2015年 02月 16日 ( 1 )

学年末テストの準備

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
 ☆┃立教生・中高一貫校生2015年学年末テスト対策講座┃☆
 ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★
    学年最後の学年末テスト! 今年最初の定期テスト!
         次学年に繋げるテスト勉強をしよう!

          ご相談・問合せは随時受付中!
  立教生池袋生はこちらから  立教生新座生はこちらから
          中高一貫校生はこちらから
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

学年末テストもいよいよ1週間、2週間と迫ってきていました。


今月末、つまり来週に学年末テストを迎える方は、
もうそろそろお尻に火がついてきたかと思いますが、
来月、3月と“思い込んでいる”方は、2週間後が
学年末テストだということを自覚していないことを露見しております。


わかっている、理解している、気付いている、思っているは、
通用しません。


何度か書いてきていますが、“他人からは”
そう見えない言動・態度・姿勢だということです。


今後もそうですが、この自分で思っていることに対して、
他人が認めてくれない、見てくれない、温度差が、
後々、自分を大いに苦しめることになります。


テストに向けての「行動」を示して、他人に、
学校の先生、親御さんに、認めてもらうようにして下さい。


1週間前となった来週からテストがある方は、言わないと思いますが、
来月、3月にテストだと思っている方は、この時期、テスト2週間前、
お決まりの文句があります。


まだ、テストの詳細な時間割日程が、テスト範囲がわからないから、
計画立てられない、やる気にならない、勉強できない、
下手に範囲を間違えて勉強したら、効率が悪い、無駄だ。


それを本気で言っているかどうかは別として、
“だからできない・やらない・やれない”と言いたいのでしょうが、
今後はこういったことは淘汰されていく世の中になるでしょう。


記録化が進めば進むほど、皆さんの行動すら監視されていきます。


どれだけの自由時間があって、どれだけのことをしているかすら、
予想される世の中になります。


時間がなかった?


へぇ~その割には携帯・スマホで随分時間を使っているようだけど、
その時間は勉強できなかったというわけ。


部活動が?


それでも家に20時に帰ってから、寝るまでの時間、
何をしても良かったはずだよね。
そんなに部活動で時間を使ってしまうなら、
部活動を休部・休むのだって、自分の判断でできたよね。


宿題が?


その宿題は昨日今日出されて、明日・明後日提出なの?
事前に出されていなかった? なんでやっていなかったの?


と、まぁ、ここまでの嫌味を実際に口に出してくれる人は
いないでしょうが、“そう”思われるだけのこととなります、
上記の「理由」は。


そして、他人はそれを「言い訳」と捉えることになります。


この過ぎてしまった時間に対しての“言い訳”は、
決して覆すことのできないものとなります。


“そういう”つもりで言った・言っていないの水掛け論を始めると、
話になりませんので、結論から言いますが、
それは、学校生活、その後の社会、どこに行ったとしても
「通用することはありません」


ウザい説教が長くなりましたが、ではどうするかを
提案したいと思います。


テスト日程、テスト範囲、時間がない、部活動で忙しい、宿題が残っている、
そんなの関係なしに、できること、ノートまとめやプリントまとめ、
単語帳作りなど、「時間を作って」あるいは「少ない時間の中」でも、
それらをやって、1週間前の、部活動が休みになる「時間」のある時に、
活用できるように、「準備」をして下さい。


極端な例ではありますが、机の上が汚くて、
テスト前に勉強する気になれないという方は、
机周りの掃除をして下さい。


筆記用具・ノートがそろってないという方は、
まずは筆記用具・ノートをそろえて下さい。


そういうことも含めて、全部の「準備」をして下さい。


これに一週間もかからないとは思いますが、
どうしてもかかると言うのであれば、一週間かけてもいいかと思います。


ただし、勘違いしないで欲しい方がおります。


この3学期で「挽回」しなくてはならない方が、これに、こんなことに、
一週間もかかるなんて、戯言を言うのはNGです。


それは、そのまま、「やる気のない」「勉強していない」言動・態度・姿勢と
見られます。


いやいや、あんたが今これをやれと言ったじゃないか、と
時たま屁理屈な反論をする方がおりますが、
「挽回」が必要な方、特に進級がかかっている方が、
そんな屁理屈、そんな反論している場合ではありません。


むしろ、私の言ったことなど、とっくのとうにやっていて、
もうすでにテスト勉強しているんだから、余計なことを言うな、
集中させろと反論できるくらいになっていなければ、ならないのです。


1月末、2月の頭にも書きましたが、時間は刻一刻と過ぎ去っています。


過ぎ去った時間は取り戻せません。


屁理屈や反論をこねている時間もありません。


「準備」なんかやっている暇がないほど追い込まれている方は、
準備をすっ飛ばしてでもテスト勉強を始めて下さい。


一学期・二学期とそこそこの点数、成績を取って、
三学期も、一学期・二学期と同じようなもの、
まだまだ余裕・大丈夫と勘違いしている方は、
せめて、残り日数を確認して、準備を始めて下さい。


毎年、感じることではありますが、
この三学期は、特にテストにかける勉強の時間が少なくなる傾向があります。


部活動で忙しい、学校生活に、学年に慣れた、などの原因があるのかも
しれませんが、多くの方が、この時間の感覚を、日程・計画管理を、
ずさんにしがちだからこそ、勉強量・時間が減るのだと思います。


一番難しくなる可能性が高いテストで、
勉強量・時間を一番少なく見積もって、
何をもって余裕なのか、大丈夫なのか、よく考えて下さい。


一学期・二学期とギリギリを楽しまれた方も、
この三学期で足をすくわれないようにしておくことを
強くオススメします。


連日書いておりますが、
進級・進学問題は、あなたの学生人生がかかっています。


その後の人生のことを、よく想像した上で、今の自分の言動・態度・姿勢、
そして一挙手一投足を見直してみて下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛

立教専門塾池袋栄冠ゼミ

平成教育創造塾シリウス

公立・私学中高一貫校生専門塾アルファ

自習空間シリウス(時間制自習室)

【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[PR]
by eikan-seirios | 2015-02-16 12:31 | その他 | Trackback | Comments(0)