雑な計算となって、密に数字が出されることになりますが、
今後は、今までのように、単純な計算、つまり、『今回』20・30点だったけど、
『次回』80点・70点ぐらい取れば、今回の失敗はチャラとなるというものでは
なくなることになります。


その一回の失敗の挽回をした後も、平均点・基準点の点数を
“取り続けなければならない”ことになり、一回失敗したことに対して、
一回で挽回したことになるとは限らないことになります。


当然ですが、教科によって、あるいは単元によっては、そんな単純計算で、
テストの点数を操作できるほど、簡単なものではないでしょうし、
一点でも見誤ることによって、それが6倍・7倍分もの失敗と成り得ることになります。


そういったことまで考えられる方は皆無だと思いますが、
学校の定期テストの点数、成績によって、進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校生は、今後このことをよく考えておかないと、
積み重なった失敗は『決して』取り戻せない、1点・2点として、
泣くことになるでしょう。


そもそもの話ではありますが、私立校・中高一貫校生の場合、
学校の定期テストで、今までの自分よりも頑張ったとしても、
なかなか『80点』の壁を超えることができません。


ましてや、散々サボりにサボった方が、部活動など、勉強以外のことの、
『片手間』で勉強したところで、今まで抜け落としてきた知識・学力を取り戻し、
さらには、次のテストで『80点』を取るともなると、
かなりの『時間』と『演習』を要します。


それでも、効率良くやれば、やる気になればという願望で、
甘く見積もられる方が多いです。


もちろん、その可能性を絶対的に否定できるものではありませんが、
昨今の、私立校・中高一貫校生の状況・状態を見ていると、
かなり厳しいものであることは言えるでしょう。


最近変わってきているのは、『それでも尚』、勉強以外のことをやらせる、
あるいは、お子さん任せにする、親御さん、ご家庭が増えてきていることです。


学校の勉強だけが、青春ではない、人生ではないというお考えなどでしょうが、
連日うるさく書いてきているように、『普通』に進級・進学していくことが
青春、人生と言わんばかりに、多くの友人・知人が、
『本来なら自分も行けた』進路、青春、人生を歩んでいることに関して、
何も感じない方はいないと思います。


仕方なかった、自分には通っている学校が合わなかった、
元々その学校に通うのに無理があったで、納得できれば良いのですが、
そこから派生して、元々自分が望んで入った学校で無かった、
もっと早くに気付いて、勉強にシフトしていれば良かったとなっていった場合、
親御さん、ご家庭への批判・避難の気持ちを持ち始めてもおかしくないと思います。


うるさい説教に感じられるかもしれませんが、昨今の私立校・中高一貫校の
進級・進学の問題は、この危険性を潜ませています。


これが大きな問題に発展しないことを祈りますが、
今後はより厳しくなることを考えると、この問題は一気に明るみに出ることに
なると思います。


私立校・中高一貫校に入学できたから、もう安泰、もう安心ではありません。


そこからがスタートであり、進級・進学できるできないのカウントダウンが
始まることになります。


少しでも気を抜いて、一回二回ぐらいの失敗を軽んじて、ないがしろにして、
その失敗を三回、四回と積み重ねてしまうと、もう後戻りできなくなる状況・状態にまで
追い込まれることになります。


話が大分脱線しましたが、そんな不吉な未来・将来になる分岐点が、
二学期前のこの夏休みとなります。


一学期二回のテストで、失敗している方は、この夏休み明けのテストにおいて、
三回目の失敗を許されません。


さらに、四回、五回と、『普通に頑張った』程度では、
二回の失敗をカバーできるかどうか、わかりません。


そのことを考え、来週、休み明けのテストの勉強をすることを考えると、
少なくとも今週中には、宿題を終えていることが最低条件となります。


すでに不吉な、不幸な分岐点へと差し掛かってきていることに
危機感を持って、やられることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-08-21 12:14 | その他 | Trackback | Comments(0)

残り10日

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

日数や時間は残酷ですが、必ずやってくるタイムリミットとして、
絶対的な存在となります。


8月も残り10日、正確には10日と十数時間というところでしょうか。


それで、8月が終わり9月を迎えることになります。


残り約250時間です。


睡眠時間を1/3とすれば、残りは約170時間ほど。


宿題を終わらせている方は、有り余る時間のように感じられるかもしれませんが、
終わっていない方にとっては、あと『何時間』かけて、宿題を行うのでしょうか。


仮に、見開き1ページ、ページ数で言えば、2ページ分を1時間かかったとしたら、
残り時間全てを懸けることができれば340ページ分行うことができます。


ですが、それは現実的ではありませんので、残り時間の約1/3、50時間ほどかけたと
仮定しましょう。


そうすると、約100ページできることになります。


しかし、先月からうるさく書いておりますが、今年度から授業の進度が速くなり、
範囲も広くなり、この夏休みの宿題も、それなりの量、範囲となっていることが
予想できます。


数学などの演習を重視する宿題は軽く50~60ページあり、
英語でも10~20ページ、理科・社会合わせて10~20ページ、
国語は20~30ページだったとしたら、50時間でも足りないでしょう。


全く宿題をやっていなかったわけではない、少しはやった、ギリギリ間に合うと、
言う方は、先ほど、軽く書かせて頂きましたが、50時間という時間は、
10日間で割ると、一日5時間という時間になります。


それだけの時間、本当にやりますか。


逆にそれだけの時間をやるとなれば、ダラダラとやることになり、
効率が悪くなって、もっと時間をかけなければならないことになると思いますが、
いかがでしょうか。


残り時間と宿題の残りのページ数、そして1ページやるのにかかる時間等を、
よく考えて、もう一度、計画や宿題に対しての自分のやり方、時間のかけ方を、
見直しておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-08-20 12:04 | その他 | Trackback | Comments(0)

夏休み残りの計画を見直す

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

昨日は、二学期からの挽回計画でしたが、今日は、残りの夏休みの計画を
立ててみて下さい。


昨日の計画が時間がかかっているようであれば、一旦手を止めて、
こちらを見直すようにして下さい。


二学期からの挽回計画は、親御さん、ご家庭も含めて、
じっくり時間をかけたほうが宜しいので、
こちらの計画をするために、手短にすることのないようにして下さい。


さて、夏休みも残り十数日となりました。


もうほとんど残り少なくなってきたともいえますが、
今更計画を“見直して”も意味ないと思われることでしょう。


しかし、宿題が終わっていない方を除けば、その計画のほとんどが、
休み明けのテストに向けて、何となく頑張るになっていませんでしょうか。


部活動の予定も把握しておらず、部活動があったその日に、次の部活動の予定だけを聞いて、
その繰り返しで、何となく過ごしていませんか。


せっかく丸々一日休みになることがわかっても、それが前日にわかったのでは、
計画・予定はもちろんのこと、その日の行動も、次の日の行動も、なぁなぁに
なってしまうと思います。


部活動などの予定をきちんと把握して、空いている日、時間に、
何をやるのか、きちんと計画・予定を立ててみて下さい。


そして、せっかくの夏休みですので、どうか『遊び』の予定・計画も立ててみて下さい。


こう書かれると驚かれるかもしれませんが、計画・予定は何も『勉強』だけに限って、
することだけではありません。


遊びもそうですが、夢や将来・未来においてだって、計画や予定を立てることは
大事ですし、何よりも、そちらの計画や予定を立てるのが上手くできるのであれば、
人生をより豊かにできるものとなるでしょう。


ただし、これは『宿題が終わっている』方のみの話です。


宿題が終わっていないのであれば、まず、その宿題をいつまでに終わらせるのか、
その上で、その後に余裕があれば、“仮に”どうするのかを考えて下さい。


『仮に』と書いたのは、計画や予定を立てても、宿題が終わることがなかったことは、
この夏休みでも一度や二度ではないでしょう。


ですから、『仮に』しておかないと、終わらなかった時、再度計画・予定を見直した時に、
『時間』がないということになってしまいます。


そして、あくまでも『仮』の遊びの計画・予定なのですから、
決して友人知人と『約束』をすることのないようにして下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-08-19 12:13 | その他 | Trackback | Comments(0)

二学期からの挽回計画

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

お盆明け、少なくともこの時期から、二学期からの挽回のための計画を
立てておくことをオススメします。


このような計画はよく、『なってから』考える人が多いです。


やるという方でも、直前にならないと、様々なことが決まらないので、
計画・予定が立てられない、むしろあえて立てないという方も多いですが、
学生時代は、計画・予定が立てやすいようになっています。


親御さんに聞いてみれば、よくわかると思いますが、
学生時代ほど、計画・予定が立てやすいものはないと断言できるでしょう。


なぜなら、学校行事は決まっていて、授業で習うことなどは事前にシラバス・カリキュラムも
もらっていて、順序立てて、体系的になっている、こんなことは社会に出たら、
よほどのことが無い限りありません。


それも、ほぼ100%その通りに、何の邪魔もなく、確実に行われることなど、
皆無といってもいいでしょう。


にもかかわらず、これは多くの親御さんも含めてでしょうが、
学生の内は、なかなか計画・予定が立てられず、その日暮らしで過ごしてしまうと思います。


その原因の多くは、そうやって、わざわざ学校・先生が計画・予定してくれた『もの』を、
無視して、読みもせず、『言われなければ』気付かないで、『言ってくれなければ』わからないと、
駄々をこね続けた結果、計画や予定が立てられず、言い方が悪いですが、
自分の思い描く夢や将来・未来を切り開けないことが多くなったのでしょう。


失礼ながら、多くの諸先輩に聞いてみても、胸に、耳にと痛い話だと思いますが、
それを続けている限りは計画・予定は立てられないことでしょう。


そこでまず、この計画・予定を立てるために、現状の自分をもう一度よく“確認”してみて下さい。


現状の自分と書くと、抽象的な、自分の思いだとか願望になってしまうかと思いますが、
ここでいう、現状の自分とは、『記録』された『データ』としての自分を把握して下さい。


まず、あなたはどこの学校の何年生の何組でしょう。


馬鹿にするなと思われますが、では、さらに、その学校でその学年で、その組で、
今、自分はどの順位、位置にいますか。


さらに、そもそもその学校は偏差値いくつで、その学校からどういった進学先があるのか
知っていますか?


そこまで知っての、例えば、東大何人合格偏差値●●どこそこ学校の何年、何組、
成績は、順位は何番と、言えますか。


こうやって書かれると、そんな付随される情報は、『自分』ではないと思われるかもしれませんが、
それが他人から見た『あなた』だということの第一の証明書となることを自覚して下さい。


学歴社会が否定されてはおりますが、まだまだ、というよりは、むしろ今後はよりひどく、
日本では学歴偏重となっていくことが予想されます。


そうなった時、自分の所属したコミュニティのことを知らないことは、
マイナスとなる可能性があります。


そこで改めて一度、『記録』された『データ』としての自分を再認識してみて下さい。


さらに時間があれば、その学校からどういった卒業生を出しているのか、
その学校はどういった経緯で建てられたのかなど知っていると良いと思います。


さて、そうして、『自分』を知ったら、今度は、その学校に入ってからの『自分』を、
知って下さい。


こちらももちろん、『記録』された『データ』としての自分です。


つまり、テストの点数、成績、現時点での進学・進級の基準・点数などです。


それらが、学校が登録している『自分』となります。


どんな性格で、誰々と友人知人で、どんなことにハマッている、
どんな趣味など持っているなど、『登録』されておりません。


皆さんにとっては、その『自分』を評価されているかのように、
あたかも点数・成績がつけられているように感じられるかもしれませんが、
その『あなた』はそもそも登録すらされていないのですから、
学校・先生からすれば、審査も評価すらもしていないことになります。


純粋に、テストの点数、成績しか見ていないとわかれば、
そのことで、その『程度』のことで、『自分』を決めつけられることなど
馬鹿馬鹿しく思えるでしょう。


そして、その登録されている『自分』を変えるのに、
“たかだか”学校の勉強“ごとき”のことを頑張れば済むとわかれば、
どうでしょう、性格や生き方まで変えなければならないわけではないとわかるでしょう。


そこで、やっと現状の(学校・先生に)“登録”されている『自分』に気づければ、
後はそれをどうやって、進級・進学できる『自分』にするかの問題になってきます。


一見すると、こんなことは今後の計画に何の役に立つのかと思われるかもしれませんが、
今現状、自分がどう思われる=登録されているかをしれば、後はその記録を、データを、
どうしていくかの問題になりますから、より具体的な、今後の計画を立てられると思います。


次に、学校行事のスケジュール・予定表と授業内容のシラバス・カリキュラムの確認を
して下さい。


これによって、これから起こり得る、かなり可能性の高いといいますか、
ほぼ確実にそうなる未来を予想することができます。


学校行事はよほどのこと、つまりは異常気象や事故などによって、延期になる以外は、
まず間違いなく、その日程通り行われます。


その前後の計画や予定はかなり立てやすいものとなるでしょう。


定期テストなどはもちろんのこと、漢検や英検などの試験、先生によっては、
小テストの日程なども事前に教えてくれていたりしますので、
そういった予定・計画を網羅して、別途一覧にしてみて下さい。


最後にこれが大問題となるのでしょうが、部活動や自分の趣味、例えば、ゲームの発売日など、
予定は未定となっていることが多かったり、予想できないものだったりするものもあるでしょう。


そういったものを一番簡単に予定・計画することができるのは、きっぱり『辞める』ことですが、
これは大人でも難しいことですから、調べられる範囲で調べることができたら、
後は想定して、1日ないしは2日ほど、余裕を持てるように、『何も予定・計画しない日』を
用意しておけばいいと思います。


ただ、先日も書きましたが、2年次においては、そういったことを『辞める』辞めないの決断を
せざるをえない状況・状態になっている可能性があります。


そのことをもう一度よく考えて、今後の計画・予定を立てておくことをオススメします。


そして、これは親御さん、ご家庭にも言えることであり、最悪のことを考えて、
1年後、2年後と、お子さんを通わせている私立校・中高一貫校で、
進級・進学できなかった場合、またその見極めをどのタイミングで行うのか、
計画・予定しておかないと、『なってみてからわかった』で、全てが後手後手で、
事前に知っていれば、より良い道があったのに、もう追い込まれて、そこしか道がないとなって、
お子さんを振り回すことになります。


親御さん、ご家庭からすれば、むしろお子さんに振り回されているように感じられるかもしれませんが、
それは違います。


お子さん自身が、その私立校・中高一貫校に確固たる意志で、通わせてほしい、
受験させてほしいと言って、入学したのであれば、別ですが、そうでない限り、
それは、親御さん、ご家庭が、良く言えばお子さんを導いた、
悪く言えば過干渉、介入して、お子さんの人生を狂わせたわけですから、
全く責任がないという態度、姿勢を取るのはあまりにも無責任に思われます。


私立校・中高一貫校に通わせた以上は、少なくともその学校での進級・進学の条件は、
いつ、どのタイミングで、何をどうするのかくらいは決めておく、あるいはお子さん、ご両親で
話し合う機会を持たないと、遺恨を残すことになります。


そうならないためにも、親御さん、ご家庭が率先して、そういった確認を、
計画予定をする『模範』を示すことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-08-18 12:41 | その他 | Trackback | Comments(0)

8月の夏休み残り2週間

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

人によっては、まだ9月にロスタイムがあるかもしれませんが、
『8月の夏休み』は、残り2週間となりました。


正確には2週間と十数時間ではありますが、
この時点で、宿題を“やり始める”方、あるいは、“残っている”方は、
もう二学期において、かなり遅れを取っていると思われたほうがいいでしょう。


そうやって、溜め込んでいく姿勢は、今年度以降の二学期において、
通用しなくなると思います。


授業の進度もそうですが、内容も難しく、量も増えてきた、
今後は(勉強も含めて)『出来る』方に合わせて、進めていくとなると、
やらない方はもちろんのこと、なかなか出来ない方も含めて、
ふるいにかけてくるようになってくることでしょう。


そうなった時、この二学期の点数、成績はもちろんのこと、
ここで修学、習得しておかなければならない『学力』を取りこぼすと、
他校受験となった時にも対応できなくなります。


昨日書いたように、特に2年生はそのことを考えておかないと、
通っている学校の進学問題だけでなく、その後の進路、人生も
劇的に変わるということになります。


勉強だけが、通っている学校で進学することだけが、人生ではありませんが、
勉強しなかった、進学できなかったという『事実』『結果』は、
その後の人生に大きく関わることになります。


少なくとも、勉強しておけば、通っている学校で進学しておけばの選択肢を
失うことは確かです。


そして、これもよく書いていることではありますが、
私立校・中高一貫校の場合、多くの友人知人、それこそ一緒になってバカをやった友人や、
自分より頭の悪いように思えていた知人ですら、多くの方が“普通”に高校・大学と進学していき、
学生時代を謳歌して、さらにはその先に進んでいくことになります。


その、『自分も同じように歩んでいたかもしれない道』を、その『理想像に思える“自分”』を
多くの友人知人から『見せつけられる』『思い知らされる』ことになります。


他の学校であれば、様々な進路に進まれることが多く、高校・大学と進学される場合でも、
その進学先は様々で、全員がばらばらな道を進むため、そのようなことを思うことはないでしょう。


しかし、私立校・中高一貫校の場合、“数多くの友人知人”が、同じような進路を取り、
中高時代と変わらぬように面白おかしく過ごしている話題が飛び交うことになります。


その時、疎外感とまではいいませんが、『自分だけが』の気持ちは強く思われることでしょう。


連日うるさい説教に感じられるかもしれませんが、各学期各定期テストごとの点数・成績で、
進級・進学が決まる私立校・中高一貫校において、『あの時』やっていればのタイミングが、
明確にわかるために、『あの時』の分岐点を強く感じることになります。


その『あの時』が、『今』、あるいは『●年次●学期の中間・期末テスト』とならないことを
祈ります。


私立校・中高一貫校での進学が決まるまでの学期は8回、定期テストは14~16回となります。


『前回』が何回目なのか、そして『次回』が何回目となるのか、よく考えて、
それが未来から見た『あの時』にならないようにしておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-08-17 12:02 | その他 | Trackback | Comments(0)

8月後半戦

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

昨日、今日で8月も半分が過ぎ、後半を迎えることになります。


前半の8月第一週は、まだまだ7月の名残りがあり、
先週末からはお盆休みで、前半もなかなか捗らなかったかもしれませんが、
後半の明日からは、お盆休みも明けて、残り2週間、休み明けテストに向けて、
二学期に向けて、意識を持てると思います。


それでも多くの方が、今週、来週までお盆休みを引きずって、
あるいは、部活動などが再開となり、忙しくなって、
勉強“だけ”はやる気になれないと嘆かれることが多いです。


毎年、そうなることがわかっている方は、“そうなる”前に、対応するのですが、
皮肉なことに、出来ない方ほど、『なってみてわかった』で、毎年“同じ”ことを
繰り返すことになります。


各学年、各学期の定期テストの点数、成績によって、進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校の場合、これを“何度も”繰り返せるわけではありません。


それこそ、それを『積み重ねた』罪に対しての重い罰が与えられるように
なっています。


受験進学校ならば、最後の最後、入試一発で逆転ということもできますが、
私立校・中高一貫校の場合、それがありません。


真綿で徐々に首を絞められていくことになります。


そうなると、どのタイミングで、“気付く”かというのが問題になってきます。


大体の目安となりますが、『進学』のできるできないは、3年次1学期になる前に、
『進級』のできるできないは、各学年の2学期中間テストを終えた時点で、
そして、これが最も難しいのですが、『学力』がついていけているかどうかは、
2年次2学期になる前に、“わかって”いないと、かなり厳しい状況にまで
追い込まれることになります。


今年度以降、さらに授業の進度、学習内容が厳しくなっていくことを予想すると、
上記に挙げたタイミングがイコール進級・進学できるできない、
学力が通っている学校についていけるいけないまでの判断材料になると思われます。


基本的に当塾では、2年次2学期が終わってからの問い合わせに関しては、
成績と学力次第ではありますが、最悪、他校受験となってしまうことを視野に入れ、
『受験進学』にも対応できる大手塾、予備校や家庭教師を強く勧めております。


それほどまでに、2年次2学期までに『積み重ねて』しまった『成績』と、
『抜け落として』しまった『学力』を問題視しております。


その時点で、主要教科に不合格や1といった成績を残すことは、
通っている学校のレベルや教科などにもよりますが、
進学に不安材料を残すこととなり、学力的にも、
ついていけなくなる可能性が高くなります。


それが、記録される『結果』、点数・成績によって、進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校の怖さですが、その前段階での決断次第で、
進路はおろか、人生までも決めかねないことになります。


そのことを、お子さん本人が気付ければ、最も良いのですが、
最悪なことに、親御さん、ご家庭ですらも、気付かずに過ごしてしまうと、
後はいばらの道を歩むことになります。


中学高校ともに、2年次2学期からは、授業で習っていることも難しくなりますし、
部活動などではレギュラーになり、学校行事も盛んになってくることを、
考えますと、あれもこれもどれもと欲張れば欲張るほどに、
進学の道は遠ざかっていくことでしょう。


実際に、塾での少ない統計ではありますが、2年次に成績を落したにも関わらず、
部活動を続けた結果、3年次1学期、あるいは2学期中間テストを終えた時点で、
進学できないことが決まり、受験にも対応が遅れ、最悪卒業だけはさせてもらうという
結果になることが多いです。


学力的な遅れを2年次2学期になる前、つまり1学期、夏休みの間までには、
気付かないと、通っている学校での進級・進学の問題から、
受験するにあたっての基礎学力が身についているかどうか、
身につけられるかどうかの問題になります。


そういう方の多くは、親御さん、ご家庭も含めて、
おそらく、『青春時代の“思い出”』として、部活動などは辞めずに続け、
週に数時間の塾に行って、免罪符のように『勉強した』気になって、
結局、受験対策を行うのにも遅れに遅れ、失敗することが多いです。


受験のある学校でも同じことが起こるだろうと思われるかもしれませんが、
元々受験があることを意識している方と、
あわよくば進級・進学できたらいいなという意識の方とでは、
勉強に対する時間の使い方、メリハリが雲泥の差となります。


そのため、私立校・中高一貫校において、2年次2学期までに、
落ちるに落ちた方は、通っている学校での進級・進学はもちろんのこと、
受験勉強においても、挽回が難しいことになります。


さらに、これはよく書いてきていることではありますが、
他校を受験することになった時、私立校・中高一貫校の環境・状況は、
最も最悪な環境・状況となります。


周りの友人知人は早々と進学できることが決まり、
『今まで通り』の学校生活を続けるため、ふざける、サボるはもちろん、
それこそ、学校に遊びに来る感覚で、毎日をおもしろおかしく過ごすようになります。


そんな中、受験に向けて勉強しなければならないわけですから、
普通の受験生よりも、精神的にも苦しむことになるでしょう。


うるさく騒ぐ友人知人の中で、“自分だけ”が進学できないわけですから、
その苦痛は計り知れません。


長い説教となってしまいましたが、そんなことにならないためにも、
よくよく考えて、早めに“気付いて”、対応・決断しておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-08-16 13:30 | その他 | Trackback | Comments(0)

8月も半分が過ぎる

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

お盆休み中かもしれませんが、この8月も半分が過ぎようとしています。


お盆休み明けには残り2週間となり、来週には残り10日間と、
時間は刻々と差し迫ってきています。


いかがだったでしょうか、7月下旬、8月上旬、そして半分と過ぎて、
計画・予定通りになっていますでしょうか。


おそらく部活動などの『強制参加』のものは、体調などを崩さない限り、
計画・予定通りになっていると思います。


では、宿題や勉強のほうは、いかがでしょうか。


こちらはそれこそ『自由参加』のようなもので、誰からも強制されることなく、
また、誰に言われようとも、自分がやらない限りは、決して進むことのないものとなります。


これに似ているものがあります。


皆さんが思い描いている夢や将来・未来です。


それはさらに、教科書や宿題など、目に見える教材はなく、
教えてくれる先生も、または学校すらもないかもしれません。


そして、自分自身がやろうとしない限り、誰も予定も計画も立ててくれず、
何一つ進むことなく、ただただ日々が過ぎ去っていくことになります。


失礼ながら、受験という逆境や苦境知らずの私立校・中高一貫校生の場合、
その傾向が強くなって、本当に学生時代に自分で何もできないとなると、
大学はもちろんのこと、社会に出てからも、苦労されることでしょう。


もしかしたら、社会に出ることそのものに苦労して、
そのまま何も出来ずに過ごす日々をただ過ごしてしまうかもしれません。


この夏休みでも、そのことはよくわかると思いますが、人生は生きている限り、
『強制』されることが多いですが、自分のやりたいことなどはほとんど『自由参加』となりますので、
『強制された』ことに、疲れて、時間を奪われて、『自由参加』の夢や将来・未来に関することが、
出来ないほうが恐ろしいと意識することをオススメします。


そのもっともわかりやすいのが、『勉強』なのですが、学生の場合、
これを『強制』と勘違いされることが多いです。


特に、その結果によって進級・進学が決まる私立校・中高一貫校においては、
未来・将来を得るために『強制』されていると錯覚されることが多いでしょう。


だからこそ、“勉強する”ことに反発して、拒否されるのかもしれませんが、
そうやって、反発や拒否ができていること自体が、もうすでに『自由参加』に
なっています。


この『自由参加』は、『自己責任』が重いというだけであって、
反発や拒否出来ている以上は、自分の意思が最も“尊重”されているものとも言えます。


部活動だけをやり玉にするのはどうかと思いますが、部活動を例に取れば、
一見すると『自由参加』のように思えて、やっている内容は『強制参加』になっています。


練習メニューや部活動をやる日程に関して、自分たちが自由にできるものは、
何一つ無いのではないでしょうか。


でも、自分の好きなこと、楽しいと思えることを、自分の意思で『参加』しているために、
『自由参加』のように感じられているのではありませんか。


本当に、『自由』に自分がやりたいというのであれば、そういった『強制』されることなく、
自分の好きな時に、好きなだけ、好きなようにやってみてはいかがでしょうか。


ただ、これも皮肉なことに、本当に『自由参加』である『勉強』“すら”出来ない方は、
自分の思い描く通りには到底うまくいかないことでしょう。


なぜなら、『強制参加』のような、誰かが用意してくれて、それをやっていることで、
自分の好きなこと、楽しいと思えることを、自分の意思で『参加』していることを、
『自由参加』だと思い込んでいるから。


結局、誰かが用意してくれて、計画・予定してくれてでないと、
何も出来ない、何も決められない、そうなっていくと思います。


本当の『自由参加』の勉強を『強制』と勘違いし、
本当は『強制参加』の勉強以外のことを『自由参加』=自分の意思で行っていると、
勘違いしたままでいる限り、社会に出た時、『自由』とは『強制』とは何なのか、
何を自分の意思でやっているのか、わからなくなっていくと思います。


8月も半分が過ぎようとしていますが、ここまでの夏休み、
『自由参加』と『強制参加』のものに対して、
自分の意思で、どう考え、どう動いたと言えるのか、
よく考えてみることをオススメします。


自分が楽しいと思えること、好きなものを、どこかの誰かが用意してくれて、
計画・予定してくれて、“ただ”その通りにやるということが、
本当に『自由参加』なのかどうか、考えてみることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-08-15 12:08 | その他 | Trackback | Comments(0)

来週から休み明けテストの勉強を始められる?

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

一学期からうるさく書いておりますが、2020年度の教育改革に伴い、
今年度は、授業の進度はもちろんのこと、その内容の質やテストの難易度、
さらには成績の付け方など、変わってきていることが多いと思います。


当然、この休み明けテストに関しても、
一学期で習った範囲が広くなった→夏休みの宿題の範囲・量も増えた→
休み明けテストの難易度も上がるという流れが予想されます。


そして、一学期の結果とこの休み明けテストの結果とで、
進級・進学の合否を決める『機会』が半分消化されることになります。


そうすると、本当に、一学期の結果次第では、夏休みの宿題と休み明けテストの結果で、
断罪されることもあります。


そういった説明を、今年度は必ずされていると思いますが、
軽く聞き流して、ここまで無視した言動、態度、姿勢を取って、
何よりも、最悪な『結果』を積み重ねてしまうと、今年度からは、
かなり厳しい状況・状態にまで追い込まれることでしょう。


そのことに危機感があってかないのか、わかりませんが、
今年度、ギリギリまで勉強以外のことに集中してしまって、
『時間』はもちろんのこと、『基礎学力』までも奪われた方は、
今年度を仮にしのいだとしても、年度を重ねるごとに、
厳しさが増していくことになるでしょう。


厳しいように感じられるかもしれませんが、それが『自己責任』となりますので、
気を付けて下さい。


冒頭からタイトルとは関係ない話をしましたが、このことを意識していなければ、
この休み明けテストのことを、“例年通り”、力試しの感覚で、ノー勉で受けようと
する方は少なくないでしょう。


2020年度の前から始まる『高校基礎学力テスト』に向けて、
学校・先生が本気になってきていることを考えると、今後はその予行練習のように、
この休み明けテストが扱われるようになると思います。


そうなった時、学校によっては、休み明けテストを終えた時点で、進級・進学できないことを決定して、
『高校基礎学力テスト』を“受けなくて良い”として、偏差値や点数率の向上を目指す可能性があります。


つまり、学校全体の足を引っ張るくらいなら、他校転校、受験勉強に専念してもらうという考えのもと、
切り捨てるように、進級・進学できないことを宣告するようになってくる可能性があります。


まだ、『高校基礎学力テスト』は施行されていませんので、今年度、来年度はそうはならないと
思いますが、2019年度以降のことを『想定』して、今年度、来年度から、
この夏休みの休み明けテストが、進級・進学の可能性の最期の引き金としている場合、
一学期同様ここでも点数を落すようなことがあると、進級・進学できないことが、
決まることになるでしょう。


そういった最悪の状況にならないためにも、少なくとも来週から、
休み明けテストの勉強を始められるようにしておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-08-14 12:40 | その他 | Trackback | Comments(0)

中高一貫中学・高校生 2017年夏期講習(後半)のお知らせ【最終告知】

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
  ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
  ☆┃立教生・中高一貫校生2017年夏期講習(後半)┃☆
  ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★

      夏休みの宿題・1学期の範囲の総復習!
   2学期対策・休み明けテスト対策に向けて事前勉強!

  立教生はこちらから   中高一貫校生はこちらから

  私立校・中高一貫校生のための夏休みの勉強を電子書籍で提案!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

一つ前の立教生向けに書いた内容は、多くの私立校・中高一貫校生にも
当てはまるものがあると思います。


各学期の終わりにある学校・先生からの呼び出し・面談を、
軽いイベント感覚で聞き流して、“それで”“そのままで”、
進級・進学“させて”もらえると思っていると、
今年度からはかなり痛い目に合うことになるでしょう。


私立校・中高一貫校の場合、進級・進学の基準が明確になっている分、
残りのテスト、成績の“回数”で、絶対に進級・進学できないことが
決まります。


もちろん、逆もまたしかりとなりますが、その場合、
成績優秀な方から、より偏差値の高い学校への『推薦権』を
もらえることでしょう。


しかし、多くの方は、そういった光よりも闇を抱えることが
多いでしょう。


今年度からは、その数が徐々に増えていき、かなり早い段階で、
振り落とされる、切り捨てられるかのようになっていくと思います。


その流れが社会全体にも拡がっていくことになると、
一度や二度の失敗を許さない傾向になると思います。


人間なんだから一度や二度の失敗くらいと
寛容な方が減ってきているのか、それとも、
今まで良い環境で良い暮らしをしていたのだから、
『失敗』に対する責任を取れと厳しい方が増えてきたのかわかりませんが、
いずれにしても、『失敗』に対する追及が厳しくなっているのは、
事実だと思います。


“たかだか”学校の勉強、成績、学歴“ごとき”のことではありますが、
履歴書に『その事実』を書く時に、相手がどう受け取るか、
また、会社に入るためのテストを受ける時に、その結果を、
どう判断するのか、それは相手あってのことですから、
どうなるかわかりません。


会社に入れば、学校で習ったような知識や情報を、
“直接”使うことはないかもしれませんが、
入るまでの間に、そしてそれによって記録される『結果』に関しては、
じっくり『見られる』ことがありますので、気を付けて下さい。


私立校・中高一貫校においては、やはり良い環境で良い暮らしをして、
そもそも『“そこで”勉強する』ために入ったにも関わらず、
という目で見られることが多くなると思います。


別の道を歩まれることを否定するわけではありませんが、
“強制的に”歩まされることになったのと、
自らの意思で歩んだのとでは、その後の人生に大きな差が
生まれてしまうことでしょう。


これから二学期に向けて、よく考えて、希望の将来・未来へと、
歩むことができるようにしておくことをオススメします。


最後に、宣伝となりますが、中高一貫校生専門塾アルファでは、
この夏休み後半の8月に、夏期講習(後半)を行います。


以下、ご検討頂ければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    中高一貫中学・高校生 2017年夏期講習(後半)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】

  8月17日(木)~9月2日(土)

  平日 14:00~22:00
  土曜 13:00~21:00

 ※1日1回3時間×日数(日数はご希望に合わせて決定)の授業となります。
 ※ご要望に応じて、2日間1.5時間ずつ、
  3日間1時間ずつなど時間を分けての受講も可能。


【内容】

 ☆1対1の個人指導☆

 学校の夏休みの宿題を教材に、1学期範囲の総復習、休み明けテスト、
 2学期中間テストを見据えた講習。
 余力がある生徒には、二学期に向けての予習を行います

 ※夏休みの宿題が終っていることが大前提ですが、
  もし、夏休みの宿題が終っていない方は、宿題を終らせることを
  最優先とし、その宿題の中で、休み明けテストに関わる部分を
  重点的に講習いたします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 夏休みの宿題と教科書を必ず持参して下さい。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

【教科】

 主要3教科(数学・国語・英語)
 ※宿題に限り、3教科以外のご相談にも対応致します。


【お問い合わせ】

 詳細は塾のHPをご確認下さい。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-08-13 18:03 | お知らせ | Trackback | Comments(0)