再来週、3月を迎える

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今週末を迎えて、もう2月も2週間を切り、
3月が近づいてきた、というよりも、
迫ってきたところだと思います。


自宅学習日(受験休み)前後にも書きましたが、
この三学期、1月、2月、今日までの時間の感覚は、
いかがだったでしょうか。


あっという間に感じなかったという方は、
毎日を充実させて、勉強に、部活動や趣味に、遊びにと、
『やるべきこと』と『やりたいこと』をきちんと出来たと思います。


反対に、一方だけ、つまり部活動や趣味、遊びを充実させ、
その日、一日一日、充実した一日を過ごしたと思っても、
いつの間にか、あっという間に、今日、ここまで
来てしまった方は、思い起こすと、『“本当”に充実したか』という、
暗雲が、不安が、付きまとっていたと思います。


せめて宿題、ノートまとめなどをやっていれば、
『成果物』があるので、『やった』と思えることでしょう。


しかし、その目に見える、明確な『成果物』が無い場合、
何となくやった、ような気がする、感じがするなどと、
抽象的にも自信を持てない状況・状態だと思います。


『ソレ』を学年末テストまで持ち込んでしまうと、
結果は散々なものとなるでしょう。


なら、もう、じゃあ、過去のことなど気にしても仕方ないから、
未来に向かってのことを考えようと思われるのは、今どきの子供達の、
素晴らしい生き方・考え方だとは思いますが、その未来に向かっての
ことの『選択肢』の中に、『今まで通りで良い』というものがある限り、
多くの方は、この『今まで通り』を選ぶ傾向にあります。


この自宅学習日(受験休み)はいかがだったでしょうか。


正月が過ぎ、三学期が始業してからの時から見れば、
自宅学習日(受験休み)は未来のことだったと思います。


そして、その未来のことに対して、考えて、“今まで”とは
違った自宅学習日(受験休み)を過ごすことができましたか。


2週間後には学年末テストがある3月を迎えることになります。


テスト日程によっては、昨日・今日が、テスト2週間前に
なっている学校も少なくないでしょう。


その『未来』に向かっての考えを今日までには終わらせて、
明日から動き出せるようにしておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-02-16 12:00 | Trackback | Comments(0)

2月も半分が過ぎる

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

うるう年を除いて、この2月は4週間しかないため、
月の半分と2週間が重なります。


普段の月であれば、2週間経って、ちょっした後、半分を切った、
さらに残り2週間になったで、日々の早さを感じるものですが、
2月は、各1週間が4回、『機械的』『定期的』に過ごしていく、
いえ、流れていく感覚になっていると思います。


流れていくと表現しましたが、学生の場合、流していく、流されていくと
勝手に過ぎ去っていく感覚に近いかもしれません。


そうした状況・状態ではなかなか『今まで通り』の生活から抜け出せず、
新しいこと、すごいことはもちろん、面倒なこと、嫌なことなど、
やろうとして、出来る人は少ないと思います。


なかなかやれない、出来ないのがわかっているのであれば、
なぜわざわざやらせるんだ、出来ることを求めるんだと
考える方が最近増えてきたように思えます。


昨日も書きましたが、出来ないことが悪いのか、出来なきゃダメなのか、
出来てるのがそんなに偉いのかは、『そんなことは知りません』、
ただ一つ言えることは、『出来ない』『やれない』を続けてきて、
その結果を記録されて、積み重ねて、学校・先生側から、
『当校においては不適正』=自主都合による退学か、転校、あるいは、
強制的退学勧告されるか、内部進学を放棄して卒業だけさせてもらうかの
決定が下されることになります。


つまり、学校という機関、その中でも厳しい私立校・中高一貫校においては、
『出来ない』『やれない』ことは“個性”ではなく、“悪”として
記録されることになります。


今日で、学年末テスト2週間前を迎えた方もいるでしょうし、
2週間と2日前となった方も多いでしょう。


その約2週間を、どう過ごすのか、今まで通りに『流されて』しまうのか、
今まで以上に頑張れるのか、今まさに分かれ道を迎えていると思います。


三学期始業の時、そして受験休み(自宅学習日)明けと書きましたが、
その2回は『平常点』と『成績』の分かれ道となっています。


しかし、この2月残り2週間となった日は、
『点数』と『成績』の分かれ道をなります。


受験休み(自宅学習日)明けまでの平常点を落とした方は、
残念ながら、この学年末テストを頑張るよりも、
転校先を探すことをオススメします。


そして、今日からの2週間をテストに捧げられない方も、
テストが終わり次第、すぐに転校先を探すことも視野に入れられることを
オススメします。


年度最後の学期、最後のテストを前にして、
進級・進学の危機感も持てず、どうせ、何とかなるでしょうという
考え、態度、姿勢の方を学校側がいつまでも抱えることはありません。


もっとも、言い方が悪いですが、お金を払ってくれるお客さんとして、
ギリギリまで思い出作りをしてもらい、最後の最後で、進級・進学出来ませんと、
突き放すことが、全ての人にとってWinWinとなるかもしれませんが。


この三学期は、高校生にとっては『進級』の危機、
中学2年生、高校2年生にとっては『進学』の危機にまで
発展しかねないことが考えられます。


進級の審査は来月の今頃で、これは皆さん思い通りかもしれませんが、
進学の審査が、まさか2年次の三学期で決まるかもしれないことを
考えている方は少ないでしょう。


失礼ながら、その危機にある方ほど、そんなことはないとタカを
くくっていると思います。


残念ながら、親御さん、ご家庭の方もです。


そして、来月の今頃の呼び出し・面談で、ショックな通告を
受けることになった場合、そこから先の選択肢に、
通っていた学校の付属校、大学への復学というのは、
かなり難しい道となります。


危機的状況・状態にも関わらず、まだ一年だから、二年だからと
思っていると、案外早くに決定することもありますので、
気を付けておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-02-15 12:00 | Trackback | Comments(0)

学年末テスト何週間前?

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

“何”週間と聞かれると、まるで数週間もあるかのように
感じられると思います。


すでに2月も2週間が経つということは、
もう2月の残りは2週間となります。


タイトルでは、あえて、“何”週間前と書きましたが、
もう実際には、“何”日前かという状況・状態で考えないと、
まだ大丈夫、まだ時間がある、まだ間に合うと思っては、
毎日を後回し、先送りの日々で送ってしまうことになります。


今日を持って、どんなにテスト日程が遅い学校でも、
『3週間前』を切ったと思います。


早い学校なら、もう『2週間前』を切ることでしょう。


さらに、この2月中に、学年末テストがある方なら、
1週間前を、それこそもう数日前となっている方もいることでしょう。


いかがでしょうか、散々書いてきましたが、この2月を充実させて、
学年末テストにおいて、挽回できるだけの余裕を作れていますでしょうか、
あるいは、できるだけの最低の準備・用意は整っているでしょうか。


大変失礼ながら、昨年から4~5回のテストにおいて、
それを試さずに、『相変わらず』の生活、勉強、習慣を
続けてきた方のほとんどが、『出来なかった』ことでしょう。


出来ないことが悪いのか、出来なきゃダメなのか、出来てるのがそんなに偉いのか、
などと色々言いたいことがあることは、若者の特権なのでしょうが、
『そんなことは知りません』、ただ一つ言えることが、
『出来ない』『やれない』を続けてきて、その結果を記録されて、積み重ねて、
学校・先生側から、『当校においては不適正』=自主都合による退学か、転校、
あるいは、強制的退学勧告されるか、内部進学を放棄して卒業だけさせてもらうかの
決定が下されることになります。


生徒の自由、自主性を重んじる私立校・中高一貫校のことを、
勘違いしないでください。


失礼ながら、これは親御さん、ご家庭の方もです。


生徒の自由、自主性を重んじる=点数・成績が悪い、勉強ができないことを
個性として認めると言っているわけではありません。


勉強以外の何かを頑張っているなどの個性に関しても、
ではそれに特化した学校へと転校なさって下さいというのが、
私立校・中高一貫校の考えです。


自由・自主性を認める代わりに、その意義・意図を理解せず、
自分勝手に、好き勝手にやって、『記録される結果』で、
通っている学校が要求するレベルに達していないとなれば、
厳しく自己責任を取ってもらうことになります。


この辺の感覚、意識、覚悟が無い方のほとんどが、
親御さん、ご家庭の方も無いことが多いです。


何とかなるでしょう、一回二回の失敗、どうにかなるでしょう。


そうして落としていった先からは、よほどのことが無い限り、
“点数・成績”が上がることはありません。


中学時代は顕著にそれが出てきます。


正直、中学時代までは、わからないや出来ないというよりも、
面倒だ、嫌だと思う“だけ”で、本当にやってみてわからない、
出来ないということは少ないでしょう。


どの参考書・問題集にも例題や解法・文法の解説などがあり、
『初学者』に対して、非常にわかりやすく書いてあります。


厳しいことを言わせて頂くと、『これ』ですら、
わからない・出来ない、やる気になれない、
勉強をどうすればいいかわからないと言われるのであれば、
高校以降、進学・進級していくごとに、『勉強』が、
あなただけでなく、家族すらも巻き込んで、
苦しめる『存在』になるでしょう。


ですから、高校への進学は別の学校で、あるいは、
そもそも勉強と別の道を探すほうが良いでしょう。


昨今は高校卒業までが『義務教育』のように勘違いしている上に、
中学時代に認められた『個性』を高校生になっても、
『恩恵』を受けれると勘違いしている方が多いです。


これは失礼ながら、そういった方の親御さん、ご家庭“も”です。


この学年末テストは、今学年、今年度『最期』のテストかもしれませんが、
今年一年を占うこととなる『最初』のテストでもあることを忘れないでください。


『ここ』で、“繰り返して”しまった場合、今年中に取り返すことは
非常に困難になることでしょう。


親御さん、ご家庭の方は、その覚悟をもって、学年末テストの結果と
真摯と向き合い、いつまで通っている学校に『しがみついて』、
内部推薦取り消しを待つのか、よく考えておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-02-14 12:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

受験休みボケ?

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

先月も今頃まで、『冬休みボケ』と言わんばかりに、
休みの生活リズム、習慣がなかなか抜けきれず、
朝起きるのがつらい、昼まで眠い、やる気が出ないなどで、
過ごしてしまったかと思いますが、『今週』いっぱいも
そうして過ごすと、あとは地獄となっていきます。


今週を終えると、早い学校ではもう学年末テスト1週間前を切っており、
3月にテストがある方も2週間前を迎えることになります。


いつまでボケているつもりかはわかりませんが、
学年末テストで、この最後の三学期で、
進級・進学の合否が決まるなど、お笑いにもならないと
思いますが、いかがでしょうか。


今年度は進級・進学の合否が早く決まった、二学期までに
決まった“から”、それを乗り切ったから、この三学期で、
決まることはないと、安心しきっているかもしれませんが、
この三学期でも容赦なく進級・進学の合否を決めてくることもありますので、
注意して下さい。


個人的には、この三学期に、“そうなる”ということは、
言い方が悪いですが、かなり学校・先生から嫌われてしまっている
可能性があります。


その後の選択肢も少ないですし、仮に留年するにしても、
最後の最後で“裏切られた”と思う、感じる学校・先生に、
『来年』も教えを乞えることができるかどうか、
難しいと思います。


そうした最後のどんでん返しを受けることのないように、
早く休みボケから復活し、さらには、学年末テストに向けての、
勉強を始めておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-02-13 12:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

制限時間や締切などに縛られたくない、自由に生きたいと思う人は、
学生の皆さんだけでなく、大人でも多いと思います。


しかし、現実の社会においては、制限時間や締切が設けられ、
自由に、自分のペースで、好き勝手に生きられる人は、“少ない”です。


絶対に居ないとは言い切りませんが、人生や一日、一年といった区切りでいえば、
人には必ず制限時間や締切が存在することになります。


今は、無限の可能性、夢や将来・未来という言葉が横行し、
それを否定することは悪かのようになってきているように思えますが、
そのために『現実』を見れなくなってきているのであれば、
それこそが悪のように思えてきます。


学生時代は無限にあるわけではありません。


同時に学校での勉強、授業も、永遠に、無限に続くわけでも、
やらされるわけでもありません。


むしろ、その逆、時間がきたら、締め切りがやってきたら、
嫌でも、『止めて』もらうようになっていると言ってもいいでしょう。


日本では高校を卒業すると、もう二度と高校に再入学して、
勉強をし直すということが『できません』。


高校までの勉強は、授業は、高校生までの、その期間においてでしか、
『出来ません』。


どんなにしたいと思っても、それは『自分』で、勉強しなおすしかありません。


学校はありません、先生はいません、教科書も用意されていません、
授業時間など決められていません。


勉強が嫌だ、面倒だ、こんなの何の役に立つんだと思っている方からすれば、
それがどんなに素晴らしいことかと思えるかもしれませんが、
時間が経つにつれて、そのことがどれほど自分を無駄にしてきたことか、
自分の青春時代を、その時間を、一体何に使ってきたことか、
考えさせられる時が必ずやってくることになるでしょう。


学生の皆さんで言えば、直近の学年末テストがそうですが、
学年末テストが始まるまでの『日数』『時間』『授業数』は、
残りどれくらいでしょうか。


永遠に、無限にやる、やらなきゃいけない、やらされるという
イメージで思い込んでいませんか。


はたまた、限られた時間であることはわかっていても、
出来ない、やる気になれない、行動しない、考えたくないと、
駄々をこねて、拗ねていれば、学校・先生が、大人が、
親御さん、ご家庭の方が、何とかしてくれる、許してくれると、
思い込み続けていれば、何とかなると思っていますか。


一般の学校であれば、昨今は高校卒業まで、
周りから何と言われようとも『我慢していれば』
あるいは『無視していれば』、卒業が許されることが
多くなってきています。


ただ、高校を卒業するだけであれば。


しかし、そこから先は、何も用意されておらず、
誰からも手助けしてもらえず、それどころか、
『そうしてきた』『そうして生きてきた』ことに対して、
差別にも近い区別を受けることが増えてくることでしょう。


“たかだか”学校の勉強“ごとき”のことで、
そこまでになってしまうことを考えると、
思い描いていた夢や未来・将来のことにおいては、
より悲惨な状況・状態になることが多くなると思います。


私立校・中高一貫校では、そのことを点数、成績によって、
そして進級・進学の合否によって、明確に示されることになります。


そういう意味では、私立校・中高一貫校生は、学校に入学した時点から、
制限時間や締切に縛り付けられているとも言えます。


その限られた時間内で、一定の『条件』を満たさなければ、
その時点で、どんどん決まっていくことになります。


最終的には、進学出来ないことが決定し、これから先のことを、
ご自身で、親御さん、ご家庭の方と『考えて』もらい、
決めてもらうということになります。


その時になって、学校・先生に『何とかして欲しい』といっても、
何もしてもらえませんし、進路の相談など、『赤の他人』の
先生が口を出せるものではありませんので、何も言われないことでしょう。


こういった状況・状態にまでになった方、これは失礼ながら、
むしろ、親御さん、ご家庭の方のほうが、学校・先生に対して、
恨み節を持ち、批判をされることが多いですが、それも含めての
『自己責任』であることを、しっかり自覚しなければ、
『同じ過ち』を繰り返すことになるだけでしょう。


とりあえず、今は、学年末テストまでの残り日数、時間を考えるだけですが、
私立校・中高一貫校の場合、残りのテスト、成績の回数、それまでに
進級・進学の基準をいつまでに、どう満たさなければならないか、
そういった先々の『残り』を考えていかないと、もう残っていない、
つまり、進学出来ないことが決定するということになります。


学年末テストまでもそうですが、“今学年”も、さらには、
学生時代、中学、高校、大学時代も、刻々と『残り』日数、時間は
過ぎてきています。


よく考えての行動を起こすことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

# by eikan-seirios | 2019-02-12 12:00 | その他 | Trackback | Comments(0)