人気ブログランキング |

やらない、やれないことが断罪、制裁される社会

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期の
テスト勉強の仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

この連休などもそうですが、今の世の中は、
特に子供達に対しては、一見すると、多くの機会と
期待を与えられた、素晴らしい環境下にあると言えます。


本当に、社会、自治体、学校、親御さんと、
子供達の無限の可能性と未来・将来のため、
環境を整え、多くの機会を用意し、その上で、
強制、詰め込みではなく、自由に、自主的に、
何でもやれる、出来るように整備されてきてはいると
思います。


と、同時に、その『何でも与えられる状況・環境』の
ような社会において、『与えられている』『自由にできる』
“にも関わらず”、やらない・出来ないということは、
自己責任だという押し付けができるようになっています。


言い方が悪いですが、
こうした一面だけを注視すれば、
社会、自治体、学校、先生、親御さんは、
『自分たちの責任回避』のために、
子供達に異常に甘く、そして、
自分たちが言い訳しやすいように、あるいは、
(他の人に)非難されないようにしているとも
言えると思います。


今は身近な存在で、それも決定権がある方が、
うるさく説教すれば、ハラスメント、精神的虐待、
トラウマを植え付けたことになる可能性がありますし、
ゲームや遊びなどの行動を制限することが虐待と
言われるようになってくると、子供達が無法状態、
暴徒化していくのを止めることは出来なくなっていくでしょう。


それを何とかするのが『教育だろう』と言われる人も
多いかと思いますが、教育には色々な面があることを
無視されているように思われます。


教育には指導と洗脳の二つの大きな側面があると言えます。


どちらも、子供達の思考、思想を狭める、あるいは
拡げることが出来ますが、どちらにおいても、
行き過ぎれば、子供達の人生に大きく影響することに
なると思います。


某国の反日教育などは、指導というよりも
行き過ぎた洗脳と言えますし、かつての日本の
詰め込み型教育は洗脳に近い行き過ぎた指導だったと
言えるとは思います。


そういった指導や洗脳を止め、自由に伸び伸びと
子供達の能力を伸ばす教育をとなりますと、
今度は教育水準の画一化、審査・評価が難しくなり、
教育課程、システムなどを抜本的に見直すことが
必要となってきます。


現状において、この教育課程やシステム、
審査・評価は、昔と変わらず、むしろ、
昔よりも厳しく複雑になってきていると言えます。


しかし、教育思想や理想の教育環境は、その逆に
自由に、個性を認め、例外を生み出そう生み出そうと
しているように思われます。


それでも出る杭は打たれるとなっていた社会、世界よりは、
良くなっているように思われますが、その反面、
やれる・出来ることを前提にされていることによって、
救いようがない人は救われない社会、世界に
なりつつあると思います。


今の『合理的』な考え方で言えば、これほどまでの機会、
環境が揃ってきた、用意されてきた、与えられてきたのだから、
『やらない』方は、自業自得、自己責任だということには
納得できる、される方も多いでしょう。


ですが、やれない・出来ない方に対しても、
一定の基準、水準に当てはめて、切り捨てられることになれば、
それは違う、それは社会が、制度が、学校が、審査・評価が
『間違っている』と声を荒げられる方もいることでしょう。


今は、この両立を、うまくしようとしている実験段階だと
思いたいのですが、おそらくこれは問題の矛盾となり、
両立することは不可能だと思われます。


やらない、やれない・出来ないも『個性』の一つとするのであれば、
今の画一的な教育課程やシステム、審査・評価の仕方は、
『適用』することが出来ません。


では、今の画一的な教育課程やシステム、審査・評価の仕方を
廃止して、個性に合わせて、個人に合わせて、教育を行うと
なった時、元々ある各個人の個性、特性の格差が、
審査・評価の対象となりますので、やらない方はもちろんのこと、
やれない・出来ない方も、救われないことになります。


例えば、全ての子供達がスポーツをすることが義務だとすれば、
運動神経が良い方は、プロになるまでの成功を修められたり、
それなりに努力した方は、学生時代の良い思い出として
県大会、地区大会などで何位という評価を受けられることでしょう。


では、努力しても出来ない、なかなか成果が出ない方は
どうでしょう。


その方は予選敗退どころか、出場すらさせて
もらえないことになったり、一体何のために
やっていたのか、学生時代の貴重な時間を
無駄に費やしたとまで思う方もいることでしょう。


やらない、やろうともしない方は、その傾向が見られた時点で、
諦めるように、他の道、スポーツを選ぶように言われるでしょう。


これを『学校の勉強』に置き換えるとどうでしょう。


この置き換えが、各個人の個性、特性に合わせた教育だとは
言えないと思いますが、同じようなことが起きることは
容易に想像できます。


つまり、勉強に適性がない(やらない)方は、その時点で、
諦めてもらって、勉強についていけない(やれない・できない)方は、
時間を費やしてもらって、適性が無いことを証明してもらい、
元々適性が無い方と同様の評価を受けることになります。


残念ながら、私立校・中高一貫校の場合、現状、
この傾向に進みつつあると言えます。


それは明確な進級・進学要綱、基準によって、
そして、各学期の各定期テスト、成績の
『結果』『記録』によって、
合否が『決まって』しまうためです。


個性と画一的な教育との両立を目指すとなれば、
明確なクラス分けを行い、クラス単位での授業内容、
審査・評価の仕方も変え、進級・進学要綱、基準も変え、
最終的な進路、進学先、卒業要綱も変えてとのことになり、
複雑な教育方針、学校運営をすることになります。


今はそれらを混在、あるいは一部クラス分けで行っておりますが、
それでも、うまくいっているわけではない、つまり、
修学の遅れや進級・進学出来ない方が出てしまうように
なっています。


今後こういった管理をAIによって行われるように
なるかもしれませんが、そうなった場合の審査・評価は
機械的になり、個性は『データ上の記録・結果』によって、
振り分けられることになります。


ここまでなれば、『やらない』方が自己責任で切り捨てられ、
やれない・出来ない方を救済する措置が検討されることに
なるとは思いますが、やれる・出来る方と明確な格差がつくと
なりますので、当然ですが、その先の選択肢も、『格差』が
つくことになります。


今後は、大学の学部学科のように
●●校●●クラス卒業となり、
その『学歴』が、高校・大学の進学先の
選択肢、さらには就職先まで決めるように
なっていくかもしれません。


すぐにそうなることはないとは思いますが、
私立校・中高一貫校の場合、進級・進学コースなのか、
卒業コースなのかというクラス分けが行われることも
考えられますので、高校・大学付属校だからといって、
あぐらをかいていると、そのクラス分けで、
自分の進路、選択肢が決定してしまうことになります。


学校の教育、運営方針によるかとは思いますが、
そうなった場合、通っている学校で、しがみつくように
つまり高校・大学に進学は出来ないことが決定してまで、
卒業だけするのか、他校転校するかどうかを
今まで以上に迫られるようになっていくことが予想されます。


現状のテスト、成績がそう迫ってきているように
なっていることを考えると、そこまで遠い将来では
ないようにも思えます。


公立校と異なり、私立校・中高一貫校の場合、
そうした方針転換をするとなれば早く行われることに
なります。


ひとまず、ここ数年は、2020年度の教育改革の対応と
なるとは思いますが、数年後、切り替わる場合、今の中高生は、
その『検証』が行われる『実験世代』となります。


旧体制の教育システムと新体制のシステムとで、
転換期を迎えることになると思いますが、
その犠牲者とならないように、せめて、
旧体制においての基準、条件をクリアして
おくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛








【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図


【TEL・FAX】
03-6912-7063


『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!

【電子書籍】中学1年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学2年生の勉強の仕方


【電子書籍】中学3年生の勉強の仕方


【電子書籍】高校生の勉強の仕方


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

トラックバックURL : https://eikanzemi.exblog.jp/tb/30825684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eikan-seirios | 2019-10-13 12:31 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)