進級・進学の合否

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今年度はうるさく書いてきておりますが、すでに二学期中間テストを
終えた時点で、進級・進学の合否が決まった方もいるかと思います。


もし、いないとすれば、この期末テスト後に決まる方が多いでしょう。


逆に言えば、この二学期期末テストを終えて、無事首の皮を繋げた方は、
学年末テストにおいて、決まるということは少ないと思います。


ここまでに、学校・先生側が進級・進学の合否を決めず、
3月のギリギリになって、決めてくるほうが、
今年度以降のことを、生徒の進路、未来、将来を全く考えず、
翻弄させることになると思います。


生徒の皆さんからすれば、それでも、ギリギリまで待ってくれと
思うかもしれませんが、今年度以降はギリギリになればなるほど、
2020年度の煽りをもろに食らうことになり、その対応に追われるほうが、
悲劇、地獄、不幸が続くことになると思います。


むしろ、決まるならさっさと決めてくれと急かすくらいでないと、
受験をするにも、転校するにも、留学するにも、対応が遅れてしまい、
選択肢を失っていくことになるでしょう。


今後、私立校・中高一貫校では、通っている学校での進級・進学を
一切考えない方と最低でも進級・進学するのが当たり前と考える方とで、
二極化していくことになると思いますが、いずれにしても、制裁は早く厳しく
なることが好ましいとなることが予想されます。


数年前に、『飼い殺し』という表現を使わせて頂きましたが、
今年度以降は、そうした対応をすればするほど、学校側も、
生徒もご家庭も困る結果になると思います。


対応が遅れるほどに、生徒の将来、未来が関わってくることは明白ですし、
選択肢が無くなってからでは、通っている学校で進級・進学出来ないだけの
問題では無くなっていくことでしょう。


昨今のパワハラなどの問題から、学校・先生側は『何も言えない』かもしれませんが、
全てが決まった後から『自己責任』の一言で片づけることに関しても、
新たな問題の火種になると思われます。


そういった意味では、今年度以降、特に私立校・中高一貫校の学校・先生は
非常に難しい時期を迎えることになるかもしれません。


すでに対策・対応が進められてはいると思いますが、その対策・対応も
毎年変わってくるかもしれないということを、生徒の皆さんはもちろんのこと、
親御さん、ご家庭の方も、注意しておかないと、何で自分だけが、うちの子だけがと
いうことに『なってから』気付くことになるでしょう。


この二学期期末後の呼び出し・面談において、ほとんどの方の進級・進学の合否が
決まることになるとは思いますが、それを乗り越えたとしても、気を抜くことなく、
次年度を見据えて、行動することをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛




【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
トラックバックURL : https://eikanzemi.exblog.jp/tb/30206081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eikan-seirios | 2018-12-07 12:07 | その他 | Trackback | Comments(0)