二学期期末テスト何日前?

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

 ◆立教生はこちらから  ◆中高一貫校生はこちらから

【電子書籍出版】 

私立校・中高一貫校生のための冬休みの勉強を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための三学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための受験勉強の仕方を電子書籍で提案!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

まだまだ『約』1カ月“前”程度に考えていると、
そろそろ危険なので、お聞きします。


二学期期末テストまであと何日でしょうか。


そして、毎回書いておりますが、『期間』は日ではなく時、
時ではなく分と、なるべく小さな単位で計算して下さい。


そうしなければ、『残り時間』の実感が薄らいでしまうでしょう。


12月5日からテストが始まる方は、11月残り22日に加えて、12月4日分、
26日間、624時間、37,440分です。


学校に行っている平日は8時間、土日は4時間が拘束され、
生活時間(睡眠・食事など)を8~10時間だとすれば、
果たして、皆さんに残っている『自由な時間』=『勉強できる時間』は
何時間、何分でしょうか。


それを各教科で割り振ってみて、いかがでしょうか。


『その』時間で足りますでしょうか。


こう書くと嫌味のように思われるかもしれませんが、
時間というものは『絶対的な』『物理量』ですので、
これを変えるができません。


つまり、こう嫌味に書こうが、優しく書こうが、
『事実』は変わらないことになります。


また、これは、コップに水が半分“しか”残っていないと考えるのか、
半分“の”残っていると考えるのかという心理学の実験のように
言っているつもりはありません。


事実を知った上で、『どうするのか』ということを訴えております。


そして、付け加えさせて頂きますが、『何もしなければ』
『何もしないまま』、その残り時間は淡々と減っていくことになります。


取り戻すことも、巻き戻すこともできませんので、
よく考えてみて下さい。


予定や計画がうまく立てられない方の多くは、こういった、
“締め切りまでの”時間感覚、期間感覚が、なぁなぁになっているため、
『立てられない』もしくは『立ててもやれない・できない』となっていませんか。


残り時間はどのくらいなのか、それまでにどうなっていなければならないのか、
そのために、『定量』的に、何をどのくらい、具体的に何ページ、何問と
やらなければならないのか、自分で決めて、自分でやる。


やった上で、出来る出来ないの修正をしていき、目標に近づけていくのが、
目標に近づく最短コースとなります。


大人でも、うまくやれている方はそうそういませんが、
少なくとも大人であれば、『仕上げて』きます、締め切り期日までには。
そうでなければ、信用を失うから。


学生の場合、それがテストの点数だったり、成績だったりするので、
“そんなの”別に自分には関係ないことだと思われるかもしれませんが、
その『結果』は、大人が信用を失う=仕事を失うのと同様に重いものとなります。


一番重いものとして、進級・進学の権利を失うことでしょう。


私立校・中高一貫校の場合、それが顕著に示されることになります。


言い方が悪いですが、さらし首のようにされることでしょう。


一般の学校の進路、受験や就職であれば、その人が望むところかどうか、
あるいは受かったかどうか、千差万別の『結果』があるため、
それぞれの生き方、考え方があると思われるだけです。


しかし、私立校・中高一貫校の場合、『普通』に“皆”が進級・進学していく中、
その人だけが特別に別の『結果』を出すという形になります。


失礼ながら、それは、進級・進学“しなかった”のではなく、
“できなかった”という結果になったと思われることになります。


話が脱線してしまいましたが、そんな『結果』となってしまうのかどうか、
残り時間とこれからの皆さんの行動が問われることになります。


よく考えての行動をすることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2016-11-10 12:14 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://eikanzemi.exblog.jp/tb/26818984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今週から? 来週から? 怒涛の授業 来月の今頃全てが決まる >>