活発化してくる部活動

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
    ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
   ☆┃2018年1学期・前期中間テスト対策講座┃☆
   ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★
学年最初の大事なスタート!、補助的・体験的な塾活用でも大歓迎。
       ご相談・問合せは随時受付中!
     立教池袋・新座生はこちらから
      中高一貫校生はこちらから
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

部活動もそろそろ春の新人戦などで、大会や試合など忙しくなってくると思います。


ひどい場合だと、中間テストの前後に大会、試合などがあり、
『本来』部活動が行えないテスト一週間前、テスト中なども、
お構いなしに部活動を強行することもあると思いますが、
『ソレ』は理由になることはありません。


『ソレ』を理由にするのであれば、今すぐ部活動を辞めて、
同好会なりを自ら立ち上げて、ほどほどに楽しむ活動に切り替えることを
オススメします。


特に、“学校での”テスト、成績によって進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校の場合、学業に悪影響しているにも関わらず、
部活動を敢行することがありますが、それに参加するということは
その時点で、自己責任を取る意思を示したことになります。


学校の先生は『どちらも頑張れ』と応援することでしょうが、
『勉強ができない』=『テスト、成績を落としたら』進級・進学できなくなる
“かもしれない”ということには、固く口を閉ざしていると思います。


あくまでも、可能性、つまり“かもしれない”だけであって、
できないわけではないのですから、生徒、子供たちの自主性に任せ、
自由を尊重するのが今のスタイルとなっています。


昔であれば、赤点など、成績不振に陥れば、活動停止処分などの
重い処分も行えたことでしょうが、今はそれは子供たちの可能性、未来・将来を
奪う行為であり、パワハラとなるのでしょう。


そうした現状である限り、学校の先生は、『進級・進学できないことが“決まる”まで』、
余計な口出しをしてこないことになります。


今年度以降、まさに『なってみないとわからない』ことですが、
なったその時は、一切の温情もなく、一気に切り捨てられるように
なることを懸念しております。


結果だけが重視されるようになった場合、皆さんの可能性は、未来・将来は、
皆さんの判断、決断で決まるということになります。


そうなった時、短い人生ながらも、自分の言動、態度、姿勢に対して、
全て自分が背負うことになります。


それが一生を左右するような後悔とならないことを祈ります。


ハラスメント問題が取り出されることになった今は、
『何も言わなくなった、言えなくなった』代わりに、
皆さん各個人の責任は重く、取り返しがつかないものになっています。


そこに温情や助けを期待しても、『結果』は無情なものとなると
覚悟しておいたほうがいいでしょう。


厳しいように聞こえるかもしれませんが、皆さんの可能性、未来・将来、
さらには進級・進学を左右するほどの権限を持ち合わせていないからこそ、
適当なことが言えるだけです。


学校や先生には、その『権限』があることを、そしてそれを行使される時には、
変えることのできない『結果』を自ら記録してしまうことを、
早いうちから考えておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-05-12 13:46 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://eikanzemi.exblog.jp/tb/29782534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 立教池袋中学・高校 立教新座中... 週一回の休み >>