<   2017年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今年も残り2か月

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今日で10月が終わり、明日から11月です。


今年も早いもので残り2か月となりました。


毎年恒例となってきましたが、いかがでしょうか、
『今年の目標』は。


もうそろそろすっかり忘れている、覚えていない、
それどころか、とっくのとうに諦めている、柔軟に変えている、でしょうか。


情報化・記録化が進み、スピードが求められる昨今の社会・世界では、
一つのことにこだわるよりも、様々なことに臨機応変に対応していくことが
良いことなのかもしれませんが、
『目標を立てない』『忘れる』『出来なくても大したことがないと思う』ことなどは、
悪影響していくことになると思います。


こう書くと“自分の好きなこと”であれば、立てられるし、忘れないし、
出来る様にするために本気で真剣に考えると言われる方も多いでしょう。


毎年年始に書かせていただいておりますが、“それ”でもいいから、
とにかく目標を立てましょう、そして一週間、一か月とやってみましょう、
せめて忘れないで、覚えておきましょうと提案しております。


ですが、多くの方が、その時になってみると、“そう”いった好きなことは、
趣味的なこと・ものであり、堅苦しく目標を立てて、
何かしてみるというもの・ことではなく、自分の好きな時に好きな時間だけ、
好きなようにやるから好きなだけであって、やれるのであって、
計画立ててまでやりたいもの・ことではないと言い訳しては、
年間の目標を立てること嫌います。


おそらく、“そう”いった好きなこと・もので、計画通りにできず、
目標を達成することができなかった時、最後の砦が、自尊心、自信といったものが、
破れ崩されると思っているのかもしれませんが、『だからこそ』むしろ、
勉強など『嫌なこと』で、計画を立てて、目標を達成するという経験をしておくことを
オススメしています。


そうすれば、少なくとも『嫌なこと』“でも”目標を立てて、計画して、達成することができる、
できないにしても、目標を立てる、計画するということができることを、経験・証明できる。


そうであれば、『好きなこと』であれば、もっとうまく、もっとやる気になってと、
出来ると思えるのではと思って、オススメしているのですが、多くの方が、
『これ』つまり、勉強など『嫌なこと』でも目標を立てるのは、計画を立てるのは、
面倒、嫌だ、時間がない、暇がない、達成できないと、諦められることが多いです。


そうして逃げる様に、勉強など『嫌なこと』“だから”出来ない、
『好きなこと』“であれば”出来るだろう・出来そうと思い込むことで、
自分の自信を、自我を保とうとされるのかもしれません。


その考え、思い込みで、少なくとも私立校・中高一貫校の進級・進学の問題が、
解決されることはないでしょう。


そして、進級・進学できないことが決まってから、
自分は勉強が出来ない・そもそも向いていないなどという『言い訳』を
している限り、勉強だけでなく、それ以外のことでも、
その悪習慣、悪癖がつきまとうことになるでしょう。


学生時代の内に、この悪習慣、悪癖を振り払うのには、やはり年間を通しての目標を、
計画を立てて、実行し、その結果をきちんと分析・反省し、次につなげるようにしないと、
習慣は癖はなかなか直らないものになります。


加えて、体力・気力がある学生時代、若い世代において、このことを『経験』していないと、
大人になってからでは、より一層抜け出すことが難しいでしょう。


なってみればわかることでしょうが、大人になれば、昨日書いたような、
『物理的・時間的・能力的にやれない・できない』ことやものは、
もちろんのこと、経済的、地位的、権限的などの制限も加わり、
さらには年々と体力の衰えも加わってくると、気力も落ち込むということになります。


それでも、大人でも夢をかなえる人は、少なくありませんが、
その一部の方を例に挙げて、全ての方のモデルケースとするわけにはいかないでしょう。


会社や仕事上の目標やノルマを達成している人は少なからずいるとは思いますが、
プライベート、つまり自分の好きなことにおいても、そうであるという方は、
そうそういないでしょう。


むしろ、会社や仕事での目標やノルマですら、いっぱいいっぱい、
学生時代の勉強“ごとき”のほうが、何倍も、何十倍も楽だったと、
嘆いている方が多いことでしょう。


そういった大人たちを馬鹿にして、自分なら出来る、自分ならやれるという
根拠のない自信を持つことは若者の特権ではありますが、
そうであれば、ぜひやってみて、それを証明してみて下さい。


そのためにも、最低限、今年の目標を思い出し、残り二か月かもしれませんが、
その目標を達成するための行動をすることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-10-31 12:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

今週11月を迎える

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

この時期、文化祭などで忙しくなると、今週が10月の終わり、
そして11月の始まりであることを、“うっかり”忘れてしまう方が多いです。


そして気付いたら11月上旬が過ぎていて、気付いたら刻一刻と、
期末テスト2週間前、1週間前となっていて、“終わってない”もの、
“やり残した”ことで囲まれていて、追い込まれる。


毎年、それでも何とかやってこれたのは、まだまだゆとり教育の影響が
あったために、授業もカリキュラムもそこまで厳しいものでなかったことなどが
あるでしょうが、今年度からはもう違います。


一学期の時点でそのことに気付いていれば、そこまで厳しく追い込まれることは
なかったと思いますが、もうすでに時遅しとなっていることでしょう。


“そう”ならないためにも、この今、そうなる一か月前の今から、
意識を持って、準備しておくことをオススメします。


忙しくも楽しい期間かもしれませんが、その間に進む授業や出されている宿題など、
『学業面』でも、『やること』『やるべきこと』がたくさんあるはずです。


毎年年末、冬休みによく書いていることではありますが、
『今年出されたものは今年中にやっておきましょう』、
今年度以降はこれが毎月、毎週、つまり、
『今月出されたものは今月中に、今週出されたものは今週中に』、
“やっておかない”とあっという間に取り残されていくことに
なると思います。


二学期になってから、そのことが中間テストまでで、その結果で、
わかったと思います。


これから先、このことはより早く、より短くなっていくと、
その日その日、その場その場での要求、つまり日々のノルマのようなものですが、
そのレベル・量・質がかなり高いものになっていくことになるでしょう。


そして、『やらない』のはもちろんのこと、
(物理的・時間的・能力的に)『やれない』『できない』も、
許してもらえないとなると、厳しい審査によって、
切り捨てられるようになっていくと思います。


『やらない』方が罰せられることに関しては皆さん、納得されることでしょうが、
自分なりに頑張っている、それでも、物理的・時間的・能力的に、
『やれない』『できない』ことに関しては、皆さん憤慨されると思います。


そこまで期待されても現実的に難しいと思われることかもしれませんが、
これが、子供たちの無限の可能性を、将来・未来を否定せず、
ひたすら『応援(だけを)する』という形の究極系です。


すなわち、『やれない』『できない』ことは“ない”、無限の可能性を、将来・未来を、
持っているのだから、必ず『やれる』『できる』ことが、『大前提』であり、
『やれない』『できない』は、弱音であり、それは『やれない』『できない』のではなく、
『やらない』だけでしょう、どんなに、物理的・時間的・能力的に、
『やれない』『できない』ことでも、『結果』、やれなかった、できなかったは、
全て『やらなかった』方と同じだという扱いを受けることになります。


無限の可能性を、将来・未来を、否定しない、応援することで、
『やれる』『できる』ことを、『大前提』にして、
厳しい審査によって、切り捨てるスタイルは、スポーツなどの世界と似ています。


その後のその人の人生がどうなろうかなど知ったことではありません。


無限の可能性を、将来・未来を、否定しない、応援したということは、
全て自己責任、物理的・時間的・能力的に、『やれない』『できない』ことは
一切無視して、一緒くたに『やらなかった』方と同じ扱いとする。


今まではそこまで審査が厳しくありませんでしたら、この傾向はそこまで
強くありませんでしたが、2020年度の教育改革に向けて始動し始めた今年度以降、
このことが浮き彫りになっていくことになるでしょう。


そうなった時、犠牲者となった方のその後の人生は、本当にわからなくなります。


自由にのびのびという教育方針を否定するつもりはありませんが、
その結果に対する審査が、そして日々の要求が高く厳しいものになった時、
諸刃の剣ではありませんが、『極端な結果』が、子供たちの後の人生にまで
影響してこないか懸念しております。


私立校・中高一貫校の場合、それが進路、すなわち進級・進学の結果によって、
明暗をはっきり分けてしまうことになります。


十代の子供たちが、なってみてからわかったで、全て自己責任、全て自分の人生として
受け入れるには、まだまだ難しい年頃だと思います。


加えて、親御さん・ご家庭にしても、いえむしろ、親御さん・ご家庭のほうこそ、
お子さんが“そう”なったことを受け入れるには、時間がかかることでしょう。


しかし、学校・先生側はもう、仮に多くの生徒が“そう”なることも
じさない覚悟で、突き進んでいるように思われます。


“そう”なってから気付いて、後悔することのないように、
『今』をよく見直し、これからに向けての準備を進められるように
しておくことをオススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-10-30 14:20 | Trackback | Comments(0)

進路を分ける二学期

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

そろそろ中間テストの結果も出て、『集計』も終わり、
完全完璧に、進級・進学できないことが決定し始めると思います。


つまり、期末テストを受けても、仮に百点満点を取っても、
進級・進学は『物理的な数字・数値』として『できない』と
決定づけられることになることでしょう。


嫌味で言わさせてもらいますが、おめでとうございます。


これで、『なってみてわかった』ことでしょう。


散々うるさい説教も、脅し文句も、これで、全く『無意味』となります。


私立校・中高一貫校において、『進路を分ける』ことは、
文字通り以上に、『人生を分ける』ことになることでしょう。


一緒になってバカ騒ぎしていた友人知人、一緒になって授業を聞いていなかった、
ふざけあったクラスメート、一生懸命汗を流し、長い時間を過ごした部活の友人、先輩後輩。


『その方々』と肩を並べて、一緒になって、進級・進学することは、
もうできません。


それが、受験なく進級・進学できると思い込んでいた、
私立校・中高一貫校で“進級・進学できない”ということです。


まぁ、高校生で進級できない場合は、留年という方法を取ることもできますが、
それも『反省なく』“今まで通りの学校生活、私生活”を続けている限り、
同じ結果を出す可能性が高くなります。


今年度以降はより厳しくこの傾向が高まっていくことになると思いますが、
2020年度の教育改革のこの前後は、本当に今後、どうなっていくのか、
『なってみないとわからない』ことでしょう。


前例がないことになりますので、これから先は本当に自分の人生を、
自分の手で切り開くしかなくなります。


厳しい環境・状況かもしれませんが、頑張って下さい。


逆に言えば、この環境を、状況を打破する力と知恵を身につけられると、
これからの時代、世界を乗りこなせるかもしれません。


そう信じていくしかないでしょう。


首の皮一枚残した方も、それは問題が期末テストまで持ち越したに過ぎず、
本当に『最後の最後』の機会を与えてもらったに過ぎません。


一歩間違えば、この時期に進級・進学できなかった方と同じ、
いえ、『物理的な時間』が少ない分、より厳しい環境と状況となることに
気付いて、来月・再来月自分がどうなりたいのか、どうなっていたいのかを、
本気で考えておくことをオススメします。


進路を分ける二学期は、この時期にも、最後の最後までにも、
本当に別れることになりますので気を付けて下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-10-29 13:52 | その他 | Trackback | Comments(0)

秋休み中の過ごし方

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

学校に寄ってはこの時期、文化祭などもあり、その振替休日も兼ねて、
秋休みとして、一週間ほどお休みになる学校もあると思います。


例年ですと、この時期から期末テストに向けて勉強し始めましょう、
『最低』でも、“事前”に出されている宿題を終わらせましょうと
提案しておりますが、今年度以降は、提案しても無意味になる可能性が
あります。


というのも、この時点で進級・進学の合否が決定してしまい、
やる意味がないものになっている可能性があります。


むしろ、『そんなこと』よりも受験勉強を“しなければならない”、
宿題などに時間を使っている暇がないということになると思われます。


去年度までは『冬休み』になってからそうすることになっていたと思いますが、
今年度は期末テストを受ける前、つまりもうこの時期には『決まってしまっている』ために、
この秋休み中での対応は、各個人で、各ご家庭で、全く異なることになることでしょう。


何度もうるさいかもしれませんが、ここまできて、ようやく、
『なってみてわかった』の結果が、進級・進学できなかったということであれば、
もうこの先は同じ轍を踏むわけにはいきません。


というよりもここから先は転げ落ちるのを防いでいかないと、
落ちるところまで落ちてから、『なってみてわかった』となることになります。


昔であれば、そうはいっても、腐っても私立校・中高一貫校に入った実力があり、
授業についていけないにしても、その授業そのものが高いレベル、質の高いもので
あったので、転げ落ち続けることには『歯止め』がかかったものでした。


ですが、今では、勉強以外に逃げ道や誘惑も多く、言い訳もできる状況・環境が
整ってしまっているように思えます。


そして、その原因といいますか、その根幹になっている『考え』が、
自分が“望んで”私立校・中高一貫校に入ったわけではない、
そしてそこで好き勝手にやらしたくせに、後から文句を言ってくる、
親御さん、ご家庭に『正義』は語れない、感じないというところでしょうか。


これをこじらせていくと、もう勉強という道には進めなくなると思います。


お子さんの無限の可能性を、将来・未来を想ってのことが、
最悪の結果となって返ってくることになることでしょう。


そうなってからでは、もう取り戻すことはかなり難しいとなります。


そうならないためにも、もう一度よく話し合い、何をどうすべきなのかを、
親御さん、ご家庭含めて、考え直さないと、ここから先の苦労・苦悩に、
苦しめられることになると思います。


進級・進学ができないことが決まった方は、少なくとも
この秋休み中までにそのことをよく話し合われないと、
この秋休み中に、また「問題を先送りにする」“悪習慣”を
身につけてしまうことになるでしょう。


また、進級・進学の合否を期末テストまで引き延ばした方も、
今抱えている『問題』や『課題』を後回し・先送りにしていると、
来月の今頃苦しむことになり、再来月には泣くことになります。


この秋休み中、部活動や趣味、遊びにと充実させるのは構いませんが、
昨年度までの感覚で、休みにしていると、痛い目にあうかもしれませんので、
気を付けて下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-10-28 16:05 | その他 | Trackback | Comments(0)

学校行事、部活動が落ち着いたら休む?

この時期、学校行事、部活動が佳境を迎えて、忙しいかもしれませんが、
それが終わるとぽっと与えられたような、時間が出来ると思います。


それは、本当に『休み』になることだったり、練習時間などが減ったりなど、
物理的にも時間が与えられ、精神的にも解放されることだと思います。


そうなった時の行動が、この後、つまり二学期期末テスト、
さらには進級・進学の明暗を分けることになります。


学校行事・部活動を頑張った、だからその後、全てにおいて、
『許される』『ご褒美をもらえる』わけではありません。


勉強やテスト、成績に関しては、『それら』は切り離されて評価・審査されており、
最終的に進学できる基準に達した時にのみ、それらは『加点』という形で、
『ご褒美』になります。


詰込み型教育が否定されてから、どうも、こういった課外活動に重点を置かれる方が
増えてきた、推進されてきたように思いますが、それが文武両道の形で体現されて
いるのであれば、問題ないどころか推薦・推奨されるものとなりますが、
文武両道が体現“されていない”場合、『断罪・処罰』の対象となります。


普通の学校では、最終的に受験進学なので、推薦受験に有利にならない、
あるいは推薦受験はできない程度ですが、私立校・中高一貫校においては、
『進級・進学できない』という、いわば退学勧告となります。


そうなってからの選択肢の幅は、むしろ普通の学校に通って、受験するよりも、
狭く厳しいものとなります。


通っている学校のレベル・偏差値以上の学校を目指すことはもちろん、
同等レベル・偏差値の学校にも転校・編入できず、受験をしても、
合格できないことが多くなります。


特に今年度以降は、今まで以上に、学力的にも、物理的にも
間に合わないということが増えていくことになるでしょう。


そうなると何のために私立校・中高一貫校に入学したのか、入学させたのか、
苦悩されることが多くなると思いますが、それをさらに自業自得、自己責任という形で、
学校・先生、さらには社会・世間から、ばっさり切り捨てられることになります。


連日うるさく書いておりますが、これが最悪の結果といいますか、
私立校・中高一貫校における厳しい断罪の結果となります。


このことは親御さん・ご家庭にとってもショックが大きいことになるでしょうが、
先日から厳しく書かせて頂いておりますが、この結果が、
親御さん・ご家庭の教育方針や子育て、しつけは、その学校において、
『間違い』『不正解』だったと、物語ることになります。


何度か書いているように、こうなると、通っていた私立校・中高一貫校と
お子さんと親御さん・ご家庭の意識のミスマッチの最終結果だと言えます。


今年度以降は2020年度の教育改革に向けて、各校、特に私立校・中高一貫校は、
より高い意識をもって、レベル・偏差値、基礎学力の向上を目指しています。


そのことに、一学期から気付かずに、放置し続けてしまうと、
二学期の今、この時期になって慌てることになります。


いつまでも、『課外活動』に力を入れて、そのことが、未来・将来の役に立つ、
未来・将来につながる、選択肢を広げることだと、妄信していると、
近い未来・将来、つまり進級・進学の問題にぶち当たることになります。


それでも、続けられるというのであれば覚悟あってのことなのでしょうが、
であれば、冒頭に書いたように、忙しさが終わり、ぽっと空いた時間を、
有効に使わないと、どんどん上記したようなことに陥っていくことになります。


そして、最後には、通っている学校において、
親御さん・ご家庭の教育方針や子育て、しつけは、
『間違い』『不正解』だったと、評価・審査される結果となります。


そうならないためにも、親御さん・ご家庭も忙しいかもしれませんが、
この時期、しっかりとお子さんのことを見て、指導を行っていかないと、
最悪の悲劇を止めることが出来なくなります。


今年度は、二学期になってから大げさな、過激な書き方になっていますが、
一学期からの懸念事項が、推進されていることを考えると、
狂言めいたくらいの書き方のほうが、目にとめて頂けるかと思います。


多くの方はこんなことにはならないと思いますが、なってみてから、
嘆き苦しんでも、誰も助けてくれない、それもこれから3~5年は、
例年にないことの連続で、誰の相談も助言もあてにならないことを考えますと、
早め早めに対応を考えておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-10-27 15:11 | その他 | Trackback | Comments(0)

学校行事、部活動“も”佳境を迎える

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

忙しくなる二学期も中盤を迎え、学校行事、部活動も佳境を迎えてきたと
思います。


年5回ある定期テストの3回目の中間テストの結果が出た今、
それらに勤しんでいられる余裕がある方は、順調な学校生活を
送られていることでしょう。


点数、成績に余裕がないにも関わらず、その方々同様に楽しむ権利があると思って、
好き勝手にやられる方は、もうある意味『勉強』については諦めがついたのでしょう。


念のために記載しますが、4回目となる二学期期末テストにおいて、
付け焼刃の勉強や一夜漬けの勉強で、『何とかなる』ことはありません。


授業の進度も速くなった今年度以降は、それこそ『絶対』といえるくらいに、
なると思います。


今までは、そうは言っても『救ってくれる』テスト、平常点をもらえていたと
思いますが、これからは『切って捨てる』ための厳しいテスト、審査を
されると思います。


ここまできても、わからない方は、これはある意味、親御さん・ご家庭も含めて、
断罪せざるおえないと、学校・先生側が判断すると思われます。


何度も書いておりますが、“そう”なってからの泣き落としや、『次は頑張る』の
『次』はありませんので、覚悟して下さい。


そして、このことが大げさなことと、まだまだ進学が関わっていない、
1・2年生、その親御さん・ご家庭も、今年度以降は、上の学年の方々の、
進級・進学の状況・状態を注視しておくことをオススメします。


大げさに脅しめいたようなことを書き、宣伝しているように思われるかもしれませんが、
2020年度の改革に向けて、対策し始めた今年度以降は、この時期に書いていることですら、
『遅すぎる』可能性があります。


つまり、大げさに脅し、宣伝するなら、もう夏休みまでということになっていくことに
なると思います。


一学期に成績を落としたら、夏休みから始めないと、もう二学期からでは遅すぎて、
塾や家庭教師でも対応しきれなくなるということになると思います。


『受験進学』であれば、ギリギリ秋口、冬休み入る前に宣伝が続けられることでしょうが、
私立校・中高一貫校の『内部進学・進級』となると、3年次の夏休み、
いえ、もう3年次ともなれば遅すぎ、2年次の夏休みまでが、『限界』になると思います。


今後は、2年次夏休みを終えた時点からの、内部進学への挽回・逆転劇を行うには、
条件の一つに部活動を辞めることになるでしょう。


それはできない、なんとかしてほしいと言われても、成績に見合う学力をつけるのに
必要な『物理的な時間』がない以上は、何ともできないということになっていくと
思われます。


それほどの授業の、勉強の内容と質になっていくと思われますが、
まだ、気付けていない方は、先日書いたように、『今年度』進級進学できなかった方の数、
そしてのその方の動向、その親御さん・ご家庭の今までの対応、これからの対応を、
よく見ておいてください。


そして、他人のふり見て、我がふり直せで、二の舞とならないように、
よく考えられることをオススメします。


先日も厳しい書き方をさせて頂きましたが、私立校・中高一貫校において、
進級・進学出来なかったということは、昨今では『親御さん・ご家庭』の、
『教育方針や子育て、しつけ』が、通っている学校において、
『間違い』『不正解』だったと、審査・評価されて、烙印を押されることになります。


そうして追い出されることになったということが、『記録』されてしまうことになると、
今後の情報化・記録化の社会において、どういった影響が出てくるか、計り知れません。


話がまた、うるさい説教に脱線してしまいましたが、生徒の皆さんが、お子さんが、
学校行事、部活動“に”忙しく、佳境を迎えている中、勉強“も”佳境を迎えているということを、
親御さん・ご家庭も含めてよく考えないと、今後は、この時期にはもう遅い、手遅れということに
なっていくことになると思います。


親御さん・ご家庭“も”忙しく、年末に向けて佳境かもしれませんが、
問題を放置すればするほど、どんな結果を招くのか、
社会に出て、仕事をされたことのある、冷静な判断ができる、
親御さん・ご家庭になら、わかっていただけることだと思います。


もう、今年度以降は、この時期では進学の問題を考えるのは遅いと思いますが、
来年度、再来年度に内部進学を迎える方は、この時期から考え始め、
問題解決に本気になっておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-10-26 15:51 | その他 | Trackback | Comments(0)

中間テスト後は・・・

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

上旬中旬に中間テストを終えた方は、そろそろ気を抜き始めていると思います。


下旬、今週テストが始まる、始まった方は今まさに正念場の緊張感を
持っていると思いますが、期末テストまで、その緊張感を絶やすことのないようにしてください。


上旬中旬にテストを終えた方も、そろそろ目を覚まさないと、
その結果の反省が全く意味を成さないものになります。


中間テストはどうしても、『“まだ”期末テストがあるから』と、
緩みがちになり、またその結果に対しても、“まだ”や“次”が
あることから『許される』という気持ち、思い込みが強くなります。


実際に、成績の評価としては、30%~40%として換算されることになるかもしれませんが、
その30%~40%を落としているとなると、残り40%~50%となる期末テストにおいても、
油断することができない上に、10%~20%となる平常点も散々な結果になりかねません。


各校、各教科の先生で成績のつけ方が複雑になってきた昨今、
何がどこで影響しているのかが見えにくくなっていますが、
今年度からは、『定期テストの結果』が、平常点にも反映・影響してくるとなると、
気を付けていないと、与えてもらえると思っていた平常点がもらえなくなることに
なります。


『定期テストの結果』が、平常点にも反映・影響してくるというのはつまり、
どんなに宿題やノートをきちんと書いて、出していたとしても、
テストの結果、点数に反映されていなければ、その努力を評価しないという
非常に厳しい処置をされることです。


本当に、まじめにやって、それでも結果が出ない方にとっては、
これは厳しいことかもしれませんが、昨今多くの方が、
授業中、先生の話は聞かない、寝ているなどして、ノートや宿題などは、
きちんとやっている『誰か』のものを写したり、答えを丸写しするなどして、
サボっていることが増えてきました。


時間がない、忙しい今どきの子供の事情から、致し方ないことかと、
学校の先生の温情もあって、今まではその『作業』を行うことに、
評価をしていた部分もあったのでしょうが、今年度からは、
それを許さないという姿勢・態度を示す学校・先生が増えたと思います。


つまり、そうやって平常点を稼いで、テストの結果が散々でも、
成績点を押し上げていた方は、今後断罪されることになると思います。


こうなると、多くの方が、テストの点数を落とすと、この平常点を落とすことになり、
ダブルパンチで成績が下がる可能性が高くなります。


自分なりにやっている、頑張ってやっているつもりかもしれませんが、
今後、結果を重視されるようになってくると、平常点は、本当に真面目に
やっている方にのみしか与えられなくなっていくことでしょう。


すでに一学期、授業中騒いでいる教科の成績は、散々なことになっていると思いますが、
この二学期でも同じようにしている場合、それは『学年の成績』を落とすことに
なると覚悟して下さい。


そのことが意味するのは、進級・進学に直結する問題であるということになります。


生徒の皆さんはわかっていない、なってみないとわからないことかもしれませんが、
昨日書いたように、親御さん・ご家庭にとっては、お子さんへの教育方針、指導、しつけに
対する『評価』として、進級・進学できないという決定事項が下されることになります。


今年度、どれだけの方が、そうして成績を落とされ、進級・進学できなくなるのか、
予想できませんが、おそらく、『減る』ことはないでしょう。


むしろ、学校・先生が断固とした決意を持っている場合、半数近い方に、
そういった処分を行う可能性もあります。


今年度以降3~5年間をかけて、学校側が生まれ変わり、改革を進めていくとなれば、
こういった極端な断罪も行われることになると思います。


そうなった時の犠牲者にならないためにも、事前事前に対処しておくことを
オススメします。


うるさい説教に脱線してしまいましたが、今年度以降の私立校・中高一貫校での
処罰は厳しく重くなるということをそろそろ気付かなければ、
『次』で終わることになると思います。


通っている学校での進級・進学など考えない、青春時代を面白おかしく過ごし、
『良い思い出』作りのために通っている、お子さんを通わせているのであれば、
問題ありませんが、そうでないのであれば、この時期までが最後の岐路となりますので、
よく考えられることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-10-25 14:43 | その他 | Trackback | Comments(0)

10月残り一週間

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

早いもので10月も残り一週間となりました。


正確には一週間と十数時間ではありますが、この時期から、
期末テストに向けて、時間単位で毎日を過ごされる方は少ないでしょう。


ですからおそらく、あー残り一週間か、一か月後の今頃が、
期末テストになるのかー、ぐらいにしか感じられていないと思います。


このブログではよく、日数を、時間を気にしましょうと書いておりますが、
それは、それらは『有限』であり、そして学生の間は、『テスト』という、
機会に対してのカウントダウンであることになります。


そのテストに関しても、3年間で14~16回という有限回しかありません。


有限であることを強調するのは、それがどんなに怖いことかということです。


その有限を過ぎ去った時、無限になるかのように感じられる、
つまり学校を卒業して、終わったら、何でも自由、何でもできると
思われているかもしれませんが、『そうなれる』“機会”は、
もう無くなっています。


もう何でも自由、何でもできる『選択肢』はありません。


それこそ、『現状で出来ることだけが出来る』ということになり、
それ以上を望んでも、決して叶わないということになることが多くなります。


これが『選択肢』を奪われることであり、その『選択肢』を奪うのは、
『有限』の機会であり、時間ということになります。


私立校・中高一貫校生で、すでに『進学できない』ことが決まった方は、
そのことがよくわかったと思います。


いかがでしょうか、『なってみてわかって』。


嫌味のように感じられるかもしれませんが、このことは、一生付きまとうことになります。


『なってみてわかった』で『遅かった』の結果が、
学歴として『記録』されている以上、その事実は消せません。


さらに私立校・中高一貫校生の場合、多くの友人知人が『普通に』
進級・進学していくことになりますから、友人知人と会う度に、
またはネット上で見かける度に、そのことが重くのしかかってくることでしょう。


若い内は、『そんなこと』で、人生の歯車が狂ったわけではないと思えることでしょうが、
年を重ねるごとに、『そんなこと』“が”関わっているなんてと、思わされることが
増えてくることでしょう。


私立校・中高一貫校の場合、そこまで、それほど先のことまでが、自己責任として、
自業自得として、扱われる可能性があります。


多くの友人知人が通っている学校で進級・進学していく中、別の道に歩むことが、
そこまでの格差を見せるのかということに気付いた時には、もう後戻りできないことになります。


残酷なことを書かせて頂きますが、“そう”なった諸先輩を、1・2年生は、
よく見ておくことをオススメします。


それは直接でも、SNSのようなもので間接的でも、良いです。


1・2年後、自分もそうなりたいのかどうか。


そして、これは親御さん・ご家庭の方も、“そう”なった生徒、親御さん・ご家庭の、
今までの動向と今後の動向に注目されると宜しいかと思います。


少なくとも、『その』やり方、判断ではダメだった、そして、その後のやり方は、判断は、
どうなるのかということは、言い方が悪いですが、非常に『参考』になります。


失礼ながら、それが、私立校・中高一貫校で、進級・進学できない方の典型例であり、
そうなってからでは、もう手遅れになるというモデルケースとなります。


各親御さん・ご家庭においての教育方針や子育て、しつけに正解が
あるわけではありません。


しかし、ここから先、言い方が過激になり、気分を害されるかもしれませんが、
少なくとも、私立校・中高一貫校において、進級・進学できなかった方、
親御さん・ご家庭の教育方針や子育て、しつけは、その学校において、
『間違い』『不正解』だったと、生徒が、お子さんが“進級・進学できなかった”ことが
物語ることになります。


昨今の教育事情、特に私立校・中高一貫校においては、学校・先生は、
生徒の自主性・自由を重んじ、文武両道を推し進めながら、
パワハラ・体罰などの諸問題から、一切何も『言わなく』なっています。


教育や指導といったものは、親御さん・ご家庭に、“全責任”を委ねています。


そうなると、“その”私立校・中高一貫校で、『進級・進学できない』ということは、
イコール、親御さん・ご家庭の『教育方針や子育て、しつけ』が否定されたということに
なります。


“あくまでも”その『通っている学校においては』の話ではありますが。


そうして、学校から追い出される形で出された後は、軌道修正が間に合うかどうか、
学力が、勉強習慣を取り戻せるほどの時間があるかどうかが問題になってきます。


昨今は、そうなってからの逆転劇、つまり受験で、通っていた学校よりも
レベル・偏差値の高い学校に、合格したという話をほとんど聞きません。


むしろ、転げ落ちるように落ち込まれる方が増えているように思えます。


うるさい説教のように感じられるかもしれませんが、これが
私立校・中高一貫校の現状になっており、このことが、
文武両道のモデルケースとなる上位者の光によって、
隠されている闇になっているように思えます。


お子さんを私立校・中高一貫校に通わせている親御さん・ご家庭は、
こういった闇にも、きちんと目を向けて、今後のことを
よく考えられることをオススメします。


そして、時間は、機会は『有限である』ということを忘れることなく、
一回一回の判断、決断を、きちんとお子さんと向き合うようにすることを
強くオススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-10-24 14:35 | その他 | Trackback | Comments(0)

10月最後の週

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

中間テストがあった10月も実質今週で終わり、来週中頃には
11月になります。


それも、ほとんどの学生が、下旬には『期末テスト1週間前』を
迎えることになる11月です。


テストを終えてからも、学校行事や部活動の大会などの準備や練習で、
あっという間に過ぎているかもしれませんが、ここで気を抜くと、
11月もあっという間に過ぎることになります。


中間テストの結果がわかっている方は、一学期の点数、成績とを
加味して、果たして、そうしてあっという間に過ごして、
良いものかどうか、よく考えてみて下さい。


授業の進度が速くなった今年度からは、この二学期10月、11月が
怒涛の如く進む時期となると思います。


早い学校では、この二学期で今学年で修学すべき内容・範囲を終えて、
三学期からもう次学年の内容・範囲にまで進むことが予想されます。


元々私立校・中高一貫校では、独自のカリキュラムや時間割で、
普通の学校よりも速く授業が進みますが、今年度は例年とは
比べ物にならないくらい速くなっていると思います。


それだけ、学校・先生が本気になっているともいえますが、
ついていけない、置いていかれる方にとって、その『速さ』の分だけ、
加速度的に進級・進学できないことが決まっていくことになります。


1・2年生は進学のことなんて、まだまだ先のこと、腰をすえて、
じっくりゆっくりと考えればいいなんて思っているかもしれませんが、
今年度以降は、もうこの時期から、進路を見据えて考えておかないと、
希望する結果には程遠い結果になります。


高校・大学へと進学することが当たり前のように思われている
私立校・中高一貫校生のほとんどが、『ソレ』を“与えられる”のが
当然の権利と勘違いされていることがほとんどです。


そうして『与えられない』とわかってから慌てる方が、
塾などに駆け込まれることになりますが、
その時までに修学すべき内容・学力が足りていないと、
今まで通りの生活を続けながらでは、もう取り戻せない
状況・状態になっていることが多いです。


今後はより一層、『付け焼刃』での勉強では太刀打ちできないように
なっていくことを考えますと、一つ一つの判断・決断が命取りと
なっていくことでしょう。


そして、これは親御さん・ご家庭にも当てはまることになり、
『忙しいから』『学校・子供に任せているから』で、
問題を放置すればするほど、その責任が問われることになるでしょう。


その後は、より一層お子さんのことを対応しなければ、
お子さんの未来・将来を奪うのは、奪ったのは、
親御さん・ご家庭だと言われ続けることになるでしょう。


私立校・中高一貫校では、昔から多かったですが、その学校に入学させたのだから、
親としての責任は果たした、後はお子さんの問題として、放任するだけして、
いざ、進級・進学できそうにないとなってくると、冗談じゃないと、
騒ぎ立てる方が、最近は極端になってきました。


それも、もうほとんど点数、成績的にも、物理的・数値的に不可能に近く、
さらに基礎学力、学習習慣、勉強への態度・姿勢など、通っている学校のレベルとは
程遠い状況・状態にも関わらず、『何とかしてくれ』と他人任せの上に、
他人事のように、さらに責任転嫁をするかのように振る舞う方が増えているように
思えます。


失礼ながら、子供の模範となる親御さん・ご家庭が、そういった言動・態度・姿勢を
示せば示すほど、子供たちはそれを倣うことになります。


そして、学校・先生が何も『言わなくなった』『言えなくなった』昨今、
好き勝手にやられる方が増えてきているように思えます。


今後、私立校・中高一貫校では、進級・進学要綱に基づき、
徹底して、数値・数字で、ばっさり切り捨てるようになっていった場合、
こうした生徒、親御さん・ご家庭を、追い出すかのように、追い込んでくることでしょう。


それも、『勉強』『テスト』『成績』というわかりやすく、結果が出ているもので。


そうなった時、つまり一定の点数を取った時点で、残りのテスト、学期・学年を過ごしても、
進級・進学出来ないことが決まった時点で、容赦なく切り捨てることになるでしょう。


すでに、そうして、今年度『切り捨てられた』方が、そろそろ出てきていると思います。


そうなってからは、何をどうしようとも、通っている学校での進級・進学は
行えません。


『自業自得』の『自己責任』ということではありますが、これによって、
かなりの選択肢が減ることと、友人知人などとの格差が生み出されることを考えると、
通っている学校で進級・進学出来なかったけど、青春時代を謳歌し、良い経験が出来たで
済ませられるかどうか、計り知れません。


そうまでして、青春時代を謳歌した割には、部活動の結果も中途半端、
勉強の修学も中途半端、その上、3年間近く、勉強しろ勉強しろとうるさく
言われて、自分なりに頑張ったのに進級・進学できずに、
追い出されるように、自分の進路を、人生を奪われる形になります。


そして、こう書くと厳しい言い方になりますが、それを親御さん・ご家庭が、
推進したということになります。


教育的指導の権限が失われた学校・先生は、子供たちに教育・指導・しつけなど、
一切行いません。


それは“全て”親御さん・ご家庭に任せており、特に私立校・中高一貫校では、
その結果を、勉強という形で『審査』し、成績という『結果』を出して、
親御さん・ご家庭に判断してもらうようになっています。


その『審査・診断結果』である成績をみても、何も感じられない、
無視する方から、制裁されていくことになります。


過激な書き方のように感じられるかもしれませんが、
“普通に”過ごしていれば、高校・大学へと進級・進学できる、
私立校・中高一貫校において、『進級・進学できない』ということは、
これに近い状況・状態にとして扱われることになります。


そこに同情も温情もありませんので、よく考えておくことをオススメします。


今後の私立校・中高一貫校はより一層の厳しさを増していくことになると
思いますが、その『犠牲者』となってから、後悔しても遅いということに、
親御さん・ご家庭も含めて、よく考えておかないと、通っている学校の
進級・進学だけの問題でなく、その後の進路や人生にも大きく影響して
くることになると思います。


いつまでも『なってみないとわからない』を繰り返していると、
とんでもないところまで落ち込む可能性がありますので、
気を付けて下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-10-23 15:44 | その他 | Trackback | Comments(0)

来月の今頃は・・・

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
来月の今頃は期末テスト1・2週間前、さらに再来月の今頃には、
終業式を迎えて、楽しい冬休みの始まりといったところでしょうか。


再来月が楽しいかどうかは、『期末テストの結果』次第だと思いますが、
来月の今頃、テスト1・2週間前の地獄はある程度予想できると思います。


テストを終えたばかりの方は、まだまだ余裕、授業は進んでいない、
それどころか、来週・再来週は学校行事で授業はほとんど潰れると
タカをくくって、この2週間は『テスト休み』感覚かもしれませんが。


それをしている限り、期末テストも、散々な目に合うことでしょう。


もう一学期、二学期中間テスト、さらには夏休み明けのテストと
4回ほどのテストを受けてきて、学校・先生の本気がわかったと思います。


2020年度の教育改革、2019年度から実施される予定の、
『高等学校基礎学力テスト(仮称)』に向けて、各学校で始動し始めた
今年度以降は、全てにおいて速さと結果を求められるようになると思います。


基礎学力というのは、今までのゆとり教育のゆっくりじっくり思考する、思案する、
という考え方よりも、速く正確にがいかにできるかということを問われることになると思います。


そうなれば当然、速く大量に問題を解く訓練をしておかないと、
そのテストに対応できない可能性が高くなります。


実際には、そのテストがどうなるか分からないために、この対応が良いかどうかは
判断がつかないところではありますが、おそらく学校・先生は仮に“そう”なっても、
対応できるようにと、今年度以降、少なくとも2020年度までは、
授業の進度を速めてくることでしょう。


特に、私立校・中高一貫校では、独自のカリキュラムを組めますので、
大体、高校2年次の二学期までには、高校3年間の履修・修学すべき内容を
終わらせるように突き進めてくると思います。


もちろん、あくまでも『目標』とされているだけであって、実際には
軌道修正されることが多々あることだとは思います。


しかしながら、学校・先生の方針がそうである以上、少なくともその目標に向かって、
可能な限り、突き進めてくることを考えると、今後も授業の進度は速くなっていくことに
なることでしょう。


となれば、二学期中間テストを終えて、学校行事が忙しくなってくるこの時期といえども、
授業はどんどん進み、それに伴う演習、宿題なども増えていくことになるでしょう。


その結果、どうなるかは、“もう”わかっていると思います。


少なくとも定期テスト3回受けてきて、その経緯、結果がどうなったかを
知っているわけですから、この二学期期末テストで、『優しくなる』
『甘くなる』などとは考えられないと思います。


それどころか、ここで一気に断罪をするために、より一層の厳しさを
強いてくる可能性が高いです。


そうなると、今年度から、進級・進学が出来ない方が倍増するかもしれません。


まだ、改革に向けての初年度なので、緩いかもしれませんが、
それでも確実に昨年度よりも多くの方が断罪されることになると思います。


自分はその対象にはならない、なっていないと思われるかもしれませんが、
一学期に成績を落としている方は、その候補者になっていると思ったほうが
良いと思います。


二学期の成績がどのようにつけられるかわかりませんが、
一学期以上に厳しいものになった時、呼び出し・面談となる方は多くなるでしょう。


果たして、その中から、何人の方が進級・進学ができないことを告げられるのか、
それこそ『なってみないとわからない』ことではありますが。


ですが、来月の今頃には、『期末テスト1・2週間前』を迎えることは、
『なってみないとわからない』ことではありません。


その時に、自分がどうなっていたいのか、よく考えての行動をすることを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆



公立・私学中高一貫校生専門塾アルファ


【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2017-10-22 11:55 | Trackback | Comments(0)