<   2018年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期期末テスの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

『子供を不幸にするいちばん確実な方法は、
 いつでも、なんでも手に入れられるようにしてやることである』
という言葉を残した有名な方もおりますが、
昨今はその不幸にする考えが、流行っているように思えます。


子供に貧困の負い目や他の子との格差を感じて欲しくないのかもしれませんが、
人生において、『時間』と『機会』は限られており、いつでもはもちろんのこと、
何でも手に入れて、何でも出来る、やれると、様々なことをやるには、
学生時代、それも、他の学校よりも多くの勉強を強いられることになる
私立校・中高一貫校においては、圧倒的に『時間』が足りなくなります。


さらに、遊びや趣味、素晴らしい体験もするとなると、寝る間も惜しんで、
それらを“こなさなければ”ならないようになることでしょう。


昨今、私立校・中高一貫校では、大人顔前け、それこそ、極端に言えば、
芸能人や総理大臣などのように、分刻みのスケジュールをこなしている方も
少なくないように思えます。


ただ、やっていること、やることの内容は、昔のように習い事、塾、ゲームといったことから、
部活動などのスポーツや課外活動に変化して、健康的になってきているとは思います。


そして、家での過ごし方も、昔のようにTV・漫画・ゲーム三昧というよりは、
それらを全て兼ねた『スマホ』三昧になっているように思えます。


そのためか、言い方が悪いですが、実に健康的に、勉強が出来ないという方が
増えてきました。


それも明るく、ポジティブな性格で、細かいことなど気にしない、
豪快な方が多くなってきたように思えます。


馬鹿にするわけではありませんが、そういった方はコミュニケーション能力も高く、
上の世代からも下の世代からも好かれ、実に円滑に人間関係を構築できると
思われます。


ただ、宿題提出など、“当たり前”のことが“当たり前”に出来ない、
やれない、やらないために、それらを普通に行っている方からは倦厭されるように
なっていることでしょう。


言い方が悪いですが、昔ながらの体育会系の生き方、考え方に近いように
思えます。


しかし、“好きなこと”“楽しいこと”“やりたいこと”『だけ』に、
根性論、精神論を当てはめ、“嫌なこと”“面倒なこと”“出来ないこと”に
関しては、今の子らしい弱さを示して、被害者、弱者を装うようになってきています。


学生時代は、それで“許される”と感じられることが多いのでしょうが、
社会に出ると、“許されない”ことが増えていき、自分の理想と現実との
格差が拡がっていくことになっているように見えます。


そうした気質、性質を持ったまま、今後の、今年度以降の、
私立校・中高一貫校で進級・進学していくのは、かなり難しくなっていくことに
なることでしょう。


何度もうるさく書いておりますが、学校での勉強、テスト、成績によって、
進級・進学が決まる私立校・中高一貫校では、勉強を、テストを、
“嫌なこと”“面倒なこと”“出来ないこと”として、
成績など関係ないとして、過ごして、進級・進学が“許される”ことなど
ありません。


その葛藤と悩みを長く考えている、強く思っている、深く考えている“だけ”で、
偉いわけでも、許されるわけでもありません。


『記録』されていく『結果』に対して、対応・対策していかなければ、
進級・進学出来ないことが決まることを“待つ”だけになります。


このまま、やることと、やりたいことの狭間で『思い悩んで考えて』いるだけでは、
どんどん、時間や機会を失っていき、最終的には権利までも失うことになります。


やること、やりたいことが多いことが悪いとは言いませんが、
あまりに欲張って、分相応以上のものを求めても、
“何とかなる”わけでも、最終的に出来なくても“許される”わけでも
ありませんので、気を付けて、何を優先するのか、決断することを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-10-31 14:02 | その他 | Trackback | Comments(0)

今年残り2か月

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期期末テスの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今年も残すところ、2か月となりました。


先日も書きましたが、期間や時間は“少ない”数で表されるほど、
『長く』感じられてしまうことですが、2か月、正確には61日、
1,464時間、87,840分、5,270,400秒となります。


何千時間も、何十万分も、何億秒もありませんので、
気を付けて下さい。


さらにその上、睡眠時間、学校生活の時間を差し引いて、
どのくらいの自由な時間が、昨今の子供たちに残っているのか。


考えるだけで恐ろしい話ではありますが、文武両道するのも、
スマホで休憩するのも、全て自由、自主性に任されているわけですから、
全てが『自己責任』という形で処罰されても文句は言えないでしょう。


今後は、この傾向が強く、厳しくなっていくことが予想されます。


昔のように熱血指導で、時間や科学などを無視した、
根性論、精神論、感情論で、『死ぬ気で頑張れ』『限界を超えるまでやれ』などと
いった指導・教育は、今ならパワハラになりますので、最後の最後までにこにこと
笑顔で、君の可能性を信じるよ、君なら出来るよと、応援する反面、
『結果』が出せなかったら、『結果』が全てということで、ばっさり切り捨てられることに
なります。


そこに忖度や温情などがつくことはありません。


皮肉なことではありますが、昔のような根性論、精神論、感情論のほうが、
主観的な忖度や温情が反映されておりました。


しかし、今ではそういったこと・ものは全てパワハラの対象となりますので、
数字や結果によって、その“証拠”によって、評価・審査され、二点でも一点でも
“足りなければ”、無情に、非情に、切り捨てられることになっていくことでしょう。


こうした評価や審査が徹底されると、むしろ弱者がより救われなくなっていくと
思われますが、社会が、世間が、多くの人が、そうなることを望んでいることを考えると、
もうこの傾向は止められなくなっていくことでしょう。


そうして、記録、結果、証拠を残してしまった方は、『救いようがない』ということで、
切り捨てられていった先に、行き場が無くなって、さらには権利すら無くなっていくのではと
懸念しております。


『自己責任』の一言、一つで片付けてしまうと、こういった問題をどうするのか、
そうなってしまった、たった一回でも失敗をしてしまった“ほう”が一方的に、
徹底的に悪いとなって、復帰、再起を許さない、不寛容な社会、世界になっていくほうが、
より混沌となっていくのではと思います。


そうなった人も受け入れる先が、行き場があり、さらに頑張った人、成果を出した人には、
その人たちなりの特権、特典が得られ、『差別』の無い理想郷のような社会、世界になれば、
良いと思いますが、情報化・記録化が進む中で、個人差が、あまりにも『格差』を生む時代に
なってきた昨今、どんな対策・対応をしようとも、差別、逆差別を生む時代になってきているように
思えます。


散々サボって、楽して、好き勝手にやってきた方を『救うよう』にすれば、
『真面目にやる人が損する』、真面目にやってきた方を特権、特典を与えれば、
特定の人を優遇・冷遇する差別だとなる。


今の時代は、その垣根を、線引きを、どうするのか問われてきた時代になってきたと思います。


その判断が、AIのような“機械的”な判断に委ねられるようになるほど、
『落ちこぼれた』方は、“救いようがない”と判断される可能性がありますので、
気を付けて下さい。


まだまだ先の話だとは思いますが、近い将来、未来において、そうなった時、
学校教育の現場は、特に私立校・中高一貫校など、一般の学校よりも、
『勉強する』ことを余儀なくされる学校では、そういった傾向に一気に進むことに
なると思います。


さすがに通っている私立校・中高一貫校において適性があるかどうか、
さらには進級・進学出来るかどうかの判断をAIなどによって、
審査されるということにまでなるとは思えませんが、
授業中の受け方、例えば、机に伏して寝ている、スマホなどをいじっているなどの
『回数』から、宿題の提出率、小テスト、テストの点数、成績の推移などから、
大学合格までの“可能性”を機械的に、数字的に、示されるようになると、
機械は忖度や温情などでその結果を書き換えることはしませんので、
かなりはっきりとした数字を、確率を、可能性を示してくることになるでしょう。


今は、まだ人の手による、グレーな評価・審査がありますので、
そこまで示されることはないでしょうが、今後もし、本当に、
授業中に何をしたのか、その回数は、それを数字として評価・審査するように
なっていくとなると、多くの方が落第点を取ることになることでしょう。


教育の現場が機械によって全て管理されることは無いでしょうが、
『管理』しようと思えば、『回数』や『点数』、さらにはその『推移』によって、
かなり詳細な審査・評価され、徹底的に、可能性を奪われていくことになると思います。


無限の可能性、未来、将来と謳われる学生時代に、皮肉なことではありますが、
学校のテストの点数、成績の『記録』の積み重ねによって進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校での進級・進学問題は、今後これに近いものになると予想されますので、
気を付けておくことをオススメします


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-10-30 12:35 | その他 | Trackback | Comments(0)

今週11月になる

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期期末テスの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

先週、中間テストが終わったばかりという方もいるかもしれませんが、
今週で10月も終わり、『期末テスト』1・2週間前を迎える11月に
なります。


学校行事の文化祭、体育祭などで忙しいかもしれませんが、
11月になってからは、テストまでカウントダウンを迎えることに
なりますので、覚悟して下さい。


それが、進級・進学の合否を決めるものとなっている方にとっては、
これから先一日一日の過ごし方、生活、全てが、“評価・審査”の対象と
なります。


一日くらい大丈夫でしょうで、11月上旬、中旬と過ごし、
テスト前の最後の祝日、勤労感謝の日に青ざめることのないように
祈ります。


もう進級・進学の合否が決まり、授業なんて、勉強なんて、
『関係無い』という状況・状態になっている方もいるかもしれませんが、
失礼ながら、そういった“落ちこぼれた”方はもちろんのこと、
その逆に余裕が溢れている方と、一緒になって、ふざけて過ごしていると、
期末テストで今度は、『自分』がその立場になって、苦しめられることに
なります。


付き合いを止めろとまでは言いませんが、ある程度の線引き、友達は友達の人生を、
自分は自分の人生を、それぞれ、別途に歩んでいるということを意識していないと、
友達と一緒になって、進級・進学出来ないことが決定するなんて、“あり得ない”ことが
起きることになります。


その時、友達の“せい”にはしたくないでしょうが、今までも、
部活動や学校行事などの“せい”にして、『忙しい』『時間が無い』と
言い訳して、さも自分は悪くないと“反省”しない方は、一瞬一時でも、
友達との付き合い方、繋がり方が、原因、元凶だったと後悔することに
なると思います。


さらに、私立校・中高一貫校の場合、他の多くの友達は普通に進級・進学していく中で、
自分だけが、進級・進学出来なかった方に“巻き込まれて”“犠牲になって”、
自分“も”進級・進学出来なくなったと思われることでしょう。


全てが『自己責任』だと潔くなれる方は少ないと思いますが、
私立校・中高一貫校での進級・進学問題は、どんなに足掻こうが、
学校・先生を罵ろうが、文句を言おうが、『記録』された『結果』によって、
ぐうの音も出せなくなります。


今年度以降はすでにそうした結果を出した、失礼ながら、『見せしめ』となった方が、
クラス内、学年内にいると思います。


その方々の動向をよく見て、自分の行き先をよく考えておくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-10-29 13:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

秋休みの過ごし方

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期期末テスの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

『休み』の日の過ごし方など、他人からあーだこーだと言われずとも、
“休み”方を知っている、わかっていると思っている方が多いと思います。


特に、学生の皆さんは、自分が思う最高の休日の過ごし方を
出来る、あるいは出来ていると思っていることでしょう。


日がな一日、自分の好きなこと、やりたいことをやって、
遊ぶときは、遊びたい人と遊んで、自由に気楽に過ごせることが、
最高の休日と思っていることでしょうが、“ソレ”では大人になって、
というよりも、おそらく、最後の学生期間となる大学、あるいは高校時代に、
後悔することになるでしょう。


学生時代は休みが多く、日曜は52日、祝日が16日、夏休みが約40日、
冬休みが約14日、春休みが約21日とすると、年間140日前後の『休み』があることになります。


私立校・中高一貫校の場合、これに加えて、秋休みや受験休みなどの
自宅学習日が約10日ほどありますので、さらに休みが多くなります。


もっとも、皮肉なことに、昨今の学生の皆さんは、ブラック企業さながらで、
休日返上してでも、部活動や習い事などに参加する、あるいは参加を許す、
むしろ、『託児』出来て喜ぶ親御さん、ご家庭の方が増えてきているようですが。


その代償として、ゆっくりじっくり『学ぶべきこと』を学ぶ時間が減り、
『休むべき時・こと』を休めずに、忙しい、時間が無いと、
嘆かれることになっているようにも思えます。


さらに、平日も、ブラック企業さながらの部活動という『残業』続きで、
疲れているから、眠いからと、本業をおろそかにして、サボっていき、
締め切りや約束事を守らない、または、審査や評価など『許される』と
勘違いするようになっているようにも思えます。


今後、この問題はより悲惨な結果を招くことになる大問題となると思われます。


普段の日に、『やるべきこと』をやり残しておいて、休日は休み返上で、
やりたいことを優先していくのであれば、必然的に、その代償を、
いつかどこかで、払わなければならないことになります。


それを休日にやりましょうというつもりはありませんが、
秋休みなどの休日は、形式的には『自宅学習日』となっております。


その日に、部活動を行っている矛盾もありますが、仮に部活動があったとしても、
“全く”出来ないわけではありませんので、『やらない』『やれない』理由には
ならないと思います。


普段の日も、休日もやらないというのであれば、この『自宅学習日』において、
やっておかなければ、もう、今年度は間に合わなくなることでしょう。


休みの日は、基本的には“休まれる”べきだとは思いますが、
普段サボるだけサボっておいて、さらに普段の休日も、
言い訳しては、やらないというのであれば、
せめて、自宅学習日になっている日ぐらいは、やっておくことを
オススメします。


そして、何をどうやればいいかわからないという方は、
普段の時間割通りの科目の勉強をすれば良いと思います。


やる内容は宿題でも、ノートまとめでも構いませんが、
できればテストに向けての対策、準備を進めておくことをオススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-10-28 13:10 | その他 | Trackback | Comments(0)

300

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期期末テスの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今日で今年300日を迎えることになります。


残りは65日しかありません。


“一年”と考えると長いものと思っていたかもしれませんが、
300日となった今日までを“何気なく”過ごしてきたら、
あっという間に感じられることでしょう。


ところが、日々を、毎日を『積み重ねて』きた方にとっては、
この数字が足し算にも掛け算にもなることになります。


一日100個、いえ、仮に10個だとしても、
300日続けてきたことによって、3000個もの
力を、単語や知識を、蓄えることになります。


こう書くと、いやいや、全てを覚えていることなどない、
最初の頃にやったことの中には忘れているものもあり、
単純な足し算、掛け算となるものではないと思われる方もいることでしょう。


力、知識といった目に見えないものに関しては、
その通りで、それこそ、仮に今日まで頑張ったとしても、
明日サボれば、水の泡になるものもあるでしょうし、
結果が伴わないものもあるでしょう。


しかし、今日まで、300日までは、『続けられた』『サボらなかった』という
“事実”“経験”は、その後の人生の足し算にも、掛け算にもなる糧となると思います。


何をするにも三日坊主で終わってしまう方は、今日この日まで、
頑張っていたら、どうなっていたのかをよく考えてみることを
オススメします。


そして、自分なりや自分的で、頑張ってはサボってを
繰り返してきての、今日までの自分が、今年初めに思い描いていた
理想の、未来の自分と、どれほどの差異があるのか、
見直してみて下さい。


今年初め、今年度初めにおいて、今の、今日までの自分の状況・状態が
『ここまで』のものになるとは思っていなかったでしょう。


ですが、もう“その”『結果』が『記録』され続けて、残りの『機会』は、
今年残り1回、今年度は、残り2~3回で、決まることになります。


ここまでになって、無限の可能性を、未来を、将来を“否定”するなと
言われる、思われる方は少ないと思いますが、一応念を押させて頂きますが、
否定したのも、無駄にしたのも、全て、『自己責任』で、“自ら”、
それを証明したこと、経験したことになります。


ここから先、限られた機会しか“残されて”いないのに、
無限の可能性、未来、将来と、言えば言うほど惨めな思いをすることに
なるでしょう。


少なくとも、記録されていく結果、テストの点数、成績で、
進級・進学が決定する私立校・中高一貫校で、
進級・進学の基準、ボーダーラインを物理的に、数字的に、現実的に
超えることが“出来ない”となった瞬間、進級・進学出来ないことが
決定することになります。


そこに、可能性や未来、将来といった、『不確実性』の要素を加味して、
あるいは期待、忖度されて、“許される”ということはありません。


今年残り日数、65日の間に、正確には、期末テストを終え、
呼び出し・面談となり、進級・進学出来ないことが決まるまでの
期間、時間になる前までに、そのことに気付いて、そうなること、
そこまで追い込まれることを避けるように、行動しておくことを
オススメします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-10-27 13:04 | その他 | Trackback | Comments(0)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

無限の可能性、将来、未来を秘める子供達に向けて、
最低の言葉、今ならパワハラ・アカハラ、差別などでしょうか、
『いつまでも“次”があるわけではない』ということを、
よく考えておくことをオススメします。


特に、学校内での8回の成績、14~16回の定期テストによって、
進級・進学の合否が決まる私立校・中高一貫校では、
本当にこの言葉が当てはまる、事実、現実だと思います。


これを冒頭のように、パワハラ・アカハラなどと感じる方は、
私立校・中高一貫校に向いていないと言えます。


大変失礼ながら、親御さん、ご家庭の方“も”。


限られた回数、期間の中で、ある一定の基準を、学力を満たすことが
求められている中、そして、それを『入学時』に約束を交わし、
説明されている、あるいは書類として、進級・進学要綱等、
渡されているにも関わらず、それを無視して、可能性を信じろ、
将来・未来を奪うなと権利主張されることはいかがなものでしょう。


呼び出し・面談の際、学校・先生が、いつまでも“次”があるかのように、
匂わす言い方をしているかもしれませんが、それこそ、
無限の可能性を、将来、未来を秘めているからこそ、『忖度』してくれて、
言ってくれたに過ぎません。


それを勘違いし、さらには自分勝手な考えをこじらせ、増長させて、
『何とかなる』と思い込み、好き勝手にやった結果、もう『次』がないという
状況・状態に、自ら自滅していったと言えます。


今年度以降、こういった傾向になる方が増えると思いますが、
厳しい書き方になりますが、そうして“次”が無くなった方は、
さらのその後の対応も、どんどん“次”を無くしていくことになると思います。


“次”の『機会』が無くなると言いますか、『選択肢』がどんどん無くなっていくと思います。


昨今、そうして、『機会』を失っているにも関わらず、
『選択肢』は失っていないと思っている方が多いように思えます。


また、部活動をやり玉に挙げることになりますが、勉強において、
進級・進学の機会がどんどん失われているにも関わらず、
『部活動を続ける』という『選択肢』を頑なに守っている方が多いです。


一旦、休部する、あるいは辞めて、勉強に専念するという『選択肢』を取らずに、
そうするのは、今だ『文武両道』が出来ると、勘違いしているように思えます。


今年度以降は、進級・進学に関わってきている状況・状態で、
その勘違いをしている限り、ギリギリ進級・進学出来たとしても、
高校・大学と上がるにつれて、かなり厳しい状況・状態にまで、
追い込まれることになるでしょう。


そして、その部活動においても、学年が上がれば上がるほど、
辞めるに辞められない状況になり、にっちもさっちもいかなくなっていくことに
なるでしょう。


もうそうなると、進級・進学を諦めるしか無くなってくると思います。


それでもというのであれば、二学期以降は、二年次以降は、
勉強に専念するという選択肢を取らなければ、悲劇を免れることは出来ないでしょう。


こう書くと、仮にそうしたところで、勉強に『専念』するかどうかわからない、
テストで点数が取れるようになって、成績が取れて、進級・進学できるように
なれるかどうかわからない、そんな『わからない』ことに対して、
青春をかけて、今夢中になって、熱中して、頑張っていること、ものを、
諦めたくはない、手放したくはないと思われることでしょう。


では、進級・進学は諦めて、手放して良いということでしょうか。


そんなことは言っていない、思ってもいない、
『どちらも』『上手くやれて』、結果として、
『どちらも』“成功”できるようにしたい。


まるで、今までのことは、無かったことにして、
これから、さも“出来る”“やれる”“やる”かのように
言われることでしょうが、『そう』言ってきた、思ってきた『結果』として、
“今”の立場、状況・状態に“追い込まれている”ことを無視しないで下さい。


その言動、態度、姿勢は、結局、『良いとこ取りしたい』で、勉強は、進級・進学は、
“楽したい”“許されたい”、自分の好きなこと、やりたいことは、頑張っているのだから
認めろと権利主張したいのでしょうが、社会に、世間に、学校に、先生に、さらには
多くの人に、その自分の好きなこと、やりたいことで、それを認められるだけの『結果』を、
出せていなければ、その道、その世界においても、『認められる』ことはないでしょう。


学校の先生の中には、また、昨今の親御さん、ご家庭の方の多くは、
夢を『応援』してくれるようになってきていると思いますが、
昔も今も、目に見える『結果』を示すことを求めているのは変わらないと思います。


むしろ、情報化、記録化が進んだ今は、『結果』が全てで、その『課程』や『努力』は、
全て結果に表れるとされているように思えます。


昔だったら、仮に『結果』を出そうとも、問答無用に、それこそ、今でいう
パワハラで、親御さん、ご家庭の方が強制的に辞めさせるなどしたものですが、
その後の道、選択肢に関しては、きちんと用意、準備してくれていたと思います。


ところが、昨今、夢を応援し、自由を認め、『結果』が伴わなくとも、
無限の可能性、将来、未来をいつまでも信じてくれはするものの、
その後の道、選択肢に関しては、自由を許したのだから、
その後も、『自由』にやって下さい、ただし『選択肢』は少ないですと
なっているように思えます。


そのことが良いか悪いかはわかりませんが、少なくともそうしたことになる
可能性もあるということを無視した、『無責任な応援』は、害を伴うと思います。


今の学生、学校教育の中で、こうしたことが横行していて、
あまりにも自由に、無責任になってきているように思えます。


何の知識もないとまでは言いませんが、少なくとも社会のことを
そこまで知らない子供達に対して、教えるべきことを教えずに、
学ぶべきことを学ばせずに、大人と子供双方にとって、
都合の良い言葉、考えで、無責任に『いつまでも次がある』かのように、
無限の可能性、将来、未来があるかのように、示し続けることは、
いかがなものかと思います。


少なくとも、学生時代は現役であれば、18歳か22歳まで、
つまり小学校から高校・大学までの、12年間、16年間までが
『次』の期限となります。


12年目の高校3年生、16年目の大学4年生には、
学生時代の『次』は無くなります。


そうした意識を持たずに、社会に出て、働くことになっても、
いつまでも学生気分が抜けきれず、『その後』も“次”があることが前提で、
『今』を後回し、先送りにするようになってしまいます。


私立校・中高一貫校では、3年間の中で、進級・進学要綱が決められており、
その『次』が常に問われることになっています。


進級・進学できなかった場合、通っている学校での“次”は無くなりますので、
よく考えての、『選択肢』を取ることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-10-26 15:00 | Trackback | Comments(0)

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

人を見下すように、蔑むように見ることは最低の行為かもしれませんが、
『人の振り見て我が振り直せ』ということわざがあるように、
明日は我が身と思ってみるのであれば、それは『勉強』『学び』の一つだと
思います。


特に、受験なく進級・進学できる私立校・中高一貫校の場合、
進級・進学出来なかった方の言動、態度、姿勢は、大変失礼ながら、
稚拙で、幼く、短絡的に物事を考え、我が儘のし放題、
躾けのなっていないことが多く、仮に自分がその方を教える、
審査する学校・先生の立場でも、制裁を行っているだろうという方が
ほとんどだと思います。


もちろん、中には、明るくて屈託なく、素直で正直で、
面白く楽しく、『良い奴』と言える方もいるとは思いますが、
それでも、『勉強面』に関しては、ひどい結果を出していて、
それを何とかなるだろうと、タカをくくって過ごしてきたように
思えると思います。


こういう時ほど、『頭が悪い』自分でもこれだけの勉強をしているのに、
自分より点数の悪い人が、なぜ勉強しないんだろう、危機感がないんだろうと
思えることでしょう。


勉強する理由は各個人様々で、それこそ無理やりにでも自分で納得して、
理由をつけてやっている方が多いとは思いますが、勉強しない理由は、
実に簡単な結論だと思います。


自分は頭が悪いから、勉強、授業についていけないから、暗記が苦手だから、
教科によっては興味が持てないから、やる気が出ないからなど、
とってつけた理由を言われることが多いですが、
総じて『面倒』だからでしょう。


それも、勉強以外に、楽しい、面白いことが多く、
それらを止めてでも、勉強するなんて『面倒』で嫌だというのが
殆どだと思います。


これはほとんどの方が通る道ですので、その『面倒』をどうするかを、
多くの諸先輩、大人達、親御さん、ご家庭の方も、考えて、
自分を納得、説得する『理由』をつけて、作って、何とか勉強を
こなしてきたことでしょう。


それを、『自分』“だけ”は特別に許せというのであれば、
『特別に』“差別”されるように進級・進学出来ないことが決まります。


特に学校での勉強、テスト、成績によって進級・進学が決まる、
私立校・中高一貫校では、一定の、規定の点数、成績を修めない限り、
そのことが決まっていきます。


進級できないのは、まだ、もう一年チャンスをもらえることになりますが、
進学できないことが決定すると、もうその学校に返り咲くことはもちろんのこと
系列校の大学などにも返り咲くことは難しいでしょう。


そういった意味では、私立校・中高一貫校で進学出来ないことは、
無限の可能性、未来、将来の大部分を失うことになると言えます。


その危機感を持っていなかったという結果を出した方が、
進学出来なかった方となりますが、いかがでしょうか、
進学できないことが決定してから、その方の動向は、
言動、態度、姿勢は、一変して、授業に、勉強に、真面目に、
取り組んでいるように見えますでしょうか。


むしろ、今まで以上に、面白おかしく、楽しく、残りの青春時代を、
学校生活を楽しんでいませんでしょうか。


もしかしたら、学校ではそうやってバカなふりをして、
家に帰ってから怒涛の勉強をしているかもしれませんが、
学校の授業の『時間』を無駄にして、そこでふざけている方が、
その後、『うまく』いくことはまずありえません。


進学できないことが決まって、尚、学校で、その貴重な『時間内』で、
勉強に集中できないようであれば、予備校や塾、家でもなかなか集中することは
できないでしょう。


そのくらいのことは、皆さんでも簡単に『想像』『予想』がつくことでしょう。


しかし、『その』姿が、普段の自分たちの姿、テスト前の時の自分たちの姿だと
言われると、どうでしょう。


大抵の方が『あそこ』までひどくない、『あれ』ほどふざけているわけではないと
言われる、思われることかもしれませんが、
『進学できないことが決まり』解放されたかのように、勉強を一切しない姿と、
進級・進学の危機にあるのに、勉強が出来ない、やりたくないと悩み嘆いている姿と、
『何が違いますか』。


『思っている』『願っている』『考えている』ことが違うかもしれませんが、
『やっていること』、いえ『行動しない』『(それでも)勉強しない』姿は、
進学出来なかった方と同じように見えますが、どうでしょうか。


その繰り返しを何度か、そしてかなりひどい結果となった方が、
“たまたま”進学できないことに、早々に決定したということを、
今、進学出来なかった方を見て、学ぶことをオススメします。


そして、それが来月の自分の姿とならないことを祈ります。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-10-26 13:30 | その他 | Trackback | Comments(0)

10月残り一週間

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期期末テスの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

二学期が始まり、いつの間にか中間テストを受けたかと思ったら、
もう10月も残り一週間となっている方が多いかと思います。


テスト中の方はそれどころじゃないかもしれませんが、
10月が終われば、11月になり、“期末”テストまで、
約一か月となります。


上旬に中間テストを終えた方は、いつの間にか過ごしてしまった二週間で、
“もう”10月も残り一週間です。


来月の今頃、同じような感覚で、『気付いたら』なっていたと
ならないようにしておくことをオススメします。


また、この時期は学校行事の文化祭等で、そもそも、10月末だとか、
11月になるだとか、『関係無く』、ただ一週間を、ただ日々を、
過ごしてしまう方も多いかと思います。


そうして、その『祭り』の後、一週間二週間と、余韻に浸る、
お休みとすると、あっという間に11月下旬になって、
お尻に火がついてくることになるでしょう。


その“お祭り”の前後にも、宿題や課題など出されていたり、
小テストなどあったり、そもそも『授業』は確実に進んでいますので、
自分だけが取り残される、遅れを取ることのないようにして下さい。


もう10月が、残りの日々が、どうなろうが関係無いという過ごし方を
しているかもしれませんが、それを11月のいつまで、引きずるのか、
よく考えておくことをオススメします。


そして、期末テストまでの日数を逆算し、いつから、いつまでに、
何をやり始め、何を終わらせ、期末テストに、そのテスト勉強に、
どう備えるのか、考えておきましょう。


二学期中間テストで進級・進学の合否が決まってしまった方には、
関係無い話かもしれませんが、来年にもう一度、あるいは他校に行くことに
なったとしても、困ることにならないようにしておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-10-25 12:24 | その他 | Trackback | Comments(0)

無計画の代償

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期期末テスの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

自由があった夏休みといえども、無計画に過ごした代償に関しては、
もうわかったことでしょう。


忙しい中での無計画の代償は、やるべきことが出来ないどころか、
やりたいこと、やることすらも、出来なくなっていくことになります。


忙しいからこそ、計画が狂う、やれることもやれなくなってくるから、
計画を立てる意味が無いという方もいるかもしれませんが、
“そうして”いる限り、『忙しさ』が『忙しさ』を呼び、
やることはどんどん増えていくことになります。


そもそもではありますが、『忙しい』とはいえ、合間合間に
ちょっと出来た時間において、ちょっと休憩といってはスマホを取り出して、
暇つぶし、気晴らしの時間は“きっちり”取っていませんか。


そういったところも『無計画』ならではの問題だと思います。


今風で考えると、空いている時間を臨機応変に、無駄なく、
効率良く時間を使って、スマートな生き方をしているように
思われるのかもしれませんが、“もし”計画や予定等を
きちんと立てていれば、そういった空き時間にこそ、
次にやることの準備や、やることを前倒しに行うなどをして、
計画・予定を調整できることのほうが、よっぽどスマートに
物事を進められることが出来ます。


残念ながら、これは大人でも、出来ていない方、そして
無計画に生きて、過ごして、気付いたら、『忙しい』と
なっている方は多いです。


24時間という時間は平等に公平に全ての人に与えられていますが、
その時間をどう使うのか、どう計画するのか出来ない人にとっては、
24時間でも足りませんし、使い方が上手く、計画的に動ける人ほど、
24時間をたっぷり楽しめ、そして有意義に過ごせるように
なっているように思えます。


この『格差』は、学生時代はもちろんのこと、大人になったら、
加速度的に、比例的になっていくことでしょう。


これからはその差が、“遅れれば遅れるほど”“出来なければ出来ないほど”
天と地に近いほどのものになっていくことになると思います。


そして、やっている方は賞賛されることはもちろんの話ですが、
やらなかった、出来なかった方は冷遇されていくことになるでしょう。


普通の方でも、何度かそういう経験を重ねてきて、
最低でも、『絶対に』落せない状況・状態で、
やるべきことが多ければ多いほど、少しずつでも、
その負担を減らそうと、頑張るわけですから、
“それ”すらやらない、出来ない、それでいて、
昨日書いたような、自分は、自分“だけ”が『忙しかった』『忙しい』、
だから被害者だ、弱者だという言動、態度、姿勢を取るような方に対して、
社会は、世間は、同僚は、友人・知人は風当たりが強くなっていくことに
なるでしょう。


そういった方を、『助け合い』の精神で助けるという方も少なく、
むしろ、今後は自分のことで手一杯で、他人が、それも自ら自滅していくような方など、
『知ったことではない』と、手を差し伸べる人は少ないでしょう。


そのことを、通っている学校で、テストで、成績で、学び取れる内は
まだ救いようはありますが、進級・進学出来ないことが『決定する』間際に
なって尚、考え方も、やり方も変えず、頑ななまでに“今まで通り”を
する方を『救いようはない』でしょう。


それで、“また”自分は、自分だけが、見捨てられた、見放されたと、
騒ぎ立て、喚き散らすようであれば、もう誰も相手にしなくなっていくと
思います。


無計画に、自由に、好き勝手に、日々を生きる、過ごすのは、
各個人の自由ではありますが、通っている学校に所属している以上は、
そして、進級・進学していくためには、ある程度の制約があることを
早めに気付いて下さい。


気付けなければ、気付けないほど、進級・進学の道はもちろんのこと、
その後の進路もまた、悲惨なものになっていくことでしょう。


そうならないためにも、仮に全て完璧に出来ないとしても、
ざっくりとでも、計画や予定を立て、やるべきことを羅列し、
一つ一つを時間が空いた時にでも、準備をしたり、前倒しで
やるようにしてみることを、オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-10-24 12:08 | その他 | Trackback | Comments(0)

忙しいから許される

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期期末テスの勉強の仕方を電子書籍で提案


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

これは大人たちも含めての悪しき慣習、考え、思い込みかもしれませんが、
昨今、非常にこの『忙しいから許される』という言動、態度、姿勢が、
強くなっているように思えます。


忙しいことのはわかりますし、無理をして、倒れでもすれば、
そのほうが厄介、迷惑かもしれませんが、『忙しい』とはいうものの、
あきらかに『余裕がある』『時間がある』方でも、
ちょっと予定が入ると、『忙しい』となるのはいかがなものかと思います。


実際に、物理的に、『時間が無い』ために、精神的にも余裕が無く、
忙しいのだから許してくれと、弱音を吐きたくなる、泣き言をいいたくなるという方も
いることでしょう。


しかし、日々の生活がかかっていて、自分の人生をかけて、何よりも優先して、
そのことに取り組まなければならないという状況・状態というなら、いざ知らず、
気晴らしの、暇つぶしの趣味程度の物事で、適当に時間を過ごした上に、
プライベートな時間、休み時間はしっかり取って、スマホやゲームなどに熱中し、
“締切り”が近くなってきたら、忙しかった、時間が無かったと騒ぎ立てるかのように、
被害者、弱者を装うのはいかがなものでしょうか。


昨今、塾生もそうですが、多くの子供たち、さらには大人たちを見ていても、
この傾向がかなり出てきているように思えます。


昔であれば、それはそれ、そうしてきて、追い込まれたのは自分の責任であり、
自分がそうしてきた“行動”の『結果』だと、潔く刑罰を受けるとまでは言いませんが、
『そこまで』サボった、追い込んだのだから、『ここで』やらなければ、
『ここから』踏ん張らなければ、その先、褒められることがないことはもちろん、
怒られる、呆れられるなど、『区別』されることになると想像、予想できる方が
多かったように思えます。


ですから、『テスト前』などになれば、親御さん、ご家庭の方に、
『強制的に』塾の授業を入れられる、宿題や勉強の過程、結果を、
“監視”される、口を出されることに、文句や愚痴を言う方は
少なかったように思えます。


もちろん、一定のストレスが溜まると親子喧嘩をしたり、
裏では友人・知人と陰口を言い合ったり、慰め合ったりしていたりしていたとは
思いますが。


“それでも”、『やらなければならない』ということで、しぶしぶでも嫌々でも、
『やって』『やり切って』いました。


ところが昨今、自分は悪くない、自分のせいじゃないと、
自分のことを棚に上げるのはもちろんのこと、環境や状況、さらには、
社会が悪いとまで言わんばかりの、言動、態度、姿勢を示し、
『だから』自分を、自分だけを『許せ』という理論、理屈に至る方が
増えているように思えます。


大変失礼ながら、これは親御さん、ご家庭の方、そして多くの大人達“も”です。


相手が悪いとまで言う人は少ないかもしれませんが、少なくとも、
自分は悪くない、自分のせいじゃないということに関しては、
さも100%、自分は悪くない、自分のせいじゃないと考えられているかの
言動、態度、姿勢を醸し出してしまう方が多くなったように思えます。


典型的なのは、『決して謝らない』という態度、姿勢を取る方ですが、
物事において、100%正義ということが認められることなどないということを
知らないように感じられます。


と同時に、その方々の中には、100%悪もないと思っているからこそ、
自分自身の行いや結果に対しても、『言い訳』するようになっているように
思われます。


これは持論ではありますが、自分自身のことに関して、自分自身が責任をおうことに対して、
さらには、自分自身の人生に対して、時に、自分が行ったこと、考えたこと、示したことに対しては、
100%悪だったと思えることがあると思います。


一番わかりやすいのは、『後悔』することですが、これは自分自身でもう“わかって”
“気付いた”結果、過去の自分が『悪かった』と思えるからこそ、『後悔』できるものだと
思います。


あの時、“自分”がああしておけば、こうしておけばということを考え、
感じているからこそ、あの時の自分は、今の自分から見て、
100%悪だったと思えることでしょう。


“そう”感じられることが、反省の第一歩であり、
これからの希望の種となりうると思えます。


昨今の考え方、教えは、失敗することは悪いことではない、
過去のことを振り返る必要はないなどと、上っ面の『言葉』だけが
先行してしまって、その結果、起きてしまったことに対しては、
言い訳のオンパレードで、“済ませて”しまう傾向にあるように思えます。


忙しいから許されるという結論、理屈、理論、思考、思想になるのは、
こういったことから始まっているように思われます。


学生の皆さんは“今”部活動に、学校行事に、勉強に、プライベートに
本当に『忙しい』のかもしれませんが、一日一日、一時一時の行動は、
皆さんの自由、自主性に任されており、その日、その時間をどう使うのか、
また“使えない”日、時間があるならば、その“代わり”の日、時間に、
どうするのかを考え、実行するしないの『自由』も与えられています。


365日24時間、監視されて、分刻み、秒刻みで予定が組まれていて、
自分の意思で、自由にできる時間が1分も無いというわけではないでしょう。


となれば、宿題が、勉強が“出来ない”ほど、忙しいわけではないでしょう。


大会前日、文化祭前日など、本当に“時間”がない日もあるでしょうが、
仮に、その日は出来ないとしても、他の日は、スマホを見ている時間は、
ゲームをしている時間は、『忙しい』とは言えないと思いますがどうでしょう。


それでも『それら』をすることは、自分にとって、自分の人生にとって、
大事な糧であり、有意義な時間だから、外せないというのであれば、
『テスト前』という“締め切り”となった時、勉強に時間を割かれる、
取られることに、文句や愚痴はもちろんのこと、被害者、弱者意識から、
最終的に、自分を『許せ』という言動、態度、姿勢を示すのは止めて下さい。


もっとも、通っている学校で進級・進学しないのなら、
出来ないとなっても、文句は無いなら、何をしても、
『許され』ますが、その覚悟はありますでしょうか。


忙しいから、忙しかったから、“自分は”『勉強出来なかった』から、
仕方ないことだから、そのことを察して、自分だけは、テストを免除して欲しい、
自分だけはそれで進級・進学させてほしい、“許して”ほしいというのは。
『決して』許されません。


学生時代はもちろんのことですが、今後社会に出ても、そのようなことが
許されることはないです。


むしろ、それで『許される』ような環境、状況・状態になったら、
疑ってかからないと、人生が破滅する道へと進むことになると思います。


そういった意味では、昨今の子供たちは、『許される』ことが多いことに、
安易に勘違いして、取り返しのつかない状況・状態にまで『落ち込む』
可能性が高くなっているように思えます。


自分は、自分の子供は、“そう”はならないと思っているかもしれませんが、
自分の取っている言動、態度、姿勢をよく考えて、見直しておくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[PR]
by eikan-seirios | 2018-10-23 12:12 | その他 | Trackback | Comments(0)