人気ブログランキング |

2011年 06月 26日 ( 1 )

最近の先生は、テスト前に補講や補習を
行ってくれる場合があります。


この補習は、たとえ余裕があっても、必ず受けて下さい。


塾や家庭教師よりも、何よりも勝るのが学校の先生の教えです。


テストを作った本人である先生が、
補講・補習を行ってくれるのですから、
仮に塾や家庭教師の勉強があっても、
授業の時間を遅らせてもらい、
学校の先生の補講・補習を受けたほうが
効率良くテストの点数が上がります。


この補講・補習を強制的に嫌々受ける、
または面倒くさがって受けないと
いうことがないようにしてください。


補講・補習でやったこと、やっていることは
全てテストに関わってくると思って、気を抜かずに、
先生の説明の一言一言に耳を傾けて下さい。


5限まで勉強して疲れている、眠いなどということのないように、
しましょう。


また、補講や補習がない先生の場合でも、
必ず補講や補習などを行うかどうかを確認してください。


先生によっては、習熟が遅れている生徒だけを呼び出して
補講・補習を行うことがあります。


習熟できている方、余裕がある方でも、補講や補習を
受ける権利はありますので、先生に君は来る必要がないと
言われても、どうしても受けたいという旨を伝えれば、
受けることができるはずです。


補講や補習の内容が、本当に基礎的なこと、基本的なことでも、
意外に忘れていたりしますので、受けて損はないです。


何よりも先生の説明をもう一度、
しかも丁寧に教えてもらえるのですから、
自分の中でわかったつもり、できたつもりの箇所を
改めて再確認できます。


補講や補習をしてくれない先生もおりますが、
その場合、友達数人を集め、補講や補習を
してくれるように要望を出しましょう。


こういう時にこそ、友達同士の結束を使って下さい。


特に成績があぶない方は、手に手を取り合って、
何とか先生から知識を、テストのアドバイスを
引き出しましょう。


昔の生徒は、これを誰に言われるも無く、やってのけておりました。


最近の生徒は、こういうことを姑息だとか、
格好悪いと思うのかもしれませんが、成績さえ良くなれば、
テストの点数さえよくなれば、知識を身につけることが
できるのであれば、どんな手を使ってでもやるべきです。


安易に、カンニングやズルをするよりも、
効果的な勉強法を知ろうとするよりも、
家庭教師や塾に行くよりも、よほど効果的だと思います。


塾でも徹底的に、この指導を行っているのですが、
反抗期からか、あの先生が嫌いだ、ムカつくから嫌だと
いうことが多いです。


心の中で、どんなに嫌がろうが、ムカついても構いませんので、
その嫌な・ムカつく先生の頭の上に、成績の二文字を思い浮かべて、
笑顔で対応できるようになって下さい。


そうすれば、成績で、赤点で苦労する可能性が一気に低くなります。


普段からできないという方も、テスト前だけは、やってみてください。


その第一歩として、補講・補習を積極的に受けましょう。


これが成績、テストの点数を落とさない工夫であり、
成績が上がるチャンス作りでもあります。
ぜひ試してみてください。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛

立教専門塾池袋栄冠ゼミ

平成教育創造塾シリウス

公立・私学中高一貫校生専門塾アルファ

自習空間シリウス(時間制自習室)

【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

東京 習い事 埼玉 習い事 千葉 習い事 神奈川 習い事 東京 学習塾

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
by eikan-seirios | 2011-06-26 11:23 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)