人気ブログランキング |

2018年 11月 30日 ( 1 )

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

昨日も書きましたが、今年度以降、この二学期期末テストをもって、
進級・進学の問題が“片付けられる”ようになると思います。


つまり、学年末テストまで、進級・進学の問題がもつれ込み、
最終的に、学校・先生が温情・忖度して、仕方なしに、
底上げするということが少なくなっていくことでしょう。


というよりも、“そう”ならない、しないように、
一学期、二学期と厳しくし、ふるいをかけて、
やらない人はもちろんのこと、出来ない人も、
さっさと別の進路を目指してもらうようになっていると思います。


すでに二学期中間テスト後に、『見せしめ』のように、
進級・進学が出来ないことが決まった方がいる場合、
学校・先生が本気になってきていることが伺えます。


その場合、この二学期期末テストにおいても、
今まで通り、学年末テストでどうにかなる、どうにかしてもらえるからと
タカをくくっていると、クリスマス前に、悲劇のプレゼントを
もらうことになることでしょう。


失礼ながら、このことは、学生の皆さんよりも、むしろ、
親御さん、ご家庭の方のほうが、タカをくくっている、
軽く考えているように見受けられます。


よく冗談のように書いておりますが、通っている私立校・中高一貫校で、
進級・進学できなくても、青春時代を、学校生活を、元気で伸び伸びと
過ごしてくれさえすればいい、進級・進学はあわよくば出来ればいい程度で、
出来なければ出来ないで、その時はその時にまた考えればいい。


勉強勉強と頭でっかちなステレオタイプでなく、臨機応変に対応出来る
柔軟な思考を持ち、これからの未来を、世界を、楽しんで充実した人生を
送ってくれればいい。


その信条、考えが垣間見れるのが、部活動は絶対に、頑なに辞めないという姿勢を
親子で強い信念をもって示されることです。


主要教科で複数教科、不合格、1といった成績を取っても、それを貫かれる姿を見ると、
ある意味、上記したように、通っている私立校・中高一貫校での進級・進学など
大した問題ではないのかなと思えるのですが、そうはいっても、実際に、
進級・進学できないことが決まりそうになると、真っ先に慌てられるのは
親御さん、ご家庭の方です。


失礼ながら、まるで、学校・先生に、お子さんに、“裏切られた”かのように、
そして、『自分は悪くない』ということを固持したいかのように、
対応に四苦八苦されている姿を見ると哀れに見えてきます。


今年度以降、進級・進学できないことが決まりそう、あるいは各学期において、
要綱、条件を満たしていない状況・状態になった場合、今まで通りの生活を
続けている限り、十中八九、進級・進学できないことが決まります。


というより、学校・先生側が、そうなるようにと強い意思をもって、
審査・評価してくると思われます。


今までは救済の温情や忖度が横行していました。


特に部活動の顧問の先生の教科などにおいては、
それこそ、逆差別かのような評価がされてきていたと思います。


その結果、とんでもない学力格差を生み、学校のブランド、偏差値、
レベルを大きく下げるようになってしまったように感じられます。


それを打破しようと、各校で改革が進めてきています。


通っている私立校・中高一貫校での進級・進学のことを
あまり考えないのであれば、関係ない話かもしれませんが、
『最低』でも通っている私立校・中高一貫校で進級・進学するのは
“当たり前”と考えているのであれば、よく考えての決断を
『親御さん、ご家庭の方』“こそ”が行うことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛




【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by eikan-seirios | 2018-11-30 12:07 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)