2018年 09月 05日 ( 1 )

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
┃二┃┃学┃┃期┃┃中┃┃間┃┃テ┃┃ス ┃┃ト ┃┃対┃┃策┃
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
  進級・進学のかかってくる二学期本番、忙しい部活生も、
   自由にテスト勉強を計画できる2学期中間テスト講座


         中高一貫生ならアルファ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

部活動は、一学期より、夏休みのほうが“忙しかった”かもしれませんが、
その夏休みよりも、この二学期は“忙しく”なります。


特にレギュラーになった方は、その責任も重大になってきて、
『下手に休む』ことはもちろんのこと、更なる技術の更新を求められ、
部活動以外の時間帯でも、そのことに打ち込まなければならないようになることでしょう。


青春時代、一つのことに情熱を注ぎ、心を燃やすことは、
素晴らしいことではありますが、その反面、『疎かにした』こと・ものに、
苦しめられることもあります。


うるさいことでしょうが、勉強において、抜け落としたこと・ものは、
それにあたります。


今年度以降は、一学期に普通にやっている、やっていたつもりの方も、
この二学期に無情にも落されていくと思われます。


一学期の反省もせず、この夏休みでもやらない、出来ないという方は、
当然のように、点数、成績を落すことでしょうが、それ以上に、
授業についていけずに、どんどん机にひれ伏していくことが増えるでしょう。


そうなると、もう負のスパイラル、悪循環で、もっと授業についていけず、
さらには溜まっていく宿題も、授業の内容がわからないのだから、
出来るわけもなく、終わらすことも出来ずに、提出できないとなっていくことでしょう。


それが、1教科ぐらいで済むなら、まだテスト前に挽回できるでしょうが、
複数教科において、授業はわからない、宿題を溜め込むとなると、
テスト一週間前になって、部活動が休みになっても、“間に合わない”でしょう。


そうして、テスト勉強できない教科はもちろんのこと、
ノートまとめや宿題などの最低限の“作業”をした教科も、
軒並み点数を落していくことになるでしょう。


というよりも、今年度以降は、“そう”して、ふるいにかけてくる学校・先生が
多いと思います。


そのふるいにかけられ、呼び出し・面談となった時、
無情にも『証拠』として、記録された点数、成績を突き付けられることになります。


過去のことをネチネチとうるさいなと思われることでしょうが、
私立校・中高一貫校の場合、“そう”して積み上げてきた『過去』が、
進級・進学の審査の対象となることを、入学時、さらには各学期において、
通知されています。


そのことを無視し続けている限り、私立校・中高一貫校生としての『適性』も
『学力』も身につけられずに、追い込まれるように、
学校を追い出されるようになっていきます。


今年度以降、特に2020年度以降に大学入試を受けることになる世代は、
その煽りを一気に受けることになります。


今、高校2年生は、今年度落す、つまり留年することになると、
そこから心を入れ替えて、もう一年過ごさないと、
内部進学の資格ははく奪されることになると思います。


もしかしたら、今年度からは、その留年も許さずに、転校するか、
進学を諦めて、卒業だけするかを迫られるかもしれません。


危険性ばかりを言って、明るくなれる話題は無いのかと思われることでしょうが、
残念ながら『ありません』。


ただ、2020年度以降において、無事、内部進学や指定校推薦などの権利を
得ることが出来れば、比較的楽に、大学へと進学できることでしょう。


最も、そこから先も油断することはできないでしょうが。


今年度もそうですが、今後、大学付属の私立校・中高一貫校だからといって、
安易に、“楽”できると勘違いされる方が増えると思います。


しかし、学校・先生側は確実に締め付けをしてきており、そして、
その中でもひどい方、つまり上記したように、、
私立校・中高一貫校生としての『適性』も『学力』も無いと審査、判断された場合、
楽できるどころか、地獄となって、学校から追い出されることになることでしょう。


そうならないためにも、この忙しい二学期を乗り切って、
三学期、次学年へと繋げられるようにしておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-09-05 11:38 | その他 | Trackback | Comments(0)