人気ブログランキング |

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

【電子書籍PR】





~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

多くの私立校・中高一貫校で、
遅くとも、今日、今週には期末テストを終え、
『テスト休み』になると思います。


一般の学校よりも授業の進度が早く、
質の高い、厳しい勉強を強いられる
私立校・中高一貫校生にとっては、
ご褒美として、当然の権利のように、
勉強を休める期間となりますが、昨今は
同時に事前の準備・対応が出来るかどうか、
そして、自分を振り返る、反省する
期間として、過ごせるかどうかと、
なってきているように思えます。


大抵の方は、問題なく休める、部活動や趣味、
遊びにと青春を謳歌出来る時となりますが、
この期末テストを受けて、自分自身でも
『結果』がどうなるかは、手ごたえを、
よくわかっていると思います。


多くの方は、悪くはない、思ったより出来た、
と思いつつも、もしかしたら、数点の差で、
成績を落とすかも、補習や再試になったり、
追加課題を出されたりするかもと、
思っているかと思います。


もっとも、補習や再試、追加課題などの
常連化となっている方にとっては、
『ソレ』で何とかなる、何とかすると
思っているかもしれませんが。


今年度以降、そうした打算や思惑で
“何とかなってしまう”ことのないように、
厳しく取り締まる学校・先生が、
増えていくことが予想されます。


昔であれば、そうしたことで、
一回二回と乗り切ることを、
『要領の良い』という審査・評価が
されていたように思えます。


しかし、昨今は、それで味をしめたのか、
学校・先生、さらには勉強そのものを、
軽く、甘く、緩く、考えて、何度も、
何度でも、そうして常連となっても、
どこ吹く風、他人事、無関心となり、
『どうせ進学させてくれるんだろう』
という言動、態度、姿勢に繋がってきて、
しまったように思えます。


追い込まれた3年生は、今まさに
取り繕ったように、そうは思わなかった、
そういうつもりじゃなかったと、反省し、
進学させて下さい、次は頑張りますと
懇願されているかもしれませんが、
今年度以降は、もう許されないことと
なっていくと思います。


“たかだか”学校の勉強、テスト、成績“ごとき”の
ことと、よく書いてきておりますが、それを
上手くこなして、要領よくやってきた方と、
出来なかった、やれなかった方との格差は、
今後の未来・将来をも決めかねないものに
なると思います。


少なくとも、各学年各学期で、記録されていく結果、
テストの点数、成績によって、進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校では、通っている学校での
進級・進学の合否という未来・将来において、
進級・進学出来たか、出来なかったかの差は、
今後大きな差として、傾向を指し示すことに
なると思います。


授業の進度が早く、質の高い、厳しい授業、勉強に
ついていけなくなった方の多くは、授業を、勉強を、
拒否し、『時間をかけて』、知るべき知識、物事を、
ごっそり抜け落としていきます。


それもそのはず、学校での授業はもはや宇宙語のように
聞こえてきて、教科書・問題集に書いてあることは
暗号や見たことのない記号の塊にしか見えていないと
思います。


そういう状態・状況で、さらに授業が、勉強が
進んでいく中、時間だけが経過する学校生活を
送ることになりますので、ついていけない方が、
基礎学力、知識を“身につけられない”のは
当然だと思います。


その上、学び直しの機会も時間もどんどん過ぎていき、
部活動などでは、学年が上がるごとに、レギュラーに
なったり、大会・試合が増えたりとして、
さらに機会も時間も減っていくことになります。


そして、忙しい合間のちょっとした時間も
スマホによって奪われていくとなると、
もう現役での、学業復帰はかなり難しく
なっていくことになります。


こうなると、少し前まで流行りましたが、
『廃人』という言葉が、どんどん低年齢化
しているように思えてきます。


大人でも、そこからの立ち直り、軌道修正が
難しいのに、子供たちが、一度そうなって
しまった時、復帰はかなり難しいと思います。


大人と違い、子供たちは日々学ぶこと、教わること、
やるべきことが、増えていきます。


そして、それをクリアできなければ、
決して次に、上に進めないシステムと
なっております。


それが学校の勉強、さらには高等学校以降の
学問の道の入り口、壁となります。


もちろん、今は様々な形態の学校がありますので、
自分に、お子さんに合う学校を全国で探し出せば、
あるかもしれません。


しかし、少なくとも、有名どころはもちろんのこと、
一般的に知られている学校、歴史ある学校の多くは、
上記したシステムによって、審査・評価がされることに
なります。


昨今の教育問題は、そうした審査・評価、さらには
価値観は、ほぼ従来のままなのに、それらを無視したように、
こうしたほうが良い、ああしたほうが良いとされていることが
多いですが、その手法が全てにおいて、当てはまるようには
なっていません。


中長期的な視点から、最終的に大学受験までに間に合わせる、
あるいは、日本国内の高校・大学にこだわらない、
現役、18歳での大学入学にこだわらないということを、
失礼ながら、これは『親御さん、ご家庭の方が』
徹底できるのであれば、世の中にある様々な教育法を
試されるのも宜しいかと思います。


しかし、私立校・中高一貫校で、『現役』で『国内』の
高校・大学への『内部進学』、『指定校推薦』などの
条件を、希望を出される場合、どうしても、『期限』と
『記録=成績』に縛られることになります。


期限は2年8か月、あるいは5年8か月の期間内で、
高校・大学に内部進学、指定校推薦されるだけの
学力を身につけ、『結果』を出し続けることとなります。


どんなに素晴らしい教育法、教育方針であろうとも、
その期限と条件をクリアすることが前提となりますので、
それを無視した『結果』を残していく限り、
私立校・中高一貫校で、『現役』で『国内』の
高校・大学への『内部進学』、『指定校推薦』など、
“受験なく”“楽に”“効率良く”“要領よく”、
進学していく、学業の道に進むことは出来ません。


そのことを、親御さん、ご家庭の方も、よく考えて、
私立校・中高一貫校での学校生活、勉強、何よりも
記録された結果=成績を見直さなければ、
思い描く理想の未来・将来に進むことは
難しいでしょう。


その現状を、今なら、実際に、本当に、
友人知人、同級生、先輩後輩で、
進級・進学出来なかったという
現実、事実から知ることが出来るでしょう。


その方々が、どういった学校生活を送って、
どういった結果を出してきたのか、
そして、自分に、お子さんに、残された期限は
あとどれくらいなのか、残された『機会』
(成績・定期テスト)は何回なのか、何よりも、
残りの『記録=成績』はどうするべきなのか、
確認して、考え直してみることをオススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛








【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図


【TEL・FAX】
03-6912-7063


『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-12-11 15:02 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

【電子書籍PR】





~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

定期テストが5~7回ある私立校・中高一貫校で、
4回目、5回目の『定期テスト』を終えた時点で、
残り1回、2回のテストとなりますので、
この時点で、今学年の『成績』が決まると言えます。


もちろん、成績的に見れば、3回の内、2回目が
決まるので、まだ残り1回、そこで大逆転の
成績を取れれば、成績はひっくり返せると、
思われている方も少なくないでしょう。


しかし、私立校・中高一貫校生、それも、
進級・進学出来ない、成績不振の方を見てきた
経験則で言わさせて頂きますが、まず、
成績が『上る』ことは難しいでしょう。


次年度までを見据えて、望みを繋げる、
あるいは、学校・先生に、驚異的な伸び率、
成長率を見せて、印象点を上げることは
出来ても、実際の成績の数字を上げるには、
かなり厳しい状況に立たされていることになります。


簡単な指標として、平均値で考えれば、
わかると思います。


テストであれば、合格点を50点(成績3)として、
80点以上が4、90点以上が5だとします。


4回のテストで全て50点を取ったとして、合計200点、
残り1回のテストで、100点を取っても、総計300点、
それを5回で割って、平均を取れば、平均60点となります。


仮に、成績4の配点が70点、65点でも、
成績は上がらないことが分かります。


同時に、逆算してみましょう、合格点未満の40点までを成績2
30点未満は成績1だとします。


4回のテストをギリギリ40点だとして、合計160点、
残り1回のテストを90点以上取れば、総計250点以上に
なりますが、これを複数教科で、平常点を含めてとなると、
かなり厳しいことがわかると思います。


4回のテストで、30点未満20点台、
ギリギリ29点だったとして、4回合計116点、
残り1回のテストで、84点取って、総計200点になりますが、
実際には、4回の合計が100点未満のことが多く、
もうその時点で、成績が決定していることになります。


どちらも、4回のテストで、ギリギリのところを、
設定しており、これを全ての教科が、そのギリギリを
取れているというのは状況的に難しいと思いますが、
いかがでしょうか。


これは、本当に、あとちょっとで成績が上がるを
例にしておりますが、実際の計算は、平常点や、
各学期での点数、成績の比率が異なったりしますので、
この計算通りとなることはないと思いますが、
4回目、5回目のテスト、2回目の成績が、
『記録』されてからの、挽回がいかに難しいか、
残り1回、2回のテスト、成績の『条件』が
どれだけ厳しいものなのかが、わかると思います。


ですから、毎学期、毎定期テストごとに、
うるさく『生まれ変わる』つもりで、
生活を、生き方を、考え方を、
“変えない”と厳しくなる、難しくなると、
つまり、『追い込まれることになる』と
書いてきましたが、結果、いかがだったでしょうか。


進級・進学出来なかった方も含めて、
『なってみてからわかった』で、
まぁ、仕方が無かった、次頑張るよで、
もう『次』は絶望的になってしまうのが、
『記録の積み重ね』となります。


特に、私立校・中高一貫校では、
この『縛り』が、進級・進学要綱に
照らし合わされてしまうために、
一年次、一学期と『早い段階』で、
点数を、成績を取っていないと、
取れないでいると、どんどん追い込まれて
いくことになります。


そうならないためにも、一年次、一学期からが、
大事なのですが、ほとんどの方は、その大事な
一年次、一学期を、内分進学出来た、あるいは、
受験合格できた『実力』『学力』で、何とかなると、
タカをくくって、転げ落ちていきます。


その転がり具合が『ひどい』方から、
進級・進学出来ない“候補生”として、
仕上がっていきます。


学び直しをするにも、それまでに進んだ
授業、勉強、演習量は、進度の早い
私立校・中高一貫校では、数日、数週間で
取り戻せるものでなく、さらには、
取り戻そうとするその間にも、
授業は、勉強は進んでしまうことになります。


本来、そういった学び直しを取り戻すのに、
丁度良い時期が、長期休み中ですが、
多くの方が、部活動や趣味、スマホなどで忙しく、
サボりにサボって、また新学年、新学期を
迎えてしまうことになります。


さらに、以前にも書きましたが、今後は、
そういった学び直しをしている暇もなく、
むしろ、“たかだか”学校の勉強、授業“ごとき”でも、
予習が必要になるほど、進度が早まる、
量が増えるとなっていくことが予想されます。


そうなると、今後は二学期中間テストまでが、
リミットとなり、学校行事の文化祭の時期などに、
個別に呼び出し・面談で、決まっていく可能性が
あります。


今年度、二学期中間テストを終えた時点で、
進学出来なかった方が『増えた』ようであれば、
その傾向は強まっていると、そして、
強まっていくと、見て下さい。


残りのテスト、成績が出る前に、結果が早く出ることは、
ある意味、その後の対応がしやすくなることではありますが、
決まってからの厳しい環境・状況が長くなります。


多くの友人知人が進級・進学が決まっていく中、
自分だけは別の道に進まざるおえない、
自分だけが、友人知人たちとは異なる道に
行くことが決定している。


そんな状況・状態にまで追い込まれることになるのが、
私立校・中高一貫校で、『進級・進学出来ない』と
なることです。


2年生は、来年の今頃、二学期がそうならないように、
これからをどうするのか、よく考えておくことを
オススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛








【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図


【TEL・FAX】
03-6912-7063


『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-12-10 10:27 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

期末テストが終わったら

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

【電子書籍PR】





~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今週から期末テストが始まったという方は、
無視して頂いて結構ですが、テスト勉強の
休憩中に頭の片隅でも入れておいて下さい。


期末テストが終わったら『テスト休み』とされる方が
多いですが、夏休み6週間と異なり、冬休みは2週間ほどと
短いです。


しかし、出される宿題は、同じ量、あるいは、
2/3ほどの量になっていることがあります。


夏休み前、一学期期末テストを終えてからの
2週間は、のほほんとしていても、夏休み
たっぷり6週間を使って、宿題をやることが
出来ますが、冬休みはそうやってのほほんと
していると、残り1週間もない中で、
宿題をやることになります。


冬休み2週間の内、クリスマス前後、
年末年始、正月三が日と差し引けば、
さらには、土日と差し引けば、残り
何日残っているか、計算して下さい。


さらに、その日ですらも、部活動、遊び、
家族旅行などの予定が入っていたら、
どうでしょう。


年明けて、ほとんどの学校は1月8日前後に
始業日を迎えると思います。


上記の『予定』『計画』は、予定通り、計画通りと
なった場合、元旦(2020年、1月1日、水曜日)の
翌週、6日、7日の二日間しかないことになります。


部活動が12月28日までとして、29日、
30日、31日の大晦日にも宿題をやるとしても、
五日間となります。


それで、冬休みの宿題が終わると想定・予想・計画
できますでしょうか。


私立校・中高一貫校の場合、“優しい”先生であれば、
テスト範囲も載っているであろう冬休みの宿題を、
『テスト前』に出してくれている、渡してくれているはずです。


となれば、もう、時間が無かった、対応出来なかったとは
言えない状況・状態になっています。


ここまで書かれれば、さすがにわかると思いますが、
冬休みになるまでに、最低でもクリスマスになるまでに、
最悪でも大晦日までに、『冬休みの宿題』を、
終わらせる、あるいは終わる目途を立てておくことが、
『求められている』ことになります。


学校の年間予定表には、そういったことまで詳細に
書かれているわけではありませんが、個人個人の事情、
部活動や習い事、趣味や遊び、家族との予定など、
『知ったことではない』ということになります。


それを、それらを、想定し、予定・計画し、
事前にどうすべきか、どうしておくべきかを、
『考える』、『考えることが出来る』ように
することが、当たり前でしょうとされています。


それが出来なければ、テストで、平常点で、
成績で、数字で、失格、不合格、不適正であると
具体的な証拠=記録を示して、正論で否定して
くることになります。


私立校・中高一貫校の大量の宿題、
休み明けのテストなど、同情すべき点は、
確かにありますが、『事前に対応できるように』と
されているのであれば、同情の余地がないと
なっても仕方ないとなります。


一学期同様、期末テストを終えてから、
冬休みになるまで、約2週間、
『時間』が与えられているわけですから、
そのことをよく考えて、宿題を進めておくことを
オススメします。


後から、どんなに文句を言ったとしても、
皆平等に、公平公正に、課題を課せられていて、
時間も与えられている中、『やらない』
『やらなかった』のは、あなた個人の判断・決断であり、
そのことに対する審査・評価を、平等につけたと
いうことになります。


そして、これは文武両道と同じように、
たった一人でもやってきた、やれたとなれば、
出来ないこと、やれないこと、『では』ないと
証明されることになります。


厳しいように感じられるかもしれませんが、
それが通っている私立校・中高一貫校で、
課せられた宿命となります。


そのことをもう、一学期、夏休み、二学期と経て、
『わかっている』『知っている』こととなります。


以前も書きましたが、
二学期以降、学校・先生側は、
『それが嫌なら、どうぞ他校へ』という
態度、姿勢を崩さないことでしょう。


特に、この二学期で、呼び出し・面談となる、
なった方は、そのことをよく考えて、事前事前の
対応をしておくことをオススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛








【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図


【TEL・FAX】
03-6912-7063


『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-12-09 12:10 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

【電子書籍出版】 

私立校・中高一貫校生のための冬休みの勉強を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための三学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための受験勉強の仕方を電子書籍で提案!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

多くの私立校・中高一貫校で、今週、あるいは
来週で期末テストを終えると思います。


一年間、お疲れ様でした。


今学年は、4月から約8カ月ほど過ぎましたが、
この二学期期末テストをもって、ほぼほぼ、
今学年の成績、進級の合否が決まったと言えます。


今後、来年の学年末テストまで、もつれ込むことは、
まず無いでしょう。


むしろ、この二学期期末テストで、
『決めて』あげなければ、来年度以降の
対応・対策が遅れてしまうことでしょう。


さらにその先、転校、留学、受験対応なども
考慮すれば、早い段階での進路の決定が、
子供達の未来・将来を、より『選択』できるように
なると思われます。


通っている学校での進学の合否が、
人生を決めるわけではありませんので、
現役、内部進学等にこだわらず、
じっくりと自分の進路を決めることを
オススメします。


また、この二学期期末テストまで
進学の危機を抱え込んでしまった方は、
これからの1・2週間で、その『結果』が
出ると思います。


2年8カ月、あるいは5年8カ月かけて、
辿った『結果』を真摯に受け止めて、
対応していくことをオススメします。


一昨年度以降、中学・高校と
内部進学出来て“しまった”という方は、
今年度以降から、続々と学校から
去っていっていると思います。


大学でも、そろそろ内部進学生の留年が
増大してきていると思います。


来年度以降であれば、教育改革の犠牲者、
被害者と言えると思いますが、今年度までの
内部進学者は、『自己責任』と厳しく、
突き付けられることになると思います。


そうなってからの対応・対策は難しいと
思いますが、頑張って下さい。


さて、今年度を、内部進学出来てしまう方は、
来年度の教育改革の対応を、よく考えて、
事前に対応しておくことをオススメします。


今年度までは甘い審査で、基準で、
進学出来てしまうかもしれませんが、
進学出来たがゆえに、求められること、
当たり前に出来ること、許されないことが、
次々と出てくると思います。


それらは、もう『ギリギリ』や『楽に』ということを
決して許さないかのように、追い立ててくることに
なると思います。


大学生なら、まぁ自己責任と言えるかもしれませんが、
中学生・高校生には、かなり厳しい現実、要求が、
降りかかってくることになると思います。


『ソレら』に押しつぶされないように、
内部進学が決まった時から、油断せずに、
『今度は』『中学』『高校』からは、
事前事前の準備や対応が出来るように、
進学が決まる、今月から、冬休みから、
遅くとも進路が決まり、余裕ができる
三学期までに、生活、習慣改善、
基礎学力、知識の底上げをしておくことを
オススメします。


特に、来年度、中学生になる方は、
この2020年度の教育改革の影響を、
2年8カ月、あるいは5年8カ月かけて、
長期的、直接的に受けることになります。


なってみてわかった時には、もう遅かった、
取り戻せなかったとならないように、
今後を過ごして下さい。


最後に、宣伝させて頂きますが、
中高一貫校生専門塾アルファでは、
学校の冬休みの宿題を使って、
1・2学期の復習と、
3学期に向けての予習を含めた
冬期講習(個人授業)を
用意しております。


宜しければ、事前に
ご検討いただければと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 中高一貫校中学・高校 2019年冬期講習(個人授業)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日時】

  2019年
  前半:12月16日~28日

  2020年
  後半:1月4~7日

  平日 15:00~22:00 (※10:00~も可)
  土曜 13:00~21:00

 ※1日1時間~2時間×日数(時間数・日数はご希望に合わせて決定)の授業となります。
 ※冬期休暇中(12月23日~28日、1月4日、5~7日)であれば、
  午前中(10:00~)からの受講も出来ます。


【内容】

 ☆1対1の個人指導☆

 前半:テスト休み+冬休み前半 10日間

 学校の冬休みの宿題を教材に、1学期・2学期範囲の総復習。
 進学が決定した方(中学3年生)は中学校の総復習学習も行います。
 基礎学力の確認・向上を目指します。
 期間中に宿題を終らせることを大前提に、その宿題を用いて、
 2学期までの学年の総復習、基礎学力の向上を目標とします。

 ※塾からの宿題は一切出しません。学校の宿題を期間中に終らせることを絶対とし、
  宿題が終って余裕がある場合にのみ、塾から基礎学力確認テストや
  生徒の負担にならない程度の宿題を出します。 

 ※宿題が終わり、1学期・2学期範囲の総復習、基礎学力の確認ができた生徒は
  その時点で講座を終了となり、後半のテスト対策講習に備え、
  休養・休暇をして下さい。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 冬休みの宿題と教科書を必ず持参して下さい。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 後半:4日間

 年明けテスト対策、学年末テストに向けての予習・総復習を行います。
 学校の授業ノート、プリント、冬休みの宿題をもとに、
 弱点を補強、長所を伸ばし、テストに向けて、自信と余裕を持たせます。


【教科】

 主要5教科(数学・国語・理科・社会・英語)の冬休みの宿題。
 ※5教科以外の宿題のご相談にも対応致します。


【お問い合わせ】

 詳細は塾のHPをご確認下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛








【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図


【TEL・FAX】
03-6912-7063


『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-12-08 21:21 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

呼び出される覚悟

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

【電子書籍PR】





~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

昨今は学校・先生から呼び出される、面談となる方が、
『常連化』してきて、感覚が麻痺してきているように
思えます。


今の親御さん世代ぐらいまでが、学校・先生から
呼び出し・面談となることなんて、『大事』扱い、
それこそ、問題児の方が、毎回、毎学期、
呼び出されて、面談となって、噂されるものだったと
思います。


しかし、私立校・中高一貫校では、『普通』に
『学力・成績不振』から呼び出し・面談となることがあり、
昨今は、各学期の呼び出し・面談で『常連化』する傾向に
なってきています。


さらに最近は、各定期テストごとでも、呼び出し・面談と
なる方も増えてきて、親御さん世代でも、またか、はいはいと
軽く考えられるようになってきているようにも思えます。


学校・先生からの、大きなお世話、ウザイ忠告、説教の
ように感じられるかもしれませんが、最近の学校・先生は、
数年、十数年の『データ化』された記録を持っており、
その『傾向』から、事前事前の忠告をしています。


その意味、意図として、一つは、本当に生徒、お子さんを
心配しての意味合いでの呼び出し・面談となっていますが、
もう一つは、『事前の忠告』によっての保身と言いますか、
状況証拠作りをしているということも出来ると思います。


つまり、学校・先生側は、『ここまで』『手厚く』
『指導・忠告』したにも関わらず、それを『無視した』のは、
『聞き入れなかった』のは、生徒、そして、失礼ながら、
親御さん、ご家庭の方だと、『証拠』を残せることに
なっていると言えます。


こうなると、進級・進学出来ないとなる頃には、
『もうわかっていますよね、何度も忠告しましたよね』で、
冷酷非情とまでは言いませんが、事務的に、淡々と、
処理(進学不可・退学と)されても、文句は言えないと
なります。


学校・先生側を悪者かのような書き方をしましたが、
学校・先生側が、最初から悪意をもって、悪気をもって、
そうしよう、そうしてやろう、などとは、微塵も思っていません。


特に、1・2年次などであれば、『まだ』改善の余地があり、
進学までの、2年間、1年間という期間において、
生まれ変わったように成長を遂げる、その機会があると、
信じての忠告をされているとは思います。


ですが、データ化された傾向は無情にも、
進級・進学出来ない方は、毎回同じような傾向に
『当てはまって』いくのでしょう。


おそらく今後、3年次になるまで、その傾向が続く生徒が、
残り2学期で、4回の定期テストで、『返り咲く』ことは、
かなり難しいと判断されるだけの、データ、事例が、
集計されていくと思われます。


そうなると、進級・進学の合否の判断を、決断を、
いつどこで行うべきかという議論が、各学校で
行われていくことが予想されます。


進級・進学の危機にある方の傾向は、当塾のような、
少数のデータなどよりも、学校・先生側は、
かなり詳細な、膨大な記録を元に行われていると
思います。


その学校・先生側から、かなり早い段階から、
『危機』にあると判断され、呼び出し・面談と
なった場合、今後は、すぐにでも対応しないと、
泥沼にハマっていくように、呼び出し・面談の
『常連化・常態化』となり、何回目かの
呼び出し・面談から、転校・留学などを、
強く勧められるようになっていくと思われます。


私立校・中高一貫校での、『学力・成績不振』からの
呼び出し・面談は、各学年各学期の時でも多く、
そして、お隣が、友人知人も、“そう”なっているからと、
自分も、お子さんも、『そうなるのが当たり前(平均)』
かのように錯覚されてしまうと、進級・進学の道は、
どんどん遠のいていくことになります。


私を含めて、他の教育関係者、教育論者は、
外野であーだこーだうるさく言っているだけですが、
自分が、お子さんが通っている学校・先生は、
その学校での、進級・進学状況の傾向、流れ、
膨大詳細な『データ』を元に、呼び出し・面談の
判断と、忠告・説教をしています。


その学校・先生から、呼び出し・面談とされて、
言われたことに関しては、はいはいまたか、
そうはいっても、もう終わったことだし、
次回頑張るから、さっさと終わってよという
言動、態度、姿勢で臨むことのないようにして下さい。


もし、そういう意思を貫きたいというのであれば、
もう通っている学校での進級・進学はさっさと諦めて、
別の道を探されたほうが、その後の学生生活は、
幸せになると思われます。


記録された結果=成績で、進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校において、記録された結果は
絶対のものとなります。


『ソレ』を無視する、あるいは『ソレ』に反抗すると
いうのであれば、通っている学校での学生生活は、
否定と屈辱と差別に似た区別を、『受け続ける』ことに
なると思って下さい。


学校・先生側が『折れてくれる』『諦めてくれる』
さらには、特例として『許してくれる』『与えてくれる』
ということには決してなりません。


一部、部活動の顧問の先生による、温情や忖度が
あるかもしれませんが、その先生以外の先生は、
極端な書き方ではなりますが、
『記録されていくもの』を元にしか、
見てこないことになります。


呼び出し・面談となった方は、
その上で、『呼び出されて』いると、
覚悟して、意識して、危機感をもって、
学校・先生から言われていること、
指摘されていることを、どうするのか、
真剣に考えられることをオススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛








【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図


【TEL・FAX】
03-6912-7063


『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-12-08 12:18 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

【電子書籍PR】





〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今週、テストを終えた方は、今週末から、
約2週間、テスト休みとなり、再試、補講や補習、
呼び出し・面談が無ければ、ほぼ冬休みと言えます。


テスト前・中の方も、来週週中から、
その状況・状態になると思います。


テスト“さえ”終わってしまえば、こっちのものと
思われているかもしれませんが、本当の天国は、
冬休みが始まってからで、今はまだ地獄と不安の
中にいるということを忘れないで下さい。


正確には、『結果』が出てから、それも、
最終的な『結果』=成績が出てからですが、
私立校・中高一貫校の場合、その後も
地獄となるのが、進級・進学出来ないことが
決まった方となります。


進級出来ないのは、まあ、留年すれば、むしろ、
1年の余命、余裕が出来たと言えますが、
進学出来ないのは、もう『次』はありません。


通っている学校での『次』が無いだけ、
ある意味、選択肢は無限にあるように思えますが、
ここに来てというのが、『物理的な』規制、
『残り時間』が関わってくることになります。


先日も書きましたが、今までの『時間』は、
今のあなたを、これからの『残り時間』は、
未来のあなたを否定してくることになります。


『通っている学校』『進路』は、もう無くなり、
後は、『受験』で『希望』の『学校』の
『現役』『合格』を、残り時間内で、
どうするのかを、刻々と責め立てられることに
なります。


二学期期末テストを終えてから、成績が出てから、
そして呼び出し・面談となってから、
『進級・進学出来ない』と決まった方は、
その責め苦の中、クリスマス、年末年始と
過ごすことになりますので、まさに、
地獄だと思います。


対照的なのは、進級・進学出来た、あるいは、
1・2年生で、呼び出し・面談等あっても
どこ吹く風となっている方でしょう。


私立校・中高一貫校の場合、各学期で成績が出てからは、
もう何をどうしようとも、その現実、事実は、
変えようがないものとなりますので、
“とりあえず”『次は頑張る』『次に期待する』で
乗り切ってしまえば、長期休み中は部活動に、
習い事に、趣味に、遊びに、スマホにと、
自由を謳歌しても『許される』かのように、
錯覚されることが多いです。


それでも最低限、宿題をやっているならと、
短い期間の冬休みは、親御さんも目くじらを立てて
怒ったり、勉強しないことに危機感を持たれたり、
することはないでしょう。


そうなると、その方々にとっては、テスト後からの
天国が、自由が、約一ヵ月近く、与えられることに
なります。


それが、1月、2月中旬と続き、迎える3月、
学年末テスト前に、不安を増大させるものとなるのですが、
テストを終えた、あるいはこれからテストを迎える方に
とっては、念仏となってしまうことでしょう。


それが今年度末、3か月後に、後悔とならないことを
祈ります。


実質、この二学期期末テストが、ほぼ今学年の結果、
=成績を決めるものではありますが、二学期期末テストで、
進級・進学の合否が決まった人以外は、
学年末テストは、『お飾りのテスト』
=やっても、頑張っても意味の無いテスト、
というわけではありませんので気を付けて下さい。


この二学期期末テストで、進学の合否は確実に決まるように
なっているとは思いますが、一部『進級』の合否に関しましては、
学年末テストでも審査されることになります。


特に高校2年生は、進級だけでなく、
大学への内部進学を『諦めさせる』ものと
なりかねませんので、気を付けて下さい。


二学期期末テストを乗り切って、安心していると、
進級出来ても、進学出来ないことが決定することも
ありますので、危機感をもって、過ごされることを
オススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛








【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図


【TEL・FAX】
03-6912-7063


『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-12-07 12:10 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

テスト前中後の週末

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

【電子書籍PR】





〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今週末は、テスト前、テスト中、テスト後の人が
入り乱れることでしょう。


テスト日程の異なる他校はもちろんのこと、
同じ学校でも、学年で、あるいは、中高で、
日程が異なり、状況・状態が違うでしょう。


当然ですが、状況・状態が異なるわけですから、
その方々を『巻き込んで』、自分勝手や好き勝手をして、
他人の人生や進路はもちろんのこと、自分の人生や進路を
『狂わせる』ことのないようにして下さい。


特に私立校・中高一貫校生の場合、本当に、
それが、たった一時間のことかもしれませんが、
進路を分けることがありますので、他校の方は
もちろんのこと、自分の学校の友人知人、同級生、
先輩後輩を巻き込むことのないように、
あるいは、巻き込まれないようにするように
しておくことをオススメします。


SNSなどが無かった時代であれば、
こんなこと、いちいち忠告しなくとも、
そもそも連絡する手段が無かったり、
交友する範囲が広くなかったので、
そこまで影響することは無かったと思います。


しかし、今は、むしろ、それが影響すると
言えるほどのものになってきていると思います。


スマホの使い方が、普段の生活に影響していることを
考えると、こういった『苦しい時』『逃げ出したい時』
『やる気が出ない時』に、安易にソレらに飛びついて、
助けを、救いを求めてしまうことになってしまうのではと
懸念しております。


テスト前中後の方は、この週末の過ごし方を、
よく考えて、全てが終わって、杞憂だったと
なることを祈ります。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛








【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図


【TEL・FAX】
03-6912-7063


『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-12-06 10:51 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

【電子書籍PR】





~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

テストが始まったら、カウントダウンの連続と
なります。


その受けているテストの終了のカウントダウン、
それが終われば、次のテストまでのカウントダウン、
さらに、その日のテストが終われば、次の日のテストまでの
カウントダウンと、『続く』ことになります。


定期テストの厳しさ、難しさは、このカウントダウンの
連続中、ほとんどの方が、どこか、いつかのタイミングで、
サボったり、諦めたり、そして何よりも、楽をしよう、
楽して、テストを乗り切ろうとする点だと思います。


それを乗り越えられた方だけが、『全教科』、
あるいは『複数教科』において、高得点、
好成績を修め、乗り越えられない方は、
進級・進学ギリギリのボーダーラインを
のらりくらりとすることになります。


今までは、それでも問題無く、高校・大学まで
『進学』出来ていたことが許されてきていましたが、
今後は、“仮に”進学出来たとしても、
進級は許さないという強硬な対応をしてくることが
予想されます。


某国のように、入るのは易しくとも、出るのは難しいと
極端になっていくと思われます。


そして、その『出られない』方を抱えることで、
一定の生徒数を、今まで通りに『保つ』ことに
なっていくことでしょう。


少子化や、入学者数の制限などの問題により、
少なくとも上位私立大学はそうした対応を行って、
生徒数の確保と共に、学力、ブランドの向上を
行う可能性が高いと思います。


そうなると、そうした、『出られない』方、
つまり留年候補生となるのが、『内部進学生』と
なることになっていく可能性は非常に高いと
思われます。


内部進学生は、高校・大学まで、進学すればするほど、
留年となっても、『学校を辞める』選択は
なかなか取れないとなり、その年数が、
延びれば延びるほど、負担が増えていくことに
なります。


そんな未来の話は、今はどうでもいいことかもしれませんが、
その蟻地獄にハマったような状況・状態に、
『なってみてわかった』時には、抜け落としてきた
基礎学力、知識に押しつぶされないように、
学校の授業で、定期テストで『取れる時』に、
『やるべき時』に、取っておく、やっておくことを
オススメします。


カウントダウンの連続は息がつまり、ストレスに
なることが多いとは思いますが、それが受験という
長いスパンでのプレッシャーが置き換わったものと
思えば、一回一回の範囲の狭い、授業でやったことを
テスト前、テスト期間中に、『集中』することは
出来るでしょう。


そのためにも、テストが始まったら、とにかく出来ることを、
ただひたすら、愚直に行い、次のカウントダウンに
備える、間に合わせるようにしておくことをオススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛








【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図


【TEL・FAX】
03-6912-7063


『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-12-05 12:10 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

【電子書籍PR】





~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

すでにテストが始まっている方もいるかと思いますが、
以前も書いたように、間違えや失敗を恐れず、
挑戦する精神をもって、解答欄を『全て』埋めて下さい。


知ってること、学んだこと、勉強したこと、
自分なりでも、自分的でも、せっかく、
『頑張った』のですから、その成果を、
搾り出して、記入して下さい。


過去に、4択の選択問題で、選択をしない(無記入)
という、極端な『反抗』を示した方がおりましたが、
多分にもれず、進学出来ずに学校を去っていかれました。


その行為は、挑戦しないというよりも、
通っている学校で、テストで、
勉強が出来ない、やりたくない、面倒だと
意思表明しているように見えます。


意外に思われるかもしれませんが、ここ数年、
こうした、4択などの選択問題で、
選択しない(無記入)という行動を行う方が
おります。


本人からすれば、答えがわからないから、
『選択しない』という答えを出したつもりなのかも
しれませんが、その行為は問題作成者、つまり、
学校の先生に、上記した、反抗心を示したと
なります。


多くの生徒の解答用紙の答え合わせをしている
学校の先生とはいえ、『選択問題』で
『選択』しないということは、非常に目立ちます。


そして、その行為を行ったのが、点数、成績的に、
進級・進学の問題を抱えている方ともなれば、
テスト後に付けられる成績は、非情なものに
なるのもうなづけます。


多くの方が、そこまでのことをしないとは思いますが、
“たかだか”学校の勉強、テスト“ごとき”のこととはいえ、
その行動、態度、姿勢は、学校を、先生を、
あまりにも馬鹿にしすぎです。


進級・進学の問題を抱えている方は、
少なくともテストで点数を取るという
姿勢、態度、行動を示さなければ、
学校や先生だって、温情を与えるわけには
いかないでしょう。


テストの時間50分間を、無駄にせず、
ギリギリまで、そして最後の問題まで、
全ての解答欄を埋める努力を、頑張りを
示して、初めて『意思』を示したと言えます。


本当に、本気で、真剣に、
通っている学校で『進級・進学したい』というのなら、
“最低限”その姿勢、態度、行動を示して下さい。


今年度以降、なんやかんや説教・忠告したって、
どうせ進級・進学できるんだろう、させられなかったら、
逆に問題なんだろうという言動、態度、姿勢を、
垣間見せるようなことがあれば、問答無用で、
進級・進学出来ない、いえ、させないと、
『追い込まれていく』ことになります。


親御さんの中にも、その傾向、反抗に気付かずに、
悩まれている方も少なくないと思います。


解答用紙に見られる、感じ取られる
お子さんからの『意思』に敏感になっておき、
必要とあれば、指導、あるいは相談の上、
転校や留学などの選択をすることも、
視野に入れられることをオススメします。


“たかだか”学校の勉強、テスト“ごとき”のこと
ではありますが、それで進級・進学が決まる、
私立校・中高一貫校で、選択問題すら、無記入で
解答するということは、あり得ないことです


学校・先生側からすれば、呼び出しや面談において
どんなに『進級・進学はしたい』と言われようとも、
実際には(テストにおいては)『進級・進学したくない』と
意思表明していると、見られる(バレる)ということに
なります。


もし、本当に、本気で、真剣に、絶対、
通っている学校で『進級・進学したい』というのなら、
そのことをよく考えて、この定期テストにおいて、
その意思を示すことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛








【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図


【TEL・FAX】
03-6912-7063


『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-12-04 12:46 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

【電子書籍PR】





~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

来週テストを迎える人は
今はまだ余裕かもしれませんが、
ここにきて、授業が一気に早くなったり、
小テストを行ったり、宿題が出されたりと、
学生の皆さんからすれば、先生からの
嫌がらせのようなことを受ける可能性が
あります。


それを嘆いても、『あなただけ』が
課せられたわけでなく、また、
許されるわけでもないということを、
学んでください。


そして、その学んだが、進級・進学の合否が
決まってからとならないようにすることを
オススメします。


私立校・中高一貫校の場合、そのリスクが、
その期限が、この二学期期末テスト、
それも三年次ともなると、学年が
上がる時と、一学期と経て、忠告を
受けてきてとなりますので、
制裁・断罪が厳しくなる傾向があります。


転校するにしても、受験するにしても、
留学するにしても、対応するには、
“もう”時間が無い、選択肢が無いと
なります。


その状況・状態で、今まで求めてきた
『短時間』で、『効率よく』、『正しい』
判断・決断をできるかどうか、
就職氷河期時代を経験してきた
親御さんの世代なら、自ら経験してきた、
あるいは、見聞きしてきたと思います。


追い込まれてからの人間の判断・決断は、
往々にして、失敗する、間違える傾向があります。


スポーツや芸術の世界なら、
そういう状況・状態だからこその
素晴らしい、独創的な発想、発見で、
うまくいくこともあるかもしれませんが、
学術、学問の道の進路においては、
そうそううまくいかないことが
多いです。


この二学期期末テスト前を迎えて、
痛感されているとは思いますが、
それを『何度でも』繰り返しても
許されると勘違いしていると、
私立校・中高一貫校では、
『限られた期間』で
選択肢を失うことになります。


そうならないようにするために、
“いつ”“どのタイミング”で
気付くのかが問題になってきます。


昨今は、2年次、二学期期末テストが、
その最後のタイミングになってきているように
思えます。


1.2年生は、今回の期末テストの結果を
よく考えて、3年生の今の時期の結果と
リンクさせて、判断・決断を下すことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛








【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図


【TEL・FAX】
03-6912-7063


『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-12-03 13:19 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)