来週の結果を待たない

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
  ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
  2018年1学期期末・前期総合テスト対策講座
  ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★

     中間テストの挽回!? 二学期以降への貯金!?
 補助的・体験的な塾活用でも大歓迎。ご相談・問合せは随時受付中!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今週テストだった方は、来週の結果を待たずに、“始めて”おくことを
オススメします。


先週より前にテストを受け、結果がわかった方は、わかっていると思いますが、
この一週間ですら、進められること、進められていたことがあったことでしょう。


今週テストだった方は、“結果”がわかるまでは、
来週一週間を『テスト休み』と称して、勉強しない、勉強はお休みとすると、
再来週からは地獄を迎えることになります。


地獄というよりも、やらなければならないことは多いのに、
さらにやらなければいけないことが積もっていき、
もう時間的にも、物理的にも、精神的にも無理となって、
最悪、この一学期は無かったことに、として、
“次”“二学期”頑張るとなることが予想されます。


そうして、夏休みは“休み”ですから、休みを満喫する『権利』があると
言わんばかりに勉強をサボり、宿題・課題などを“また”溜め込んで、
それでも何とかやり過ごせると思うことでしょう。


なぜなら、『一学期』、それでうまくやり過ごせたから。


しかし、その『結果』が記録されていることを無視し、
さらに、二学期以降も『記録』を積み重ねていった時、
背負っていく借金、ツケは、より大きなものになっていきます。


今年度以降は、その借金、ツケは、とても一回二回で返せるものでなく、
一度の失敗を挽回するのに、一年、一年半とかけて、返すことになると思います。


逆に、貯金を溜め込んでいた方にとっては、学年が上がっての後半の
ミスや失敗の“助け”“保険”となって、一回二回くらいは、
耐えれるものになっていくと思います。


皮肉なことではありますが、そうやって貯金を作れる人ほど、
大きな失敗をしないものではありますが。


特に、一年生はこの一年でそういった貯金を作れないと、
私立校・中高一貫校特有の中だるみとなる二年次に、
かなり苦しめられる、追い込まれることになると思います。


授業の進度が速くなった今年度以降は、苦しむ、追い込まれる程度でなく、
一気にたたみかけられて、最悪の悲劇へとまっしぐらとなるかもしれません。


そうならないためにも、貯金生活が出来るように、早め早め、
事前事前の行動をすることをオススメします。


毎年、決まり文句のように書いてはおりますが、今年度以降は、
『多少なりとも』出来なければ、二学期、二年次からでは、
もう遅いですよとなるかもしれません。


それは、それまでに抜け落とした基礎学力や基礎知識を取り戻すには、
物理的な時間が、絶対的に足りないからということになるからと思います。


それでも“今まで通り”の生活は続けたい、好きでやっていることを
辞めたくないというのであれば、学校を辞めるか、それらを辞めるかの
究極の選択を迫られることになるでしょう。


無限の可能性、未来・将来を信じる方、
失礼ながらこれは親御さん、ご家庭の方も多いですが、
その方は、今までの『記録』された成績はもちろん、
現状の『学力』『実力』も知らずに、
これから先をどう変えるのかも覚悟せずに、
“次”頑張れば、報われる、夢はかなう、奇跡は起きる、起こせると
夢見がちな傾向にあると思います。


今まではそれでうまくいったかもしれませんが、
今年度以降は、それが厳しくなっていくということを
ある程度予想し、そうなった時の対応・対策、何よりも、
覚悟を決めておくことをオススメします。


そうしないと、“ただ”の夢見がちな妄想家として扱われることになるでしょう。


子供達に限らず、全ての人に、無限の可能性、未来・将来があることは否定しませんが、
“それ”を『実現』させる方法・手段、時間と機会は限られているということを
無視した言動、態度、姿勢を取ることは愚行、愚策であるといっても過言では
ないでしょう。


少なくとも、回数の“限られた”学校の定期テスト、成績によって、
進級・進学が決まっていく私立校・中高一貫校、
一回の試験、それまでの期限で合格の可否が決まる受験や試験などにおいては、
いつまでも『無限』にあるとは言えませんので、気を付けて下さい。


うるさい説教かもしれませんが、このことを無視すればするほど、
私立校・中高一貫校の進級・進学、勉強・学業においては、
悲劇的な結果を招くということを心に留めておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-06-10 14:22 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://eikanzemi.exblog.jp/tb/29843655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< (自分は)テスト休みのつもりで... 中高一貫校中学・高校 2018... >>