人気ブログランキング |

2019年 05月 30日 ( 1 )

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃を無料掲載!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛詳しくは塾のHPを確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の
仕方を電子書籍で提案!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

決められた予定があると、当然締め切り、カウントダウンが
刻まれることになります。


この一学期中間テストは、4月、年間予定表・スケジュールを
渡された時点で決まっていました。


もっと厳密に言えば、学校・先生が作成し、決定した時点で、
決まったことになっていました。


今更になって、時間が無い、忙しい、嫌だと言うことが出来ません。


さらに厳しい言葉を投げかければ、勉強することを約束して、
わざわざ入学した私立校・中高一貫校において、そう言う、
そう思うのであれば、学校を辞めることをオススメします。


中学生ならば、まだ親御さんの意向や教育で、
『入学させられた』と言うことが出来るかもしれませんが、
『義務教育』を終え、さらに『勉強すること』を選んだ
高校生以降は、『自己責任』だと言えるでしょう。


学校を遊び場、友達との交流の場、部活動で楽しむ場と、
考えることは勝手ですが、その環境、その状況、その状態を
『続けたい』というなら、嫌だろうが、ムカつくだろうが、
勉強せざるおえない、テストは受けざるおえない、
そして『成績』は、学校が求める最低限の結果を出さなければ
ならないことになります。


少なくとも、私立校・中高一貫校であれば、この縛りは
絶対的なものとなります。


それが、私立校・中高一貫校に入学した時点で、
『決まった』、いえ、生徒の皆さん自身が『決めた』ことに
なっています。


こんなことでも知らなかった、わからなかった、
なってみてわかった、だからもう一度やり直させてくれ、
だから自分“だけ”許してくれは、出来ません。


学校に行くか行かないかの選択肢は、
『自己責任』の伴う自由・自主性で選ぶことができますが、
進級・進学するためには『条件』『基準』があります。


その条件が、学校で授業を受けて、学び習得し、
テストを受けて、一定の点数を取って、成績を取って、
通っている学校・先生が定めた、あるいは求めるレベル、
学力を示すことになります。


私立校・中高一貫校の場合、その『条件』が少し厳しいだけです。


自分なりに、自分的に、頑張ってる、頑張った、だから、
許してくれ、認めてくれということが通じることはありません。


すでに中間テストを受けた方は、その理想・理論が
打ち破られていると思いますが、私立校・中高一貫校において、
『勉強しない』という自由・自主性を『個性』として認めることは
ありません。


それどころか、その『審査・評価』は厳しく見られることになります。


その意識を、認識をもって、テストまでの締切、カウントダウンは
もちろんのこと、宿題や小テストなどの平常点となるものの、
締め切り、カウントダウンにもしっかり対応しないと、
進級・進学の権利を失うことになります。


さらに、『現役』の『学生』でいられる時間・期間、年齢も
締め切りがありますので、気を付けて下さい。


誰でも、いつまでも、『待ってくれる』『許してくれる』
わけではないので、先を見据えた『行動』を起こすことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛



【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

by eikan-seirios | 2019-05-30 23:08 | #勉強 #学習 #教育 #私立校 #中高 | Trackback | Comments(0)