2018年 09月 21日 ( 1 )

続く連休

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

来週頭も祝日で連休となりますが、先週と変わり、
人によっては“テスト前”の連休、あるいは学校行事、
部活動の大会前の連休となると思います。


当然ですが、平等に公平に『自由な』時間が十分に与えられている以上、
その後の『結果』に対する『責任』は重くなっていきます。


“時間が無かった”で、宿題が出来なかった、テスト勉強ができなかったなどの
『言い訳』は通用しませんので気を付けて下さい。


部活動の大会や学校行事など、本当にのっぴきならない『理由』があったかもしれませんが、
“それら”によって、祝日、連休の時間が『失われる』ことは、“事前”に
わかっていたことでしょうから、『対応』『対策』しなかったほうが、
“悪い”と判断されることになります。


特に、部活動などは、一応『強制』ではありませんので、
“参加”したのは、皆さん個人の自由、自主性に過ぎず、
その『結果』『判断』『決断』に対する責任は、自己責任として、
取ってもらうことになります。


自分の置かれている状況、そして自分自身の人生、進路、学力の状態を
よく考えて、行動することをオススメします。


決定事項が下されてからは、学校・先生は何が起きようが、何を言おうが、
『知ったことではない』という、強硬な言動、態度、姿勢を取ります。


学校・先生は、ある程度の予想、つまり、
“このまま”では、進級・進学できない“だろう”と
『わかって』いたとしても、生徒の自由、自主性を認め、
良く言えば、『無限の可能性』を信じているから、『何も言わない』、
悪く言えば、昨今のパワハラ問題などから、『何も言う気にならない』と、
なります。


そうなると、進級・進学できないことが決まると、
まるで“見捨てられる”“見放される”かのように感じられることでしょうが、
学校・先生は、ギリギリまで『待った』上で、決定を下すわけですから、
何一つ、責められるいわれはありません。


しいて言うなら、部活動の参加を“強制する”ような先生は、
非難されても致し方ないかもしれませんが、それも、
基本的には『自由参加』の上に、“自己判断”で続けたわけですから、
全て、生徒個人、ご家庭の判断によるものとされることでしょう。


学校・先生は、『あらゆる可能性』を提示してくれて、
最終判断は、生徒、ご家庭に委ねているわけですから、
責任を感じることはないでしょう。


今年度以降、徹底して、そういった言動、態度、姿勢になっていくことが
予想されますが、そうなった時、『自己責任』の罰は重く厳しくなっていくでしょう。


私立校・中高一貫校で、進級・進学できないことが決まることは、
わかりやすいものとなりますが、それ以上に、今年度以降は、
『落してしまった』基礎学力、基礎知識によって、
人生の罰とまでは言い過ぎかもしれませんが、
今後の進路、進退を大きく変えるものとなることでしょう。


今年度以降に関しては、勉強したくない、嫌だ、面倒だと抗う方は
もちろんのことですが、本当に勉強が“出来なくて”、悩み、葛藤する方でも、
非情に、無情に切り捨てられる『結果』になると思います。


私立校・中高一貫校で、勉強に、授業に“ついていけない”のは辛いことかもしれませんが、
それでも『ついていこう』ともしない方は、容赦なく切り捨てられても、致し方ないと思います。


個人的な意見ではありますが、今年度以降、『無理』してまで、
私立校・中高一貫校にしがみつこうとすればするほど、
そういった悲劇、不幸、地獄が続くことになると思います。


いつ、どのタイミングでというのがわからない、
そして、どこまでの『結果』で、決定が下されるのかが
わかりづらい分、親御さん、ご家庭の方も不安や葛藤、
落胆することが増えていくことになるでしょう。


よく冗談交じりに書いておりますが、私立校・中高一貫校で、
進級・進学できなくても、元気に伸び伸びと成長していき、
青春時代を謳歌できれば良し、仮に学校を去ることになったとしても、
良い人生経験だった、勉強が向いていないことを知ったから、
良かった良かったで、“強制”的に納得するしかないでしょう。


今年度以降、“そう”せざるおえない方が増えていくと思いますが、
生徒自身も、ご家庭の方も、納得されることは難しいでしょう。


しかし、“そう”なったのも、全て自己責任ということで、
追い詰められるよう、責め立てられるように、迫られることに
なりますので、覚悟しておくことをオススメします。


二学期中間テストで早速その罰を受けることになるかもしれませんが、
危機感を持って、よく考えての行動をするようにして下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-09-21 11:39 | その他 | Trackback | Comments(0)