人気ブログランキング |

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の
仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

まだ中間テストが始まっていないのに、
結果が出ていないのに、そんな『先』のことを
考えられないという方は多いと思います。


もう、この時点で、『中間テストを受けるまで』の
『反省』がなされていないことになります。


この中間テストを受けるまでの期間をどう過ごし、
今に至っているのか、今どう困っているのか、
今まさに経験していることでしょうから、
『来月の今頃』、期末テスト前として、
『同じ状況・状態』になる可能性があることが
よくわかると思います。


部活動で忙しかった、テスト前に宿題が終わらなかった、
ノートは抜けが多かった、プリントが整理できていなかったなど。


今、経験した、失敗、苦しみを、来月繰り返すのでは、
中間テストを受けるまでの経験は、
『無意味』『無駄』だったということになります。


これは結果が出る前に『反省』しておかないと、
仮に結果が予想より高かった、予想通りに低かった、
あるいは予想以上に取れた、取れなかったとなったとしても、
ここまでの失敗を無かったことにして、中間テスト後を過ごせば、
同じ過ちを繰り返し、さらには、結果はよりひどい結果になって、
総合して、一学期の『成績』は、予想を下回る大誤算の結果と
なります。


すでに平常点を落して、4や5といった好成績を取れないことが
確定している方が多いとは思いますが、それでも、まぁ3は
取れるだろう、1は取らないだろう、もしかしたら2に
なるかもしれない『程度』に考えられていると思います。


これは失礼ながら、親御さん、ご家庭の方も。


2020年度の教育改革の前年度となる今年度は、
その『程度』の考えの方を、ふるい落とすように、
審査・評価を下すことが予想されます。


もし、学校・先生側が本気になっていたら、
『まだ』一学期なので、ここで釘をさすためにも、
大多数の方に厳しい評価を下すことも辞さないと
なっている場合があります。


それこそ、過半数を超える人を、1や2といった
成績をつけ、いわゆる『平均』の評価とされる3の成績を、
取れる、取っている方が少ない状況になるかもしれません。


そうすることで、『目を覚まして』もらい、
二学期から、いえ、夏休みから危機感をもって、
頑張ってもらおうとする可能性があります。


そうなった時、周りの友人・知人、クラスメイト“も”
『成績』が低いから、自分“も”大丈夫、許されると
勘違いする方から、淘汰されることになると思います。


『絶対評価』の私立校・中高一貫校において、
周りの人の評価は関係ありません。


それこそ、本気になった学校・先生が、本当に厳しくするのであれば、
過半数を超えようとも、基準を満たさない生徒は全員、
進級・進学させないとすることだってできます。


まず、そういったことにまでなることはありませんが、
そこまですることも出来る、権限を持っていることを、
よく考えて下さい。


そこまでしなければ、学校内の偏差値、学力を保てないとなれば、
苦渋の決断かもしれませんが、学校・先生側は強行することが
出来ます。


すでに今年度から『内部進学』の条件そのものが変わった学校も
あるかと思いますし、条件は変わらないにしても、
その条件を満たす難易度、つまりテスト内容や平常点の評価、
成績の付け方が厳しくなった先生もいると思います。


そうしたふるい分け、締め付けが厳しくなっていくことが
予想される中、のほほんといつまでも、待ってもらえる、
許してもらえると構えていると、あっという間に、
『記録』されていく『結果』に追い込まれて、
追い詰められていくことになります。


そうならにためにも、事前事前の反省と対応、
そしてそのためにどうするのか、どうすべきかの
『決断』を早め早めに行うことをオススメします。


こう書くと、そういって、塾や家庭教師を勧めているのだろうと
思われるかもしれませんが、今年度以降、
『記録』された『結果』に追い込まれた、追い詰められた方、
特にその『記録』された『結果』で進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校生は、塾や家庭教師をつけても、
『無駄』となると思います。


もう、その時には『遅すぎて』、付け焼刃にもならないため、
内部進学出来ないことを前提に『受験進学塾』や『予備校』に
通わなければ、『受験』に間に合わないことでしょう。


内部進学、さらには進級に間に合わせたいというのは、
二年次、二学期から、結果がある程度記録されてからでは、
仮に毎日塾や家庭教師に教わっても、間に合わないでしょう。


私立校・中高一貫校で、抜け落とした基礎学力は、
そして、それを積み重ねてしまった罪と罰は、
たかだか、数カ月、数週間、月に数日、週に数時間の勉強で、
取り戻せるものではありません。


受験など、長期的な目標に向かって、コーチングなどによって、
自発的に、勉強するようになって、後半の伸び率で逆転合格することは
否定できません。


しかし、短期的な目標の定期テストにおいて、さらには、
積み重ねてきた借金によって、『取らなければならない』
『超えなければならない』合格点が、80・90点以上とも
なってくると、学校の定期テストとはいえ、基礎学力が無い、
さらには、部活動などで時間が無いという方が、
その点数を取ることは難しいでしょう。


効率良く、要領良くやれば出来ると思われがちな勉強ですが、
基礎となる学力、演習などには『物理的な時間』がかかります。


それを技術や集中力、さらには才能・能力で補えると考えるのであれば、
たかだか学校の勉強ごときではなく、自分の将来・未来に直結する勉強に
シフトされることをオススメします。


一部の、『勉強』の天才・秀才を除き、
たかだか学校の勉強ごとき“でも”それを出来る方は、
少ないでしょう。


もっとも、一昔前、ゆとり教育の影響もあって、
まだ緩かった時代であれば、そういったことが出来た方も
いたと思います。


しかし、最近は、『記録』された結果、つまりテストの点数、
成績がそれを許さないほどの評価にされてきているように
思えます。


その一回目の『記録』が付けられる一学期中間テストを終えたら、
すぐに二回目の『記録』期末テスト、そして今学年一回目の成績が
記録されることになります。


中間テスト前を迎えるまでの期間の失敗を、
期末テスト前に繰り返さないようにしておくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

# by eikan-seirios | 2019-05-24 23:39 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の
仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

この最初の定期テスト、一学期中間テストから、
タイトルのようなふざけたことをする方はいないとは
思いますが、『まだ』私立校・中高一貫校に慣れていない、
絶対評価、記録される点数、成績が進級・進学に
直結する感覚がない方もいるかもしれませんので
釘を刺させて頂きます。


これは付属の小学校から進学した内部生、
中学・高校から受験合格して入学した外部受験生に多いのですが、
内部進学出来た、受験合格した自信があるからなのかも
しれませんが、『たかだか』学校の定期テストと
タカをくくって、大したものではないだろうと
思っていると、『思った以上に』点数が取れず、
この一学期を終えた頃には、焦り始めることに
なるでしょう。


成績の評価の比重が重い定期テストですら
軽んじる方の多くは、平常点などもっと
軽んじていることが多いので、宿題などの提出物、
小テストの結果なども含めて、この一学期から
『成績』を落すことになると思います。


昨年度からうるさく書いておりますが、
この一学期から、成績1、不合格といった結果を
出した方は、もう赤信号が点滅することになります。


それも複数教科においてとなると、昨年度もそうだったと
思いますが、学校・先生からは、強い口調で、
他校転校(自主退学)を勧められることになると
思います。


数年前からのデータとはなりますが、
この一学期の時点で、そうした成績を残した方が、
そこから心機一転、勉強に目覚めて、
進級・進学への道を切り開いたという話は、
聞きません。


一昔前までは、自分の取った点数に、成績に、
危機感を覚えて、自らを律し、まずは平常点を取る、
次にテストで点数を取るということを徹底して、
やれる・出来る方もおりました。


そういう方は、二年次、または二学期までに、
その挽回の兆しといいますか、きちんと『結果』として、
点数を取って、成績を取って、学校・先生に進級・進学の
意思を示されていました。


しかし、昨今、成績が悪いのが何だ、それが自分の個性だと
主張するかのように、点数、成績を一向に上げようとせず、
さらには、どうせ何とかしてくれるんだろうと、
タカをくくったかのようにされる方が増えてきています。


一番わかりやすいのが、呼び出し・面談となった前後でしょう。


その前後だけ、『泣きだしそうな』顔をして、
まるで自分は『被害者』だと言わんばかりの態度で、
『反省した』ように見せていれば、周りの大人は何も言えない、
それで『許してくれる』と、それで『済まされる』と
考えているように見える方が多くなりました。


もうこうなると、これ以上強く言えば、
パワハラ、精神的虐待となりますので、
『記録』された『結果』の計算上、
進級・進学出来ないことが決まるまで、
『静観』するしかなくなります。


しかし、そういった方が増えれば、当然、
他の方にも勉強面、精神面において、
悪影響することになりますので、
今後は、そういった方を、早々に追い込めるように、
厳しい審査・評価を下し、遅くとも二年次までには、
進路の選択を迫ることになっていくと思われます。


その時になって、いやまさか、そこまでの状況・状態に
なっているとは思わなわかった、わからなかったで、
記録された結果は決して覆りませんので、気を付けて下さい。


今年度以降、私立校・中高一貫校各校においては、
この決断を迫られることが『早く』なっていくことでしょう。


そうしなければ、高校生のための学びの基礎診断、
大学入試への『対応』が遅れ、その方にとっても、
親御さん、ご家庭の方にとっても、さらには、
学校側にとっても、不幸な結果となるからです。


内部進学・受験時には、私立校・中高一貫校に
入学できる学力があるかどうかを審査されますが、
入学してからは、各学年の一学期において、
通っている私立校・中高一貫校での適性の審査が行われ、
二学期には次年度、次学年の勉強、授業についていけるかどうかの
審査が行われるようになります。


この一学期で、点数を、成績を落すという状況・状態は、
通っている学校での適性が著しく無いと判断されて、
評価を下されたことになります。


中学卒業まではその学校に在籍することはできますが、
高校進学の合否、そして高校進学後は、
より厳しい審査と評価によって、
結果を出さないことに対して厳しい罰が下されることに
なります。


私立校中高一貫校の場合、その危機感を、中学時、
一年次、一学期から持っていないと、転げ落ちるように
点数は、成績は落ちていきますので、気を付けて下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

# by eikan-seirios | 2019-05-23 23:00 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の
仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

早い学校ならもう今週には中間テストが行われているかも
しれません。


遅い学校でも、テスト2週間前となったと思います。


テスト、テストとうるさく感じられるかもしれませんが、
私立校・中高一貫校生は、その定期テストが自分の人生を
決めるものとなります。


そんな大げさなと思うのであれば、テストなど気にせず、
過ごしてみるのもいいでしょう。


しかし、テストの結果によって、進級・進学の合否が決まる、
さらには退学とまで厳しい措置を取る学校であれば、
そういった方を、学校に『在籍』することを許すことはないでしょう。


特に今年度以降は、言い方が悪いですが、
そういった言動・態度・姿勢の方はもちろんのこと、
勉強が学力がついていけない、学校のレベルに合わない方も含めて、
『さっさと出てってもらう』ようになっていくと思われます。


他の生徒に悪影響するとまでは言いませんが、
その方にとっても、学校生活、特にメインとなる
授業・勉強が苦痛になる、苦悩の原因となる可能性を考えると、
早い段階で、別の道を提示することが、
その方の人生において、良い方向に向かうと考えられます。


今までは、そうはいっても、その方の人生を救う意味でも、
たかだか学校の勉強程度のことで、進路・人生を変えてしまうのは、
あまりにもひどい所業だということで、温情が与えられていたと
思います。


しかし、昨今、学力の格差が、『救いようのない』ほどの差を
生むようになってきて、授業の進捗、指導の方針が、
各個人に対応できなくなってきていると思います。


遅れを取った方に合わせて、授業の進捗を、質を、レベルを、
遅らせることも出来ませんし、さらには個別で補習・補講をしても、
ついていけないとなると、あとは進級・進学出来ないことが決まるまで、
成績を記録してもらうだけになってしまいます。


また、先生がそういった方に個人的に介入し、
下手な口出し、手出しをすると、今では、
パワハラ・アカハラ、依怙贔屓にもつながりかねません。


ましてや、単位制絶対評価の私立校・中高一貫校において、
『成績をつける』権限を持っている先生が、それをすれば、
問題になることでしょう。


学業面における問題においては、学校・先生側の
サポートとして行えることは、全体的な補習・補講を行う、
スクールカウンセラーを設置する、進路相談を行えるように
するなどが限界でしょう。


ですから、学力そのものの向上は、ご家庭の問題となっています。


今後、学校、教育機関は、あくまでもその『審査・評価』を
するだけになっていくと思われます。


もちろん、そうではない特色ある学校も増えていくとは思いますが、
学校として『認められる』のが、結果、記録となっていくことを
考えると、多くの私立校・中高一貫校は、この傾向を
強めていくと思われます。


今は、『あの』私立校・中高一貫校に入学したのだから、
入学させたのだから、あとは先生たちが素晴らしい指導、教育を施してくれて、
子供達が自由に伸び伸びと勝手に学び、成長していくわけではありません。


文武両道を体現したモデルケースとなるような方は、
“そう”感じさせてくれるものですが、
そうでない方は、『審査・評価』の記録だけが、
色濃く残っていくことになるだけです。


その記録の結果で、進級・進学出来れば、
まだ最終学歴を伸ばすことができます。


しかし、進級・進学出来なければ、そこから
這い上がることが出来るかどうかの問題になってきます。


最近は本当に、受験で逆転合格という話を聞きません。


むしろ、偏差値やレベルを下げた学校ですら、
なかなか合格できないという話が増えていると思います。


そこまでのことを考えて、この今学年初の一学期中間テストに
臨みましょうとは言いませんが、一回目だし、中間テストだしで、
甘く見てかかると、最初から手痛いしっぺ返しとなるかも
しれませんので、気を付けて下さい。


もう『物理的な時間』も限られてきていると思います。


精神論で、甘い概算、目論見で、定期テストに
臨むことのないようにしておくことをオススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

# by eikan-seirios | 2019-05-22 23:27 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

5月残り10日

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の
仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

中間テストが6月にある方は、そろそろ目を覚まして下さい。


残り10日で、5月が終わります。


残り10日で、『中間テスト』がある6月になります。


今週・来週に中間テストがある方は、もう目覚めているというより、
青ざめているかもしれませんが、テストまでの時間を、
テスト勉強に懸けられるように祈ります。


一昔前であれば、テスト前になっても、駆け込みで、
何とか出来た、何とか点数に繋げられたものではありますが、
昨今は、テストどころか、平常点となる宿題・課題すらも、
『終わるかどうか』の量を溜め込む方が増えてきています。


さらに、テスト前でも部活動があるとなったら、
もうこれは『物理的な』問題として、テストに対応するには
『不可能』と言えるようになってきていると思います。


一問一分で解く演習をするとしても、
宿題で『答え』を丸写しするにしても、
『物理的な時間』が必要となります。


いくら合理的に、効率的にやろうとも、
この基本となる『物理的な時間』は、
早く、短くすることは出来ません。


皮肉なことに、それが『出来ない』上に、
勉強が出来ないのに、その『物理的な時間』が、
取れない、取らない方が増えてきています。


これは失礼ながら、親御さん、ご家庭の方も含めて、
そうして勉強に対する『物理的な時間』を無視する傾向に
なってきています。


効率良く、合理的に行えば、
『たかだか』学校の勉強、宿題『ごとき』のこと、
すぐに終わるだろう。


勉強に時間をかけるなんて、人生を損している。


さらには、そもそも受験勉強という、時間がかかり、
面倒で厳しい時間を過ごさないように、高校・大学付属の
学校に入学した、入学させたのだから、
受験勉強が免除される『時間』分だけ、別の素晴らしい
人生経験に『時間』を費やすべきだとまで考えられて
いるようにも思えます。


各私立校・中高一貫校の勉強、授業は素晴らしく、
その『勉強』に、その『授業』についていければ、
受験勉強にかかる時間より『効率良く』『合理的に』
受験生と同じくらいの学力を身につけられるように、
なってはいます。


しかし、
“その『勉強』に、その『授業』についていければ”
の話です。


ついて行けなければ、落ちこぼれてしまえば、
『受験勉強にかかる時間』よりも、
時間をかけなければ、通っている学校より
上位の学校へと行くことはまず無理となり、
同じレベル・偏差値の学校すらも、
目指すことが出来なくなる可能性は高いです。


私立校・中高一貫校での生活は、特に勉強に対しての
姿勢、態度は一歩間違えると極端な結果を出してしまう
もろ刃の剣のようなものとなります。


受験無く、楽に高校・大学へと進級・進学出来るから、
『たかだか』学校の勉強、宿題『ごとき』のこと、
効率良く、要領良く、短時間で何とかして、
もっと他のことを、より多くのことを経験して、
充実した学生時代を過ごしたい、過ごさせたいと
思っているかもしれませんが、その場合、
進級・進学出来ないかもしれないということが、
『なってみてわかった』時には、そこからは
受験にかかる時間と同じくらいの時間をかけないと、
『たかだか』学校の勉強、宿題『ごとき』でも、
追いつくことは難しくなります。


一回の定期テストの『範囲』『量』ごときは、
受験勉強の比ではありませんが、それが数回分と
なった時、受験勉強同様、さらには、それ以上の
時間をかけなければ、『学校側が求める』
受験生と同じくらいの学力、あるいは、
高校・大学へと進級・進学出来るだけの学力を、
具体的な数字・数値として、示すことができない、
つまりテストの点数、成績を取ることが出来ないことに
なります。


二年次二学期を経て、今まで通りの文武両道、
勉強以外の体験・経験重視の考え方で
私立校・中高一貫校で進級・進学出来るのは、
その時点で『進級・進学』に問題の無い
成績=『記録』を取っている方だけです。


『進級・進学』に問題の無い成績=『記録』というのは、
少なくとも進級・進学要綱の基準、ボーダーラインを
超えていることが前提です。


『次』の成績から、4や5を取っていけば、
取り続けていけば、二年次二学期までの借金分を
返せるという『希望的概算』で進級・進学要綱の
基準、ボーダーラインに『届く』ということでは
ありません。


今年度以降、そうした『希望的概算』で考えられる方の中から、
下から順番に、進級・進学できないことがどんどん決まって
いくことが予想されます。


そうなるといよいよ、私立校・中高一貫校での
進級・進学の『逆転劇』は、見られなくなっていくと思います。


これは、受験での『逆転劇』よりも、厳しく難しいものと
なることでしょう。


今までは、そうは言っても、学校の運営上、一定数の生徒を
確保したいということで、グレイゾーンの方も、
温情によって、進級・進学させてきたと思います。


しかし、2020年度の教育改革以降は、そうして進級・進学
させた人が問題となってくると思われます。


その問題の数を“減らす”ためにも、ある一定の時期において、
『別の道』を選べるように、審査・評価を早く厳しくして
くることになると思います。


受験無く、高校・大学へと進級・進学出来る
私立校・中高一貫校での
『たかだか』学校の勉強、宿題『ごとき』のことと、
タカをくくっていると、そこまで追い込まれることも
ありますので、気を付けて下さい。


受験無く、高校・大学へと進級・進学出来る
私立校・中高一貫校だからこそ、
『たかだか』学校の勉強、授業、宿題『ごとき』のことを、
『たかだか』『ごとき』で済ましません。


その学校での勉強、授業、宿題で、
受験勉強と同様の質、学力を身につけさせようと
考えています。


その学校の勉強、授業、宿題を、きちんと
『物理的な時間』を作ってやらないと、
通っている学校での進級・進学はもちろん、
受験勉強になど耐えられるものにはなりません。


私立校・中高一貫校生は、よく考えて、
学校の勉強、授業、宿題に対する
『物理的な時間』をどうするか、
判断・決断をすることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

# by eikan-seirios | 2019-05-21 22:59 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の
仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今週に中間テストを迎える学校もあるかもしれませんが、
来週、再来週にテストを控えた方は、『まだ』今週は
余裕があると思っていることだと思います。


学年最初のテストですが、『次』のテストが
まだまだあるから、そんなに意気込む必要はない。


受験で入学された方の中には、まだ危機感を持てる方も
いるとは思いますが、内部進学、進級した在校生にとっては、
『そこまで』危機感を持つ必要はないとタカをくくっている人が
多いと思います。


事実として、そうしてきて、そうした意識、生活で、
『進級・進学』出来たのだから、うるさく説教されても
聞く耳など持たないのは道理だと思います。


そういう考え、意識である限り、
なってみないとわからないと思いますので、
なってみてから、嘆いて下さい。


記録されたもので審査・評価が決まっていくシステムでは、
そうして『なってみて(記録されて)から、評価を覆す』ことが
できません。


この中間テストでひどい点数を取っても、
期末テストで、高得点を取れば、
中間テストの結果は関係ないものとすると、
『明記』されているのであれば、問題ありません。


『次のテスト』、期末テストで頑張ればいい、
つまり『次頑張れば』の話ができます。


しかし、中間テストの結果も、『成績』に反映されるとなると、
この中間テストの失敗によっては、もう『成績』がほぼ決定して
しまうことがあります。


少なくとも、この中間テストの結果が、数点、0点といったもの
だった場合、仮に期末テストで百点満点を取ろうが、
成績は3以下となります。


決して、4や5といった成績を取れることはありません。


そして、宿題提出、小テストなどの平常点次第では、
成績2以下が決定する可能性があります。


そうなってから、成績を『上げる』ことは
かなり難しくなっていきます。


2や3という成績すら、『保つ』ことも難しくなります。


私立校・中高一貫校は元々、そういった厳しさを持っていましたが、
昨今、それを『甘く見積もって』、最後の最後で、
『与えてくれる』『許してくれる』ということを、
期待しすぎる方が多くなってきています。


子供達の無限の可能性を、未来・将来を否定するようなこと、
圧し潰すようなこと、抑えつけるようなことは、
『悪』ということで、自由に伸び伸びと育ってきた世代が、
この教育改革の年度と重なることは皮肉なことではありますが、
結果に対する『自己責任』の重さが、ピークを迎えることに
なると思います。


『たかだか』通っている私立校・中高一貫校で、
進級・進学できない『ごとき』のことは、
大した問題ではありません。


学校は、選択肢は、無限にあるわけですから、
たまたま通っていた学校では『合わなかった』で、
別の道へと進めば済みます。


しかし今後、その別の道に進むのにも記録してしまった、
『結果』がついて回る『自己責任』とまでなってしまうと、
その消せない『記録』が、足を引っ張ることになります。


私立校・中高一貫校生の場合、『その記録』に加えて、
“本来であれば”“普通にやっていれば”、
得られたであろう未来・将来を、友人知人、クラスメイトから
見せつけられることになります。


進級・進学したばかり、まだ中間テストすら受けていない、
つまり『記録』が無い状況・状態で、こんなことを言われても
実感がわかないかもしれませんが、『記録』が付いてから、
後々になって言われるほど、『ずるい』『卑怯』
『何でもっと早くに言ってくれなかったんだ』などと、
言われることのないように、『きちんと』説明を、
口頭だけでなく、書面において、『伝えられている』ことを、
気を付けて下さい。


この時点で、読んでいない、わかっていない、知らない側が、
『全て』悪いとなります。


昔であれば、うるさく説教できたために、気付く方、気付ける方は、
早く気付けたものですが、今や、それもパワハラ、アカハラ、
さらには、無限の可能性がある子供達を否定するようなこととして、
言われてしまうのでは、『進級・進学の権限』を持っている、
学校・先生は『何も言わない』ことでしょう。


その代わりに、『記録』されていく『結果』に対しては、
より厳しく細かく、強く『意味』を込めて、評価を付けることに
なると思います。


そして、全ての『記録』を付け終えた時に、それが進級・進学の
合否の『証拠品』となります。


進級・進学できないことが決まる時は、有無を言わさず、
温情も忖度も、同情もなく、事務作業として処理されることに
なりますので、気を付けて下さい。


一回目の定期テスト、一学期中間テストにおいて、
ここまでの危機感を持ちましょうとは言いませんが、
学校でのテスト、成績の結果によって、受験無く、
楽に進級・進学出来る私立校・中高一貫校生は、
その『記録』の一回目が行われるということを、
よく考えておくことをオススメします。


『次は頑張る』で、そういう気持ちを持ったからといって、
『記録』された『結果』の評価が変わることはありません。


また、そういった反省を、気持ちを示すためには、
『次の記録』で数字として、数値として、
指し示さなければ、その反省も、気持ちも含まれることなく、
非情に思える審査・評価が下されることになります。


そして、学生時代はいつまでも『次がある』と考えていると、
数回目の『次』で、もう残りの『次』では挽回できないと
いうこともありますので注意して下さい。


今はまだ、『最初』『一回目』、『記録』が無いので、
まだまだ『次』があります。


最初、一回目の記録がついても、まだ『次』があります。


その『次』がいつまで続けられるかどうか、
よく考えておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

# by eikan-seirios | 2019-05-20 23:18 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の
仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

先週はGW明け、それも月曜日が休みだったため、
まだ休み気分が抜けずに過ごした一週間だったと思います。


しかし、今週は学校行事の修学旅行や林間学校などが無い限り、
月曜から土曜日までフルの時間割で、授業が行われたはずです。


この一週間が期末テストまで続くことになります。


テスト前・中は部活動が休みになるとは思いますが、
それも休めないとなった場合、テスト前・中すらも関係無く、
今週のような一週間があと、5・6回続きます。


休みが無い、時間が無いは、年間スケジュールを確認していれば、
わかった、予想できたことでしょうから、その予想を上回るようであれば、
早々に対策・対応をしないと、あれよあれよと、この一学期が
終わってしまい、『記録』が残ることになります。


最終的に受験を考えている方ならば、そんな一回一回の『記録』は、
自分の実力、学力の“確認”程度で済みますが、
絶対評価の私立校・中高一貫校で進級する、
内部進学するつもりであれば、その『記録』が、
進級・進学の条件、基準を満たし『続けなければ』
ならないことになります。


その最初のテストにおいて、学期において、
厳しい環境・状況下にいるかもしれませんが、
皆平等に与えられた授業、勉強、自由の『時間』を、
どう使うかが、自己判断による『自己責任』となります。


今週すでにいっぱいいっぱい、忙しい、時間が無いの
言い訳で、勉強出来ない、やる気になれないというのであれば、
それはもう、通っている学校での適性がないか、
文武両道に無理があるかのどちらかとなります。


これから先、意識・覚悟次第では、無限の可能性、未来・将来を
切り開けるかもしれませんが、その切り開く時を、
『いつまでも』『何度でも』待ってもらえるわけではない
ということに早く気付かなければ、傷は広がる一方となり、
いずれ完治(挽回)不能となります。


そうなってから、塾や家庭教師に駆け込んでも、
結末は変わらないという方が増えてきています。


宣伝だから、そういうのだろうと思われるかもしれませんが、
一昨年度から、当塾では、二学期中間テストまでに、
点数、成績を著しく落し、それ以上に学力を落している方、
さらにその状況・状態でも、文武両道で、部活動を続けたいという方には、
受験進学塾をオススメしております。


もうその段階、状況・状態では、最悪受験することを視野に入れる、
あるいは保険にしたほうが、『失敗』に対して、
早く対応が出来ることになると思われるからです。


失礼ながら、そうしてでも、ほとんどの方が内部進学できずに、
自主退学(転校)か他校受験となり、音沙汰が無くなっています。


私立校・中高一貫校生の進級、内部進学を手助けしてきた
塾としての結論ですが、昨今の私立校・中高一貫校で、
落ちこぼれて、二学期中間テスト以降から進級する、
二年次二学期中間テスト以降から進学までこじつけることが、
『効率良く』『短時間の集中勉強』では難しくなってきています。


昨今の私立校・中高一貫校生は、元々の素養や要領の良さを
持っている方が減ってきたように思えます。


むしろ、素養の無さ、要領の悪さが目立ってしまって、
それが、結果として浮き彫りになってから、慌てて、焦って、
それでも今まで通りの生活は続けたい、あれもこれもどれもしたい、
手放したくない、辞めたくないと嘆かれる方が多くなったように
思えてきます。


子供達の可能性を赤の他人が否定することは
今ではパワハラ・アカハラとなるようですが、
『記録』と『時間』は言葉以上に迫ってくることに
なりますので、気を付けて下さい。


情報化、記録化が進む昨今、『なってみてわかった』後の、
自己責任は、ますます重くなってきています。


その重さに潰されることのないことを祈ります。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

# by eikan-seirios | 2019-05-19 22:05 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

テスト前の貴重な週末

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の
仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今週末はテスト前の週末となっている方もいると思います。


いや、まだまだ来週、再来週だという方も、
その週末がテスト前というよりも、
テスト直前、数日、数十時間前の週末になっています。


『テスト前』の定義があやふやなために、
わかりづらくなりますが、テスト直前、
数日、数十時間前の週末を『テスト前』としている限り、
テスト勉強が間に合うことは少ないでしょう。


おそらく『作業』、つまり、宿題やノートまとめなどが、
ギリギリ間に合うかどうかで、終えていると思います。


今までの経験、成功体験で、『その勉強』で、
合格点を取れていた方も多いと思います。


今年度以降、テストの難易度が上がった場合、
そういった方々が淘汰されるようになっていくと
思います。


特に高校生は、『高校生のための学びの基礎診断』が
実施されることを考えると、学校・先生は、
そのテストに照準を絞る可能性があります。


これは大学まで付属の私立校・中高一貫校といえども、
無視できるテストにはなっていないと思います。


その結果次第によって、学校に入学してからの
学力、偏差値が浮き彫りになり、場合によっては、
ブランドイメージを損なう可能性があります。


大学側もその結果には注目されることでしょうが、
高校での評価と学力、偏差値との差異が大きかった場合、
内部推薦の条件を見直されることが予想されます。


もちろん、評価が適性、むしろ評価以上に見合った学力、偏差値が
見られた場合は推薦枠が増えることもあると思います。


しかし、昨今の現状を考えると、そうなるには厳しいと
思われます。


言い方が悪いですが、足を引っ張る方が、上位の方よりも
多くなってしまい、全体的には、入学時より学力、偏差値が
下がる傾向になることが予想されます。


その下げ幅をどこまで抑えられるかが、付属校の課題になると
思います。


進学校は、上昇率を示すことで、
現状では入試への活用は検討先送りとなっておりますが、
将来的には、受験に有利になる、
推薦枠などを確保できるようになる可能性を考えると、
やはりこの『高校生のための学びの基礎診断』で、
優位に立とうと考えられていると思います。


今年度以降、その影響で、学校内での授業、定期テストにも
反映されることが予想できます。


その予想通りだった場合、今までと同じように、
テスト前の週末、作業で済ませたテスト勉強で、
点数が取れるかどうか、わからなくなってきますので、
気を付けて下さい。


私立校・中高一貫校は、普通の、一般の学校と異なり、
『勉強』をすることを、言い方が悪いですが、
『強制される』『義務付けられている』ことが、
良くも悪くも特徴となっています。


それが嫌なら、どうぞ他校へ、別の道へと、
言える『契約』『約束』を、入学時にしていることに
なります。


こうした変化に翻弄されることのないように、
対応出来るようにしておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

# by eikan-seirios | 2019-05-18 22:47 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の
仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

5月も残すは2週間となり、中間テストも
現実味が帯びてきたと思います。


と同時に、現状の自分、状況・状態を照らし合わせてみて、
いかがでしょうか。


事前に出されていた宿題はまだ終わっていない、残っている、
ノートやプリントなどは抜けている個所がある、
テスト前の予定や計画はいまだ未定のままなど、
準備・用意もなく出たとこ勝負で、
臨機応変に対応できるほどの要領の良さ、
適応能力があるのであれば、問題ありませんが、
受験無く進級・進学出来る私立校・中高一貫校生は、
それらが無い場合、倍返しに近い制裁を受けることに
なります。


それが、自分の進路を、人生を左右するほどのものと
なった時に、気付いて、なってみてわかって、
過去の自分を恨んでも、後の祭りとなります。


この時期、何をどう言おうとも、無限の可能性、
未来・将来があることを盾に、説教はもちろん、
小言や助言すら、無視することができます。


他人がとやかく言おうが、自分の人生には、
生活には関係ない。


権利と自由をはき違えていなければ、
その言葉は言葉通りの意味を成してくれるでしょう。


しかし、後々になって、やっぱり無しで、
ごめん、間違えていた、今までのことは水に流して、
これからの可能性を、未来・将来をもう一度信じてもらいたい、
といった、無責任な言動が許されることはありません。


情報化、記録化が進む社会、世界においては、
より厳しく、許されなくなっていくことでしょう。


受験無く楽に進級・進学出来る私立校・中高一貫校生は、
このことをよく考えておかなければ、学生時代、
それも最後の最後になって、進級・進学出来ないことが決定し、
強制的に気付かされることになります。


その時に、子供だから、幼かったから、わからなかったと、
主張することはできません。


ましてや、無限の可能性、未来・将来を持つから、
これから頑張る意識、意思があるのだから、
進級・進学する権利がある、などといった
権利主張もまかり通ることはないです。


進級・進学出来る権利を持つのは、
進級・進学要綱、基準を満たした方だけです。


さらに言えば、その先、高校でのコース選択や
大学での学部学科の選択に関しても、
『上位』の方から優先して選ぶことが出来ることになります。


自由、自主性と言われている中で、自分を律し、奮い起こし、
結果を出した方が優遇されることになります。


少なくとも、これは『学生時代』『学校機関』においては、
公平、公正、平等に分け与えられている事実となります。


その事実を否定し、もっと個性を重視しろ、
学校での勉強、テスト、成績の結果だけで審査するな、
やる気や気持ち、熱意といった目に見えないものも評価しろと
言うのであれば、そういったことを評価してくれる
学校、教育機関を探し出して、そこへ進学されることを
オススメします。


ここまでのことを考えて、危機感を持ちましょうとは
言いませんが、今年度以降、あるいはもう昨年度から、
多くの私立校・中高一貫校で、この一学期から、
ふるいをかけるような厳しさで、審査・評価を
行ってきていると思います。


比較的、点数が成績が取りやすい、この一学期から、
そうした審査・評価がされるようになると、
やらない方はもちろんのこと、
出来ない・ついていけないという方に対しても、
厳しい処置が取られることがありますので、
気を付けて下さい。


『まだ』一年生、二年生、一学期だからといって、
油断して、二年次二学期において、進学の合否が決定し、
『内部進学できない』ことを前提に、進路をどうするのかと
追い詰められることにないようにしておくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!







【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

# by eikan-seirios | 2019-05-17 23:02 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の
仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

GW明けの先週はそこまで進んでいないように思えて、
今週になったら、気付いたら20ページ近く
進んでいたということになっていないでしょうか。


かりに十数ページでも進んでいれば、
もう一単元分の範囲が終わっていることでしょう。


今週来週には新しい単元の範囲に進み、
応用まではいかないまでも、基本問題となる
範囲までが中間テストの範囲になる可能性があります。


先月の今頃なら、基本問題を、じっくり丁寧に、
何回も同じような説明を、わかりやすく教えてくれた授業も、
そろそろ、はいわかりましたね、では先に進みます、
と『待ってくれなく』なったと思います。


もう慣れたでしょうというつもりではないでしょうが、
授業の進み具合、宿題の出され方などは、
『わかった』『わかっている』という風に、
進めてきていることでしょう。


これらは『やってきている』『出来ている』方を
もとに進められる予備校や大学のような授業形式ですが、
今年度以降の私立校・中高一貫校は、この傾向が強まって
いくことになるでしょう。


ついていけない、遅れを取る方は、補習や補講をしてもらって、
それでもついてこない、やらないという方は、
どんどん記録=証拠を残してもらい、最後の最後、
はい、さようならというスタイルになっていくと思われます。


『自己責任』とはいえ、この傾向が進んでいくと、
早い段階で進級・進学できないことが決まる方が
増えていくことになると思います。


2020年度の教育改革、そしてその後の混乱を考えると、
そうしたほうが進路の選択を早く行えて、
人生の軌道修正が行えるかもしれませんが、
納得されない方、失礼ながら、これは
親御さん、ご家庭の方において、多いと思います。


せっかく入学させた私立校・中高一貫校において、
この仕打ちはあまりにもひどいと嘆かれるかもしれませんが、
『結果』が『記録』されてしまっている以上、
何も言えないことになります。


今後、私立校・中高一貫校にお子さんを
通わせている親御さんは、
普段勉強しているかどうか、
宿題をしているかどうかよりも、
『授業についていけているかどうか』の
確認“も”していかないと、
進級・進学の目途が狂うことになると思います。


実際に授業を受けている生徒の皆さんは、
自分自身でもわかっていると思いますが、
親御さんに心配かけないように、あるいは、
怒られたくないから、そのことを黙っている、
相談しないでいると、どんどん追い込まれて
いくことになり、問題が大きくなって、
明るみになった時には、もう手遅れの状況・状態に
なってしまうことになります。


これは社会に出ても問題となることですので、
自分自身の勝手な判断で、あるいは相手のことを
考えすぎて、心配をかけないようにとすることで、
より大きな問題に発展してしまうことに
気を付けることをオススメします。


始まったばかりで弱音を吐くな、大した努力もしないで、
諦めるなと、周りの人たちは言うかもしれませんが、
学力が、能力が、時間が、『追いついて』いない方にとっては、
これは時間が経つほど苦痛を伴う苦悩となってしまいます。


必ずしも早い段階での判断が良いわけではありませんが、
『記録』された『結果』によって評価されるシステム・体制下に
おいて、記録が付いてから、後々になって、判断する時には、
もう『手遅れ』、全てが『決まって』しまったとなりかねません。


絶対評価の私立校・中高一貫校では、記録された結果によって、
評価・審査される=『進級・進学の合否』が決定することに
なりますので、軌道修正することや判断・決断を下すことは
早いに越したことなく、また遅れれば遅れるほど、
あの時、ああしておけばという後悔の念が強くなります。


新学年になったまだ一カ月ほどしか経っていませんが、
逆に言えば、今年度、今学年は『残り11カ月』となった、
さらに言えば、二学期期末テストで今学年の成績が、
ほぼほぼ決まることを考えれば『残り7か月』となったと
言えます。


まだ一回目の『記録』、一学期中間テストの結果が出ていませんので、
記録される機会は、定期テスト5~6回、成績3回とあります。


しかし、この一学期を終えると、それが3~4回、2回となって、
さらには、その回数内で、『挽回』するほどの点数、成績を
“取らなければ”ならないことになった場合、
この一学期、始まりの判断・決断が間違っていたことになります。


多くの方が、これは失礼ながら親御さん、ご家庭の方も、
たかだか初めの一回二回のテスト、成績とタカをくくって、
『たまたま』一学期は調子が悪かっただけと、
二学期に頑張れば何とかなると、
夏休みに何の対策も対応もせず、点数、成績を落していく、
あるいは、何とか保っていくということになります。


そうして、その中から、下から順番に学校から
去っていくということになります。


その順番が回ってこないことを確定するためにも、
この一学期から、よく考えて、軌道修正する、
判断・決断を下すようにすることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

# by eikan-seirios | 2019-05-16 12:25 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の
仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

多くの学校で、来週、再来週には一学期中間テストを
迎えると思います。


え、もうと思われるかもしれませんが、来月からきちんと
予定表を確認してきた方からすれば、やっと来たか、
もう、さっさと終わらせたいというところだと思います。


来月の今頃にも、今度は『期末テスト』の2・3週間前を
迎えることを考えると、この中間テストは肩慣らしで、
試験科目が増える期末テストこそ、本番と考えている方も
いることでしょう。


というのが、一昔前までの話だったと思います。


今や、学校行事や部活動などに忙しく、今日、今を
生きていくので精一杯、来月、来週のことはもちろん、
明日どうするのかも決まっていない、
なってみないとわからないという方のほうが多いと思います。


情報化、記録化が発展している社会、世界において、
皮肉なことに、先々の約束や予定などが軽視され、
今日、今、起きたことに対応しなければ、
明日を生きていけないぐらいの忙しさになって、
先々のことをじっくりゆっくり考えている暇がない
となっているように思えます。


次代を代表する子供達が『そう』なっているのを見ていると、
これから先の未来は、混沌とした社会・世界になっていくように
思えてきます。


先々の約束や予定が『なってみないとわからない』、
そのために、やるべきこと、やっておくべきことが、
わからない、準備・用意もしない、臨機応変に
その場その場の対応で、何となくで何とかしようとする。


実に、昨年、会見などでメディアを騒がした大人達の姿に
似ているように思えてきますが、これが続いていくと、
損をするのは、『知らなかった』『わからなかった』、
そして、『なってみないとわからない』方となります。


その上で、情報化・記録化だけは発展していますので、
多くの『記録』が、『証拠品』として残っていき、
言い訳も、言い逃れも出来ず、重い自己責任を
取らされるようになっていく、いえ、
もうなっているように思えます。


私立校・中高一貫校で言えば、それが進級・進学の合否であり、
それを決める『記録』=『成績』であり、テストの点数となります。


これらは、『なってみないとわからない』ことではなく、
これこれこうなったら、こうなりますと、基準や制約を
きちんと説明されたものであり、『約束』『予定』されたものと
なります。


その約束や予定を、『なってみないとわからない』で
済ましている限り、『そうなる可能性』は高まっていくことになります。


『なってみないとわからない』と言えるだけの
余裕があるのは、通っている学校『程度』での
進級・進学など眼中にない、転校や受験などとなっても、
関係無いという方か、そもそも高校・大学へと行くことだけが
人生じゃないと割り切っている方だけです。


わざわざ私立校・中高一貫校に入学した方が、
そうした考えを持っているとは思えませんが、
そうであるならば、今年度以降は、
早々に『そう』割り切っておかないと、
やっぱりやお願いで、許されることは
無くなっていきます。


最終的な進級進学に関してもそうですが、
各学年、各学期の成績、定期テストにおいても
厳しい評価がつけられることになります。


その評価の『記録』に悩まされることのないように、
『記録』がつくものに対して、事前に対応していくことを
オススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

# by eikan-seirios | 2019-05-15 07:39 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)