2018年 09月 15日 ( 1 )

祝日・連休が多い二学期

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

二学期はカレンダーの祝日の関係で、連休が多くなります。


と同時に、それに合わせて、というわけではありませんが、
授業の進度も速くなり、かつ、宿題の量も増やされることは、
容易に推測できることではありますが、今年度以降の私立校・中高一貫校では、
それこそ、祝日・連休を“休ませない”くらいの勢いで、
授業を進め、宿題の量も増やしてくることが予想できます。


さらに、もうすでに、夏休みの宿題などで実感していると思いますが、
『今まで』宿題など出さなかった、理科、社会などの科目からも、
宿題が出されるようになり、宿題の『数』も増えていくことも
予想できます。


もし、“そう”なっているにも関わらず、今まで通りに、部活動に、遊び・趣味にと
『忙しく』、『時間が無い』などと言ってはいられないでしょう。


今年度以降は、部活動の顧問の先生すらも、『そんなことは知ったことではない』と
強硬な姿勢を取る可能性があります。


部活動の顧問の先生がそうなったら、当然ですが、他の教科の先生などは、
もっと、そういった態度を取ることになります。


すでに一学期、無情、非情とも思えるくらいの点数、成績を付けられた
教科に関しては、この二学期、『自分なり、自分的に』“ちょっと”頑張った程度では、
一学期同様、いえ、二学期はさらに低い評価を受けることになると思います。


特に平常点に関しては、一学期、夏休みと『反省の色』が見られないとなれば、
学校の先生も人間ですので、かなり感情がこもった評価を付けることでしょう。


もちろん、あくまでも、機械的に、記号的に審査を行っているつもりでしょうが、
一学期、夏休みともう半年近く、伝えているにも関わらず、伝わらないというジレンマは、
人として、感情に訴えたくなる時もあるでしょう。


とはいうものの、先生は審査・評価を出す立場ですから、その感情を押し殺して、
淡々と成績を付けることになるとは思いますが、そういった感情をこらえればこらえるほど、
機械的、記号的な審査は厳しくなっていくことになるでしょう。


不思議な話ではありますが、感情を抑えて客観視すればするほど、
非情、無情とも思える主観に近い厳しい評価が出てくることになります。


むしろ、学校などのコミュニティなどにおいては、感情が入った主観のほうが、
子供達の無限の可能性、未来、将来を考え、温情が与えられることが、
多かったと思います。


先生によっては、どちらの審査・評価を受けることになるかはわかりませんが、
今年度以降、前者のように、容赦なく切り捨てるタイプの方は増えると思います。


部活動の顧問の先生の教科だから、あるいは、
今まで温情で平常点をくれていた教科・先生だからといって、
『何とかしてくれる』だろうと、甘い見積もりをしていると、
そのことが原因・元凶となって、進級・進学の危機にまで発展する可能性が
ありますので、気を付けておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-09-15 13:36 | その他 | Trackback | Comments(0)