<   2018年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧

5月も終わり、一学期残り約45日

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
  ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
  2018年1学期期末・前期総合テスト対策講座
  ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★

     中間テストの挽回!? 二学期以降への貯金!?
 補助的・体験的な塾活用でも大歓迎。ご相談・問合せは随時受付中!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

期末テストが、7月上旬の早い段階に終わる方は、残り約40日ほどで、
実質一学期が終わることになると思います。


7月の中旬に期末テストを終える方も、約45日ほどで、
一学期が終わります。


明日からの6月に中間テストがある方は、その期間に、
中間テストと期末テストの二回のテストを受けることになります。


短い期間にテスト、またテストとなることになりますが、
例年と異なり、その範囲の広さ、量、質、難易度が変わってきていることが
予想されます。


いやいやいや、そうは言っても今までも、結局、先生の授業が遅れに遅れて、
狭い範囲で、テストとなって、期末テストでは“点数”が取れる、
“帳尻”が合わせられるテストになっていると思っていると、
とんでもない点数を取ってしまい、一学期から進級・進学の危機を
迎えることになります。


カリキュラムや履修、授業を独自に組むことが出来る、調整することができる、
私立校・中高一貫校といえども、今年度からは、『遅れる』ことは無いと思います。


少なくとも、各学期で帳尻を合わせて、むしろ、『早めて』くることでしょう。


部活動の顧問などという理由で、授業が『遅れる』、自習にすることはなくなって、
代行の先生や課題プリントなど、あるいはその前後の授業において、その分の授業内容を、
進めてきていると思いますがいかがでしょうか。


さらに、ここ数年、ICTの活用などによって、授業が進めやすく、速くすることができる反面、
置いてけぼりやついていけなくなってくる方が目立ってきていますが、
その活用を、早くから取り入れている私立校・中高一貫校は、
ここぞとばかりにその“本領”を発揮していると思います。


そうなると、この短い期間でも、大幅に、加速的に授業を進めることができますので、
カリキュラムやシラバス通りに、授業を進めてくることが予想できます。


今までは先生の裁量で任されていたかもしれませんが、2019年度の
『高校生のための学びの基礎診断』、さらに2020年度の教育改革という、
明確な目標があり、そのための期間も、時間も限られているため、
一人の先生の裁量だけに一任されることは無くなると思います。


そして、テスト内容などに関しても、
クラスや個人単位での学力を“考慮して”ということもなくなり、
統一された、総合的な学力の向上を目指すことを第一目標に掲げられた場合、
難易度が上がってくることが予想されます。


すでにテストを受けた方は、そのことがわかるような結果が出てきていると思いますが、
これからテストを受けられる方は、そのことを意識して、
仮に数点でも確実に取りにいく、点数を上げていく姿勢で、
テストに臨まれるほうが宜しいでしょう。


まるで入試のように感じられ、今まではそうして、点数を上げて、成績を上げることを
目指す人がやるくらいのことだと思っていたかもしれませんが、
今後は、進級・進学の危機にある方が、意識して行わないと、
進級・進学のボーダーを超えることが出来なくなることになることでしょう。


うるさいことかもしれませんが、そのボーダーラインギリギリを楽しむように、
進級できたらラッキー、進学できさえすればいい程度に考えていると、
今年度以降は早い段階で、駆逐されることになると思います。


この一学期が終わった段階で、こんなことが余計な杞憂であったのであれば、
いいのですが、もし、万が一、予言通りの結果、傾向にある場合、
一学期が終わり次第、早い段階で対応を考えないと、
1・2年生といえども、二学期期末テストを待たずして、
決まることがありますので、気を付けることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-05-31 13:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

戻れない1カ月前

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
  ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
  2018年1学期期末・前期総合テスト対策講座
  ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★

     中間テストの挽回!? 二学期以降への貯金!?
 補助的・体験的な塾活用でも大歓迎。ご相談・問合せは随時受付中!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

一ヵ月前はGW連休中の天国だったと思いますが、
いかがでしょうか。


そして、今まさに、5月末に『なってみて』、テスト前・テスト中に『なってみて』、
今年度が始業した先月からうるさく忠告・予言していたことが、
当てはまってしまってないでしょうか。


それを防げたのは、一カ月前の今頃だったと思いますが、
振り返ってみてどうでしょう。


昨日も書きましたが、テスト前になって、宿題やノートまとめなどの作業が
終わっていない方は、今は地獄だと思います。


さらに、仮のそれを“丸写し”で終えた方も、テスト勉強の範囲の広さ、量、質に、
押しつぶされていませんか。


そうして、今更になって、わからないところが“わかって”、
それを理解し、さらに演習しという時間が残り数時間となっていませんか。


このことは、授業、カリキュラムの進度を考えると、
教育関係者なら、わかっていたことだと思います。


ですから、安易なことを言わず、慎重に見定めていた方が多かったと思いますが、
当塾ではあえて、大げさに、大ぼら吹きのように書いて、警鐘を鳴らさせて頂きました。


実際に、書いていたようなことにならなかった、なっていなかったら、幸いです。


そうであれば、それを、その生活を続けていても、
通っている学校での進級・進学は問題無いでしょう。


一つ皮肉を言わさせて頂きますと、あくまでも“結果”が伴えばの話ですが。


中間テストを終えていない場合、つまり結果がわかっていない今なら、
“今まで通り”でも何の問題なく、テスト前までやり過ごせた方も多いかもしれません。


しかし、それらは“こなせた”だけのことであり、その結果が、定期テストで
問われることになります。


一つ一つは、そこまで厳しい、難しいものではなかったかもしれませんが、
それらを総合して、統合して、『審査』するのが、定期テストとなります。


わかったつもり、うまくやったつもり、やりこめたつもりでも、
学力・知識の穴や抜け、油断があったりすれば、
定期テストにおいて、それを如実に出してしまうことになると思います。


それは今までに比べて、たかだか数点の話かもしれませんが、
その数点の幅が、期末テスト、二学期になって広がっていった時、
決断を迫られる可能性があります。


例年では、この最も点数の取りやすい一学期中間テストにおいて、
80点、90点以上の高得点を取らなければ、赤点でない限り、
50点も60点も70点も同じようなもの、どんぐりの背比べと言えましたが、
今年度以降は、70点ぐらいをキープ出来れば、二学期をなんとかやり過ごせるかも、
50点、60点以上取れなければ、もう危険、赤点なんて取ったら、
絶望的とまでいうことになるかもしれません。


そうは言っても、結果として、取ってしまったものは仕方ないということになりますが、
その時に、一ヵ月前を考えて、今感じていること、そのことから、結果が出てからの、
その時からの、一か月後の自分はどうなっていたいか、どうなりたいか、
そのために、“今”、一カ月前にやっておけば、用意しておけば、準備しておけば、
良かったものが何なのかを、よく思い出してみることをオススメします。


中間テストを終えれば、期末テストまで一ヵ月を切ると思います。


その一ヵ月は、4月末からのこの一ヵ月とは異なり、祝日や連休などありませんが、
同じ“期間”“時間”があることには変わりありません。


ただ、“自由にできる”『時間』が少ないかもしれませんが、
そうだとしたら、どうすべきなのか、よく考えて、行動することを
オススメします。


期末テストは中間テストと異なり、テストとなる教科も増えると思います。


『負担』が増えることは“わかっている”ことですので、
事前の対応を早め早めにしておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-05-30 12:29 | その他 | Trackback | Comments(0)

GW連休が懐かしい?

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
  ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
  2018年1学期期末・前期総合テスト対策講座
  ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★

     中間テストの挽回!? 二学期以降への貯金!?
 補助的・体験的な塾活用でも大歓迎。ご相談・問合せは随時受付中!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

たった4週間ほど前のことではありますが、GWの連休を懐かしんでいる、
というよりも、後悔している方のほうが多いと思いますがいかがでしょうか。


GW明けからの忙しさ、そして、祝日・連休の無いことのつらさ、
時間の無さに関しては、先月からうるさく書いてきましたが、
実際には、テスト前になって、テスト勉強をする、いえ、その前に、
宿題やノートまとめなどの『作業』をする段階になって、
気付いた方が多いことでしょう。


今年度から、授業の進度が速くなったことの影響で、
宿題やノートまとめなどの『作業』は、今までよりも量が多く、
さらに時間もかかっていると思います。


その上、範囲が広くなればなるほど、わからないところ、
つまづくところも増えて、さらに捗らないことでしょう。


そうして、その作業だけで手いっぱいで、テスト勉強が遅れれば遅れるほど、
今年度は一学期から、かなりヤバイ点数を取ることが予想されます。


この、『“もっとも点数が取りやすい”一学期中間テスト』において、
点数を落した場合、例年ですと、その後のテストは9掛けになっていくと
書いておりますが、今年度以降は、8掛け7掛けという傾向になっていくかも
しれません。


つまり、例年なら、この一学期中間テストで、60~70点でも、
期末は50~60点、二学期中間テストは40~50点台で、
ここまで赤点を免れて、なんとか成績も不合格や1・2といった成績を
取らずに済んでいたと思います。


しかし、今年度以降は、この一学期中間テストで、60~70点でも、
期末テストで、40~50点台で赤点となり、さらに平常点の評価が
厳しいものになると、一学期から不合格や1・2といった成績を取る方が、
続出する可能性があります。


そうして、呼び出し・面談となっても、“今回”“たまたま”と考えて、
今まで通りの生活をして、二学期中間テストにおいて、30~40点台となり、
さらに、期末テストにおいて、20~30点台になって、
進級できないことが決まることが予想できます。


そんな馬鹿な話はならないと思うかもしれませんが、授業の進度が速くなり、
範囲が広くなり、基礎学力、基礎知識が抜け落ちれば落ちるほど、
定期テストの素点の落差は上記した推移で落ち込む可能性が高いです。


今後はこうした傾向が学年が上がるごとに加速度的に進んでいくことが考えられます。


そのスパイラルにハマってしまうと、もう通っている学校での授業、勉強には、
ついていけず、卒業すらも危ういことになってしまうことになります。


大げさに書いているつもりではありますが、私立校・中高一貫校の
今年度の授業・カリキュラムの進み具合、本気度を鑑みると、
本当にあっという間に決まってしまう方は決まることになると思います。


これらの予言が、ただの戯言、大嘘だったと、今年の年末に
余裕をもって、笑い飛ばせるようになっておくことをオススメします。


残念ながら、予言通りになってしまった方は、おそらく、今学年において、
制裁を受けてしまうことになるでしょう。


2020年度の教育改革に向けて、始動し始めた今年度以降は、
悠長に構えていればいるほど、進級・進学だけでなく、
その後の転校や受験などの対応も遅れていくことになると思います。


そうなると、“たかだか”学校の勉強、テスト、成績“ごとき”のこと、
そして、取りこぼした基礎学力、基礎知識の量、時間だけ、
自分の進路や未来・将来の選択肢が大幅に狭まることになりますので、
気を付けて下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-05-29 13:28 | その他 | Trackback | Comments(0)

今週6月になる

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
  ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
  2018年1学期期末・前期総合テスト対策講座
  ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★

     中間テストの挽回!? 二学期以降への貯金!?
 補助的・体験的な塾活用でも大歓迎。ご相談・問合せは随時受付中!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今週末には6月になります。


テストは6月から!と思い込んでいた方にとっては
酷な話かもしれませんが、残り期間と時間をよく考えて、
今週を過ごされることをオススメします。


授業の進度、質、量、内容が変わった昨年度・今年度からは、
この一学期からかなり厳しい状況・状態に追い込まれていく方が
増えていくと思います。


それでも、今までは“多くの方”が、許されてきた、進級・進学できてきたことは
事実ですから、今年度ももしかしたら、相変わらずのことで、
難なく過ごせるかもしれません。


学校の方針にもよるとは思いますが、今までこのブログで散々煽ってきたことも、
学校・先生次第で嘘にも本当にもなることだと思います。


学校が、先生が、大丈夫だというのであれば、
それは最も信頼できる助言、情報ですので、信用して下さい。


しかし、学校が、先生が、このままでは・・・という話をする場合、
“今までの”『このまま』とは少し異なることになりますので、
気を付けて下さい。


その『このまま』の期限が、リミットが、早まってくることがあります。


それは授業の進度、質、量、内容によって、テストによって、
大きく変わってくることになるでしょう。


早い方だと、この一学期の時点で、『許されない』ことになり、
他校転校などを強く勧められる可能性があります。


それでも、通っている学校にしがみつきたいというのであれば、
学校・先生の言う『このまま』の意味をよく考えて下さい。


『このまま』は『今のまま』というよりも、これから先のことも考えて、
『今の考え、生活』では、そして、『今の学力』では、進級・進学できないことを
示唆しています。


今の考え、生活は『そのまま』で、さらに追加で、ちょっと頑張るで、
今まで抜け落としてきた『基礎学力、基礎知識』を取り戻せるほどではないことを
指します。


そのくらいのレベルにまで落ち込んでいるということをわかっていない方、
これは失礼ながら、むしろ、親御さん、ご家庭の方のほうがひどくなっているように思えます。


これから習うこと、今後起きうることに対して、想像できない、わかっていない上に、
現状の自分の、お子さんの、学力レベルが、どのくらいのものなのか、
わかっていないことが多いです。


中学生といえど、前年度、さらに前々年度以前、つまりは小学校レベルまでの
学力において問題があることが多いです。


そんな馬鹿な、内部進学が許された、受験で合格できた、“ということ”は、
それらを習得し、学力として身につけている、認められていると、
思われている、思い込んでいる『親御さん、ご家庭の方』は多いと思います。


しかし、お子さん自身は、自分のことを、自分の学力を『よく』わかっていることでしょう。


学校でも、友人たちと話や勉強してても、『これは前に習ったよ』
『小学校・中学校でやったことだよ』と先生からも、友人からも言われることが多くなっていき、
自分は今どれくらい遅れているのか、どのくらい危険な状況にいるのか、知らされていると思います。


おそらく親御さん、ご家庭の方には、“そんなこと”いうことができないのでしょうが、
実際に、小学校、中学校時代の基礎学力、基礎知識が著しく抜け落ちている方は多いです。


そして、そのことを含めて、理解して、塾に相談に来る親御さん、ご家庭の方は、
ほとんどおりません。


大抵の親御さん、ご家庭の方は、“そんなこと”知らずに、
とりあえず、“今”やっている学校の勉強を、授業を、テストを、
対応してくれ、うまくやってくれ、それで、学校・先生から言われた“このまま”を
対応したこととして、何とか進級・進学させてくれと、言わんばかりに、
ご要望頂きます。


それがにじみ出てくるのが、塾での授業にかける時間や科目です。


塾でも最初は、お子さんの基礎学力や潜在能力、実力が未知数ですので、
あくまでも親御さん、ご家庭、お子さんのご要望を優先し、予定や日程などを含めて、
“無理のないよう”にご提案し、ご要望に沿った形で授業を行います。


しかし、実際に、一回・二回と授業をしてみると、子供達の基礎学力や潜在能力、実力は
丸裸になってきます。


そのことを踏まえて、次回、これから先の提案に関して、圧倒的に時間が必要であることに
警鐘を鳴らしても、無視される方が多いです。


一昔前までは別途、別の塾や家庭教師、さらには学校での補習や補講などもやっていて、
当塾では、基礎学力や基礎知識の復習などを行って欲しいわけではないと、
単に普段の授業・宿題、テスト対策“だけ”を行うことを望まれる方が多かったです。


それでも、そこそこの基礎学力や潜在能力、実力を持ち合わせていて、
私立校・中高一貫校生ならではの『要領の良さ』で、
うまく切り抜ける、進級・進学していく方が多かったです。


しかし昨今、基礎学力や潜在能力、実力を持ち合わせておらず、
当塾での付け焼刃で、何とかなると思って、結果が振るわない方が増えてきました。


部活動や他の習い事で忙しかったり、金銭面などの様々な事情があるかと思いますが、
基礎学力や基礎知識に関して、物理的に時間をかけずに、効率良くやろうとすればするほど、
結果は落ち込んでいくことが多いです。


そして、この問題が、今年度以降、如実に表れることが予想されます。


進度が速くなった授業に遅れていけばいくほど、ついていけなくなればなるほど、
基礎学力、基礎知識の欠如が進み、取り戻す物理的な時間と量が増えていくことに
なるでしょう。


“そう”なってから、私立校・中高一貫校での『授業』に、
そして『テスト』『成績』に、『進級・進学要綱』に、
“間に合わせる”ことはどんどん難しくなっていくことになります。


さらに、その先、高校・大学と進学していく上で、基礎学力、基礎知識の欠如が
さらなる悲劇を生むことになると思います。


受験においては、これら、“一定レベル”の基礎学力、基礎知識を持っていることが
前提となっている、求められているので、外部受験生と内部進学生の格差は、
拡がっていくこととなると思います。


そうした時、大学側からの要求される内部推薦の基準や学力レベルが、
高まっていき、結果、学校内の定期テストや成績によって“も”、
足切りされるようになっていくことになることでしょう。


今はまだ、2020年度の教育改革に対して、慎重に、静観している大学も
多いかもしれませんが、結果が出始めて、データが如実になってきたら、
各校、一斉に動き出してくることが予想されます。


その混乱に巻き込まれて、改革の犠牲者とならないためにも、
“今から”ある程度の、一定のレベルの、基礎学力、基礎知識を
身につけておくことをオススメします。


数年前までは、とにかく今目の前のテスト、成績を取り“さえ”すれば、
進級・進学はできると言えましたが、もうその時代は終わったと思って下さい。


これからは、むしろ、基礎学力、基礎知識を厳しく問われた上で、
発想や創造力などさえも求められることになっていくと思います。


今回の教育改革において、発想や創造力が“より”求められるかのニュースや報道が多いですが、
それ以上に、というよりも、各学校で『その対策』のために、本来じっくり時間をかけて、
身につけるべき基礎学力、基礎知識を、短時間でかつ、大量に『身につけさせよう』とする
傾向があることに、気を付けておかないと、発想や創造力を問われる、身につける前に、
学校から去る、追い出される可能性がありますので、気を付けておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-05-28 13:49 | その他 | Trackback | Comments(0)

中間テストを終えた方も気を抜けない今年度

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
  ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
  2018年1学期期末・前期総合テスト対策講座
  ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★

     中間テストの挽回!? 二学期以降への貯金!?
 補助的・体験的な塾活用でも大歓迎。ご相談・問合せは随時受付中!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今週、今月中に中間テストを終えた、終える方の中には、
今までは、『テスト』が終わったのだからと、6月上旬を
テスト休みとして、ゆっくりされることが多かったと思います。


今年度、テストの点数で目が覚めることになると思いますが、
それでも今までと同じに考えられる方は少なくないでしょう。


失礼ながら、これは親御さん、ご家庭の方も。


多少低い点とはいえ、忙しい中、そこそこ頑張って、
この点数が取れているのだから、期末テストも、
今まで通り、帳尻合わせ、挽回ができて、
何とかなると思っていませんか。


まだ“なって”ないことに対して、うるさく言うのは、
可能性を否定されているように感じられるかもしれませんが、
授業の進度が速くなったこと、そしてその課程で、
抜け落とす基礎学力、基礎知識が、今後の授業において、
どう使われていくか、どう応用されていくか、知っている立場としては、
この中間テストまでの範囲でも、それが習得されていなければ、
期末テストは到底間に合わなくなることが予想できます。


積み重ねられていく勉強となる数学や英語はわかりやすいですが、
単元ごとに暗記するだけと思われている理科・社会においても、
その傾向が出てくる可能性があります。


そうなった時、抜け落としていく主要教科の基礎学力、基礎知識は、
進級・進学できるできないどころか、もう学業・勉強の道、進路を、
進めなくなるくらいのものになってしまわないかと懸念しております。


これは、受験などでの足切りの前に、学校の授業、定期テストでの、
勉強に対する足切りとなり、やらない方はもちろんのこと、
できない、置いていかれる、ついていけないという方も、
引導を渡されるようになっていくのではと思います。


早い段階で、そういった進路(高校・大学に行けないこと)がわかることは、
ある意味幸せなことかもしれませんが、友人・知人が進級・進学していく中で、
自分だけが進級・進学できないとなることは、
少なからず精神に影響してくることになるでしょう。


今年度以降、このことが早くに決まるようになっていくと、
学校に在籍することが苦痛になるかもしれません。


受験勉強さながらの勉強をしろとまでは言いませんが、
受験なく進級・進学できる私立校・中高一貫校生といえども、
そろそろ毎日の積み重ねの勉強を、物理的な時間をかけて、
一定量の演習・練習をしていかないと、『学校の勉強』に
ついていけなくなってしまうことでしょう。


部活動や習い事、趣味や友人関係、さらには遊びに、スマホと
やること、考えることは多いかもしれませんが、
私立校・中高一貫校での進級・進学は、学校のテスト、成績で決まること、
そして、それらで点数、成績を取るためには、『学校の授業』と、
そこで『習ったこと』を一定量の反復演習していくことが求められます。


そのことを無視した言動、態度、姿勢で、これからの学校生活をしないことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-05-27 13:51 | その他 | Trackback | Comments(0)

中高一貫校中学・高校 2018年1学期期末テスト対策講座のお知らせ

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
  ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
  2018年1学期期末・前期総合テスト対策講座
  ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★

     中間テストの挽回!? 二学期以降への貯金!?
 補助的・体験的な塾活用でも大歓迎。ご相談・問合せは随時受付中!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

一つ前に立教生向けにも書かせて頂きましたが、
今年度から、多くの私立校・中高一貫校で、
“異常な”速度で授業が進められているかと思います。


新入生にとっては、わからないことかもしれませんが、
このままの速さで進められていくと、2年次には、
3年次に履修する科目を受けることになると思います。


その弊害として、明らかに学校の勉強についていけない、遅れを取る方は、
“切り捨てられる”ようになっていくと思います。


それが、通っている私立校・中高一貫校での進級・進学できない程度で
済むのであれば問題ありませんが、他校転校・受験するにしても、
普通の方が修学すべき基礎学力、基礎知識がごっそり抜け落としてしまった場合、
そこから先の進路において、学業、勉強の道を選べなくなる可能性があります。


人生、やり直しのきかないことはないとは言いますが、
学生時代に、習得、修学すべきことを、全く、ほとんど、
やらなかったということは、千数百時間かけて学んでいったことを、
自分一人で、その倍、何倍もの時間をかけてやることになります。


そんな大げさなと思われるかもしれませんが、
今年度からは、その“抜け落とした”基礎学力、基礎知識が
問われる、問題になることが予想されます。


そうなると、その基礎学力、基礎知識を、
もう一度しっかりと土台作りを行う必要になっていくことでしょう。


私立校・中高一貫校生の中には、通っている学校で進級・進学できなくても、
予備校にでも通って、受験対策をすれば、何とかなると思っている方も
いると思いますが、今年度以降抜け落としていく基礎学力、基礎知識は、
一年や二年で取り戻せるほどのものでなくなっていくと思います。


そうなってから、わかったで、後悔することのないように
しておくことをオススメします。


最後に、宣伝となりますが、中高一貫校生専門塾アルファでは、
この1学期期末テストに向けてのテスト対策講座を行います。


テストに不安がある、補習、補助的に利用したいという方も、
大歓迎です。


以下、ご検討頂ければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中高一貫校中学・高校 2018年1学期期末テスト対策講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】

 ○7月第1週にテストがある方
  6月18日(月)~6月23日(土)テスト対策(※1)
  6月25日(月)~7月6日(金)テスト直前対策(※2)


 ○7月第2週にテストがある方
  6月25日(月)~6月30日(土)テスト対策(※1)
  7月2日(月)~7月12日(木)テスト直前対策(※2)

  平日 16:00~22:00
  土曜 13:00~21:00
  テスト期間・短縮授業期間は13:00から授業を行えます
 (他の受講時間をご希望の方はご相談下さい)

 ※1日1回3時間×日数(日数はご希望に合わせて決定)の授業となります。
 ※ご要望に応じて、2日間1.5時間ずつ、
  3日間1時間ずつなど時間を分けての受講も可能。


【内容】

 ☆1対1の個人指導☆

 1学期中間テストに向けての勉強。テスト前の期間と直前の期間とで授業内容が異なります。

  ※1【テスト対策】テスト範囲の全範囲見直し、弱点・不明点の克服
           テスト単元内の基礎の確認
           授業ノート、教科書、参考書の範囲・重要問題確認

   ⇒一人で見つけるのが難しい自分自身の意外な弱点、忘れている箇所を重点的に
    講師と一緒に確認。中高一貫校出身講師による各科目の先生対策(過去の出題傾向・点数の取り方)

  ※2【テスト直前対策】テスト範囲の重要箇所重点確認

   ⇒前々日、前日のテスト科目に合わせ、テスト範囲の重要箇所の最終確認。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 中間テストの結果、問題・解答用紙を必ず持参して下さい。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

【教科】

 テスト全教科対応
 (中高一貫校OBの講師が各科目の先生に対応して指導)



【お問い合わせ】

 詳細は塾のHPをご確認下さい。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-05-26 20:32 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

立教池袋・新座中学・高校 2018年1学期期末・前期総合テスト対策講座のお知らせ

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
  ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
  2018年1学期期末・前期総合テスト対策講座
  ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★

     中間テストの挽回!? 二学期以降への貯金!?
 補助的・体験的な塾活用でも大歓迎。ご相談・問合せは随時受付中!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

まだ中間テストを受けてもいないのに、期末・総合テストのことなんて、
考えられもしないかもしれませんが、今年度以降、そんな悠長なことをしていると、
一気に授業に置いていかれ、傷が広がっていくことになると思います。


今年度以降、『なってみてからわかった』では、
もう間に合わなくなる可能性が高く、
特にこの一学期・前期中間テストから期末・総合テストまでの期間は、
短いために、おそらく、中間テストの挽回を行うことは難しいでしょう。


それも、今まで通りの生活をしたまま、部活も遊びもやって、
物理的な時間もかけずに、ただただ『頑張る』の根性論・精神論で、
勉強しても、結果につながることはないでしょう。


数年前から警鐘しておりますが、昨今の子供達は、
圧倒的に“演習”が足りていないように思います。


授業の進度が速くなった昨年度・今年度からは、
さらにその傾向が強くなっていくことでしょう。


今後、演習、反復練習をせずに、立教校でついていけることはないと
言っても過言ではないでしょう。


にもかかわらず、これは失礼ながら親御さん、ご家庭の方も含めて、
(部活動や習い事などで)忙しいから、やる時間がない、できないと
言われる、考える方が多いです。


であれば、答えは簡単です。


立教校でそのまま進級・進学していくことは諦めて下さい。


その理由といいますか、言い訳に関して、学校の先生はもちろんのこと、
塾や家庭教師などの他人も、誰も、何もできません。


自分でどうするか、親御さん・ご家庭の方の考えとして、どうするのか、
ご自身で考えて、結論をつけて頂かない限り、現状が変わることはないでしょう。


忙しい、時間がない、だから許してくれ、だから優遇してくれと、
言いたいのかもしれませんが、それを許す、優遇する学校は、
おそらく他の私立校・中高一貫校でもないでしょう。


一学期から、何をそんなに目くじらを立ててと思われるかもしれませんが、
失礼ながら、この一学期“から”『記録』されている感覚、意識がない方は、
二学期も、三学期も同じように悠長に考えて、進級・進学できなくなることが
決まるまで、私の戯言のような忠告はもちろんのこと、学校・先生からの
“警告”も無視されることでしょう。


昨今、呼び出し・面談の常連になる方が、
さも『それでも進学させてくれるんでしょう』と言わんばかりの
言動、態度、姿勢を取る方が多いです。


呼び出し・面談が増えたからの弊害かもしれませんが、
昔であれば、一度でも呼び出し・面談となれば、
本当に進級・進学の危機と考える方が多かったです。


そもそもの話ではありますが、これはある意味、
最終的な立教大学への希望する学部・学科が
“選べる”ことが無くなる、選択できる立場でなくなるということで、
危機感を持たれる方が多かったように思えます。


今は、立教大学に進学できれば、どの学部学科でもいいという
言動、態度、姿勢を取られる方、失礼ながら、これは親御さん、ご家庭の方にも
多いです。


その志、考え、生き方を否定するつもりはありませんが、
そういった志、考え、生き方では、仮に立教に限らず、大学に進学しても、
順調に進級していくことは難しいでしょう。


特に2020年度の教育改革で各大学も何らかしらの
対応・対策を取ってくることはもちろんのこと、
さらに普段の授業も、改革をしてくると思います。


立教大学に進学できればいいや程度では、
それらの改革に対応できなくなっていくでしょう。


うるさいことかもしれませんが、立教大学まで付属校となっている、
池袋校、新座校といえど、2020年度の教育改革、
2019年度の『高校生のための学びの基礎診断』を、
軽んじてはいません。


むしろ、授業の進度や宿題・平常テストの量、質を考えると、
ある程度のふるい分けを行うようになるかと思われます。


そのふるい分けによって、落とされることのないように、
早め早めに対応できるようにしておくことをオススメします。


最後に、宣伝となりますが、池袋栄冠ゼミでは、
この1学期期末・前期総合テストに向けてのテスト対策講座を行います。


テストに不安がある、補習、補助的に利用したいという方も、
大歓迎です。


以下、ご検討頂ければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
立教池袋・新座中学・高校 2018年1学期期末・前期総合テスト対策講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】

 ○立教新座
  6月18日(月)~6月23日(土)テスト対策(※1)
  6月25日(月)~7月6日(金)テスト直前対策(※2)
  (中学生は7月5日(木)まで)

 ○立教池袋
  6月19日(火)~6月25日(月)テスト対策(※1)
  6月26日(火)~7月5日(木)テスト直前対策(※2)

  平日 16:00~22:00
  土曜 13:00~21:00
  テスト期間・短縮授業期間は13:00から授業を行えます
 (他の受講時間をご希望の方はご相談下さい)

 ※1日1回3時間×日数(日数はご希望に合わせて決定)の授業となります。
 ※ご要望に応じて、2日間1.5時間ずつ、
  3日間1時間ずつなど時間を分けての受講も可能。


【内容】

 ☆1対1の個人指導☆

 1学期期末テストに向けての勉強。テスト前の期間と直前の期間とで授業内容が異なります。

  ※1【テスト対策】中間テスト範囲も含め、テスト範囲の全範囲見直し、
           弱点・不明点の克服、テスト単元内の基礎の確認
           授業ノート、教科書、参考書の範囲・重要問題確認

   ⇒中間テストの結果も踏まえ、一人で見つけるのが難しい自分自身の意外な弱点、
忘れている箇所を重点的に講師と一緒に確認。
立教OBによる各科目の先生対策(過去の出題傾向・点数の取り方)


  ※2【テスト直前対策】テスト範囲の重要箇所重点確認

   ⇒前々日、前日のテスト科目に合わせ、テスト範囲の重要箇所の最終確認。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 中間テストの結果、問題・解答用紙を必ず持参して下さい。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

【教科】

 テスト全教科対応
 (立教新座・池袋中高OBの講師が各科目の先生に対応して指導)



【お問い合わせ】

 詳細は塾のHPをご確認下さい。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-05-26 20:25 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

中間テストは6月だから・・・

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
  ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
  2018年1学期期末・前期総合テスト対策講座
  ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★

     中間テストの挽回!? 二学期以降への貯金!?
 補助的・体験的な塾活用でも大歓迎。ご相談・問合せは随時受付中!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

もう5月も残り数日となっているにも関わらず、
中間テストは6月で、“まだ”テスト一週間前になっていないから、
テスト範囲がわからないから、テスト科目の日程がわからないから、
勉強はもちろんのこと、計画することすら、“まだ”やらなくていいという
言動、態度、姿勢を取る方が多いです。


テストは6月という考えが強く残っているのかもしれませんが、
実際の『時間』で考えると、もう残り100時間を切っているでしょう。


一日24時間あるから、そんな少ないわけがないと思うかもしれませんが、
“実働”、そして“自由”にできる時間は100時間もないと思いますが
いかがでしょうか。


毎日学校を行っている時間と睡眠・生活時間を差し引いて、
一体何時間残っていますか。


そして、その残り時間で、本当に、今回テストとなる各教科の
テスト範囲を“テスト勉強”できる時間は何時間ですか。


今年度はうるさく書いておりますが、宿題やノート写しなどの
『作業』はテスト勉強になることはないと思います。


それらは、テスト一週間前には“終わっていて”、テストに向けて、
今までやってきた問題集の問題を、過去問や課題プリント、
平常テストを、“もう一度”やって、定期テストに臨まないと、
今年度以降、定期テストでも“点数”が取れなくなると思います。


なってみないとわからないことかもしれませんが、
期末テストはさらに二週間前から、“その状態・状況”に
なっていないと、点数がさらに取れなくなると思われます。


そうなると、6月にテストがある方は、そのテストが終わった翌週に、
なってみてわかったの結果が出て、早ければその週の、遅くとも
その翌週には期末テスト二週間前となります。


中間テストの結果がわかって、本当にすぐに反省し、
生活を一変させるくらいの覚悟があるのであれば、
問題ありませんが、今回の中間テスト同様、
まぁ、なんとかなるでしょうとタカをくくっていると、
期末テストでもひどい結果を『記録』してしまうことでしょう。


そうして、呼び出し・面談となることになってもなお、
頑なに今までの生活を変えないというのであれば、
夏休み明けに、断罪されるようになっていくと思います。


そんなことにならないためにも、対応・対策は事前事前に行うように、
今から期末テストまでをも見据えて、行動することをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-05-26 15:24 | その他 | Trackback | Comments(0)

5月残り1週間

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
    ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
   ☆┃2018年1学期・前期中間テスト対策講座┃☆
   ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★
学年最初の大事なスタート!、補助的・体験的な塾活用でも大歓迎。
       ご相談・問合せは随時受付中!
     立教池袋・新座生はこちらから
      中高一貫校生はこちらから
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

おそらく“気付いたら”今日を迎えられた方も少なくないでしょう。


5月も残り1週間を切ります。来週には6月になります。


学校にもよると思いますが、多くの方が、
『中間テストがある』6月を迎えられると思いますが、
いかがでしょうか。


また、すでに今週、来週に中間テストがある方にとっては、
『中間テストが終わった』6月かもしれませんが、
同時に、期末テスト一ヵ月前となることを忘れているわけには
いかないことになると思います。


テストテストとうるさいかもしれませんが、2020年度の教育改革に
向けて始動し始めた今年度以降、“定期”テストはもちろんのこと、
授業の合間に行われる平常テストなども『気にして』いかないと、
点数を、成績を取れなくなっていくだけでなく、たった数点、
たったこれだけのことで、成績を落して、さらには進級・進学の審査で
小言を言われることが増えていくことでしょう。


学生の皆さんは、もう“うんざり”するかもしれませんが、
『その点数、成績』によって、進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校生にとっては無視することのできないこととなります。


うるさいかもしれませんが、“ソレ”が嫌だ、“ソレ”がムカつく、
“ソレ”が面倒だと思うのであれば、通っている私立校・中高一貫校に
こだわられる必要はないと思います。


受験で、一発逆転で、合格さえすれば、全てが許される学校に行って、
青春時代を楽しまれるほうが幸せだと思います。


しかし、私立校・中高一貫校に在籍しているにも関わらず、
勉強はしたくない、面倒だ、でも“他の皆”と同じように、
進級・進学させろ、自分にはその権利があると主張されても、
結果が伴っていなければ、つまり進級・進学要綱を満たしていなければ、
どんなに駄々をこねて、我が儘を言おうとも、進級・進学できることはありません。


まさか、高校生にもなって、“そんな”発言、言動、態度、姿勢を取る方は
少ないと思いますが、まだ幼さが残る中学生の中には、
上記のように反抗する方もいるかもしれません。


それをいつまで、そしてどこまで行うかは、皆さんの自由ですが、
今後はかなり厳しい締め付けによって、追い出されることになるでしょう。


一昔前であれば、私立校・中高一貫校生は、そういったことを
抜け目なく要領よく、のらりくらりとかわしては、
ギリギリでも進級・進学という道をうまく手にしていましたが、
昨今は不器用を通り越して、幼稚すぎる言動、態度、姿勢を取り、
それがそのまま学力として表れてしまっている方が増えてきているように
思います。


今年度以降、そういった方は一掃されていくことになるでしょうが、
いつまで、そうやっていくのかを、よく考えて、対応していかないと、
私立校・中高一貫校で、進級・進学していくのは難しいでしょう。


まだ始まったばかりの時期に、こう助言するのは厳しいことかもしれませんが、
もし本当に、勉強は嫌だ、面倒だ、やりたくないと、主張されるのであれば、
通っている私立校・中高一貫校は、適していない教育現場となるでしょう。


それでも、今の生活を続けていけばいくほど、学期が、学年が上がれば上がるほど、
苦しみや不幸が増えていくことになるでしょう。


何度もうるさいかもしれませんが、授業の進度が速くなった昨年度・今年度からは、
本当に、それが加速度的に襲い掛かってくることになりますので、
気を付けて、いつかどこかのタイミングで決断することをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-05-25 11:51 | その他 | Trackback | Comments(0)

早くも諦め? 次(期末)があるから大丈夫?

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
    ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
   ☆┃2018年1学期・前期中間テスト対策講座┃☆
   ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★
学年最初の大事なスタート!、補助的・体験的な塾活用でも大歓迎。
       ご相談・問合せは随時受付中!
     立教池袋・新座生はこちらから
      中高一貫校生はこちらから
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

テスト前になって、テストの範囲、量、質に気づき始めると、
今回(中間)は捨てて、次回(期末)で頑張るからと、
早速手を抜き始める方が多いですが、今年度以降は、
『ソレ』を決して許さない範囲の広さ、量、質となっていくと思います。


と同時に、いわゆる『捨て教科』、つまりノー勉でテストに挑み、
それ以上に別の科目に勉強をかける、偏ったやり方も、
今後は通用しなくなっていくと思われます。


理科、社会、国語などは、特にその傾向になりやすいですが、
それ以外の副教科においても、厳しくなることが予想されます。


先日からうるさく書いておりますが、授業の進度が速くなるということは、
その分、平常点となる宿題や平常テストや定期テストの範囲、量、質も
広く、多く、高くなることになり、成績の付け方は“今まで”通りかもしれませんが、
『素点』が低くなることによって、成績が落ち込む可能性が高くなります。


今までは、たかだか数点くらいの差だから、次回平常点を取れば、
テストで点数を取れば、帳尻合わせが出来ていたかもしれませんが、
今後はその数点が積み重なっていき、大きな壁となって、
進級・進学に問題になってくるかもしれません。


そうなると、捨てる教科、テストなど存在せず、
むしろ、ここまで平常点が取れていない場合、
全教科、高得点を取らないと、次回(期末)を待たずに、
今学期の成績が決定してしまいます。


そんなことにはならないと思っているかもしれませんが、
今年度以降からは、『なってから』取り戻すことが難しくなることに、
“気付いた”時にはもう間に合わないとなることが増えると思います。


そうなってからは、勉強以外の全てを捨てて、勉強に集中するという覚悟を
示すことができない方は、進学どころか進級すら危うくなっていくことでしょう。


大げさに書いているつもりではありますが、
昨年度・今年度からの授業の進度を考えると、
いつそうなってもおかしくないように思われます。


カリキュラムの変化もそうですが、こういった授業の進行に関しての変化は、
授業を受けている最中はわかりにくいですが、定期テストなど『記録』された結果が出た時、
その厳しさを実感できるようになると思います。


普段の授業を、はいはい、わかったわかったで済まして、
演習となる宿題も答えを丸写しで、それでもテスト前に
ちょっと勉強すればいけるでしょうくらいに考えていると、
あっという間に上記のような予言の通りになってしまいます。


特に私立校・中高一貫校では、この変化を軽んじてタカをくくっていると、
気付いた時には、とんでもないところまで追い込まれる、さらに置いてけぼりと
なります。


補習や補講、再試、追加課題などで、フォローをしてくれることになると思いますが、
ソレすらも、サボった場合、かなり早い段階で学校を去ることになるでしょう。


学校によっては、今後は、『(勉強が)嫌なら、(学校を)辞めてもらって構わない』という
強硬な態度・姿勢を取るかもしれませんので、本当によく考えて、
学校での生活、今までの自分、そしてこれからの自分のことを、
決めていかないと、最悪の形で、それこそ喧嘩別れのような形で、
学校を去ることになると思います。


そして、“そのこと”が原因で、勉強そのものに対しても、
反抗的になってしまうと、将来・未来にも悪影響となることでしょう。


まだ、今なら、そんなことになる可能性をいくらでもひっくり返すことが
できます。


今回のテストで、時間がない、つらい、わからない、ついていけないと嘆くだけでなく、
少しでも点数を取れるようにギリギリまで足掻くことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-05-24 15:05 | その他 | Trackback | Comments(0)