人気ブログランキング |

『記録』されるテスト

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の
仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今年度は大型連休の影響が少しあるかもしれませんが、
むしろ、連休があった分、テスト日程は例年通りにしないと、
シラバスが間に合わないということで、普段の授業が、
タイトなスケジュールになってきていると思います。


そのしわ寄せが今週、来週、再来週となるとは思いますが、
この時期に学校行事や部活動の大会で忙しい方は、
気を付けて下さい。


うるさく書いておりますが、大型連休があった、
学校行事があった、部活動の大会があったで、
『理由』として、テストの点数が免除される、
考慮されるわけではありません。


むしろ、そういうことがあったからこそ、
厳しい審査で、『選別』をしてくると思って下さい。


何の『選別』かというと、そういった時でも、
『出来るかどうか』『やるかどうか』の審査を
行っているわけです。


二学期は一学期ほどタイトなスケジュールになる
わけではありませんが、同じくらい『忙しく』なります。


そして、勉強量も、内容も難しくなっていくので、
その『二学期』でもできるかどうか、やるかどうかを
この一学期で予行練習しているようなものとなっています。


今年度は連休、祝日が多い分、そのしわ寄せが
二学期にも影響することが予想されます。


そうなると、この一学期でも出来ない、やらないを
示してしまうと、二学期以降はついていけなくなり、
その『記録』が結果として残っていくことになります。


そういった意味では2020年度に向けての『選別』も
行われていると思われます。


2020年度の教育改革後、その改革に『ついていけない』、
『間に合わない』方をふるい落とすためにも、今年度から、
進級・進学できない、いえ、『させない」ことを決めるための
『証拠』=記録された結果、成績を残していくことが
予想されます。


その残してしまった記録は決して修正・変更が出来ませんので、
一度ついたその『データ』は、来年も、再来年も残ることになります。


そうして、残してしまったが最後、その証拠をもって、
有無を言わさず、判決を言い渡す、つまり、
進級・進学の合否を決定することになると思われます。


情報化、記録化が進む昨今、皮肉なことに、多くの方が、
そうした『記録』されたものに対して、大したことではない、
そんなことで、人の、自分の価値が決まるわけではないと、
『記録』を無視して、『思い出』を重視されているように
見受けられます。


長い人生において、たった一度の人生、悔いのないように、
楽しく、面白おかしく、無限の可能性、夢を追いかけて、
自分の好きなように、自由に生きるのも、『成功』すれば、
格好良く、素晴らしいことだとは思います。


しかし、それが失敗になった時のリスクは、計り知れないものと
なることが懸念されます。


教育業界、学校、特に私立校・中高一貫校においては、
今年度以降の進級・進学問題がそれにあたると思います。


受験無く、高校・大学へと進級・進学出来る
私立校・中高一貫校という温室の中で、
進度の早い、内容の濃い授業に、ついていけずに、
『何もやらずに』、3年間、6年間という時間をかけて、
基礎学力を落してしまった方が、進級・進学出来なかった場合、
では受験で頑張ろうと、すぐに、楽にシフト出来ることは
ないでしょう。


特に昨今は、私立校・中高一貫校でも、学力格差が
激しくなっており、成績上位の方はより上位の他校へと
推薦される、あるいは受験できるほどですが、
下位、それも進級・進学出来なかったとまでなると、
他校へと転校しても尚、卒業できるかどうかわからないと
なっています。


私立校・中高一貫校で、進級・進学出来ないほど、
落ちこぼれてしまった方の『基礎学力』は、
中学生・小学生レベルまでの基礎学力を、
すっぽり抜け落としていることが多いです。


失礼ながら、九九ですら、間違えてしまう方も
いるレベルです。


そうなると、授業がどんどん進んでいく学校や予備校などで
習うレベルでは無くなってしまいます。


ゆっくり、じっくりやれば出来る、自分のペース、
自分のやり方にこだわり、時間をかければ出来るを、
じっくり、ゆっくりやりたいのであれば、
私立校・中高一貫校は向いていないとなります。


そうした生き方も、『記録』を無視したものである限り、
いつまでも、変える、変わることはないでしょう。


まだ『記録』がついていない、出ていない状況・状態では、
うるさい説教かもしれませんが、少なくとも日本で、
学校という教育機関に通っていて、
一回目の記録がついてからは、とんとん拍子で、
記録が『積み重なって』いくことになります。


もしかしたら、この日本においても、探せば、
そういった記録(テストの点数、成績)を取らず、
生徒一人一人ときちんと向き合い、個性を認め、
その個性を『評価』する学校があるかもしれませんが、
まだまだ、この日本での社会において、
『その学校の評価』を認める、認められることは難しいでしょう。


遠い未来・将来、あるいは、そういった評価を認めてくれる
海外などを見据えているのであれば、問題ありませんが、
そこまで考えていないのであれば、学校での『記録』と
きちんと向き合い、自分を高めていかなければ、
その記録によって、自分の無限の可能性、未来・将来を
狭められることになります。


一回目の定期テスト、一学期中間テスト“ごとき”のことで、
うるさい話かもしれませんが、その『記録』が、
今年度の記録の始まりであり、数回ある中の1回分であることを
よく考えておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

トラックバックURL : https://eikanzemi.exblog.jp/tb/30590737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eikan-seirios | 2019-05-13 07:38 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)